日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
「絵画コンテスト」の表彰式が行われました
日本酒ライスパワー・ネットワーク(SRN)では、
毎年、狷本酒のある風景瓩搬蠅垢覲┣茱灰鵐謄好箸鮗損椶靴討い泙(募集期間:1月〜6月)。
これは、各地の伝統的な酒蔵の風景とか、
日本酒を楽しんで飲んでおられる情景、酒器、酒の道具など
日本酒にまつわる光景を描きながら
より日本酒に親しんで頂きたいという願いを込めているものです。

ことしの参加会社は、次の5社(会員会社4社)でした。
一ノ蔵    (宮城県)
一宮酒造   (島根県)
神戸酒心館  (兵庫県)
武重本家酒造 (長野県)
灘菊酒造   (姫路市)特別参加

その表彰式が、8月上旬に幹事会社の神戸酒心館(神戸市東灘区)で行われました。
応募作品は69点。
審査の結果、本年も最優秀賞には該当者がなく、
優秀賞(3万円)が下記の3人の方々に贈られましたが、
和気音和(わけ ねお)君は、小学校3年生。
審査委員長の大森重志氏によれば、「審査委員が一目見て全員一致で選びました」とのこと。
また、「アワガミファクトリ賞」を受賞された平井かのんさん(石巻市)も小学3年生で、
小学生の応募が目立ちました。
■和気音和さん(神戸市)
■木村榮助さん(神戸市)
■上中孝三さん(神戸市)

入賞作品は、参加蔵元で巡回展示されることになっています。
以下、優秀賞の作品3点をご紹介しましょう。

「ぼくとおじいちゃんの好きなもの」
09絵画コンテスト 優秀賞1  
和気 音和     
〈作者の言葉〉 スルメを食べたいのをがまんして描いたよ


「涼を味わう」       
09絵画コンテスト 優秀賞2
木村 榮助
〈作者の言葉〉
近年、夏向けの清酒は、口当たりの良さ、まろやかさが増し、
加えて瓶の形や色彩も工夫され、より親しみが増します。
旬の肴が揃えば、つい飲みすぎます。


「白い土蔵」
09絵画コンテスト 優秀賞3
上中 孝三
〈作者の言葉〉
二年前に訪れたときにスケッチした酒蔵の白い建物が印象的。
今回、木版画(陰刻)にしました。

絵心のある方は、次回是非ご応募下さい。お待ちしております。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.sake-ricepower.gr.jp/trackback/73585

▲PAGE TOP