日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
「東京中小企業家同友会」の方々が 『華硝』 を訪問されました!
此の程、東京の中小企業経営者団体 「東京中小企業家同友会・女性部」 の役員さんと女性事務局員の方々が、このブログではお馴染みの 『江戸切子の店 華硝』 日本橋店 を訪問されましたので、同行しました。





訪問されたのは、次のお三方。
  蠻湛務店 代表取締役  稲生(いのう)奈穂子さん
    (品川区上大崎)
螢オカワ建築設計室  1級建築士  福祉住環境コーディネーター
    (中央区日本橋本町)   大川三枝子さん
 「同友会」 事務局      黒津陽子さん
       (千代田区九段南)

SRNと 「女性部」 のお付き合いが始まりましたのは、ほぼ6年前、主として納涼会と忘年会に協賛してきました。 今年は、4月、発足20周年を記念して大掛かりなイベントが行われましたので、SRNは、懇親会に協賛しました (=写真下)。

  

この日、出迎えて下さったのは、これまたお馴染みの 『華硝』 取締役 ・ 熊倉千砂都さん
江戸切子の制作、デザインなどについて丁寧に説明して下さいました。 以下、スナップ写真です。







当日の記念写真です。 お三方は、ご満足の様子で店を後にされました。


(左から) 大川さん、稲生さん、熊倉さん、黒津さん

       ・・・・・    ・・・・・   ・・・・

 なお、 今月19日(木)10時〜20時 、 20日(金)10時〜20時、 『華硝』日本橋店の前の通りで 日本橋恵比寿講べったら市 が開催されます。

この 「べったら市」 は、大根を甘く浅漬けにしたべったら漬けを売る露店などがずらりと並ぶ江戸時代慶長年間からの伝統行事とのこと。 露店は400〜500軒が連なるとのことですからその賑わいが想像されます。 『華硝』日本橋店 では、市に参加し「酔っ払いがお店に入らないように注意しながら開店します」(千砂都さん談)とのことですのでお出かけ下さい。




▲PAGE TOP