日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
「 2017 長野の酒メッセ 」 に行ってきました!
「2017 長野の酒メッセ」 が、4月の大阪開催に続いて 10日(水)、東京のグランドプリンスホテル高輪(地下1階ホール)において開催されましたので参加してきました。





会場入り口で、武重本家酒造・武重有正社長(SRN 副代表幹事)が招待者の受付をして居られましたのでしばし歓談。 県組合の副会長さんとしては細部に気配りをしなければならず大変のようでした。



時間はまだ17時なのに広い会場はすでに満員です。





まずは顔馴染みの方がおられる会員蔵を探して人をかき分けかき分け・・・1社だけありました。 橘倉酒造 !
取締役の井出 平さん(左) と 東京支店長の井出 太さんです。



井出太さんとの立ち話の中で面白いニュースを耳にしました。
なんでも 「今月16日まで浦和・伊勢丹において マカロン、生チョコ、あま酒 をセット販売しています」 とのこと。 お出かけになってみて下さい。
酒蔵がお酒抜きでスイ―ツのみを販売するなんて珍しいことですからね。

その他の2社のスタッフは、お客さんとの対応に追われておられたので写真だけのご紹介です。

牧水 こと 武重本家酒造



続いて、千曲錦酒造



このイベントへの参加蔵は61社もありましたから、会員3社のお酒のほかに何か面白いお酒を開発している蔵はないか、と歩き回りましたが、ありませんでした。 せいぜい、
* ヨーグルト酒、りんご酒、ブルーベリー酒などもすべて日本酒に漬け込んだり添加したりの加工度の低いもの
* どぶろくもアルコール度数11度以上の在来型 
といった程度でした。

と言うことで、他の日本酒イベントと同様、この夜も高級酒目当ての人たち向けの催しのようでしたが、首都圏に長野県人が多いからなのか、あるいは長野県のお酒に人気があるからなのか、よく分かりませんがとにかく来場者の多さには驚きましたよ!

▲PAGE TOP