日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< April 2010 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
山形県酒造組合主催「一般公開きき酒会」へ行ってきました。
■先週末の4月23日(金)、山形県酒造組合主催の
第7回山形県新酒「歓」評会一般公開きき酒会に行ってきました。
場所は、池袋のホテルメトロポリタンです。

このイベントには、山形県の蔵だけではなく、全国各地の蔵を合わせて合計180の蔵が参加し、
しかも吟醸酒のみを出品し一般公開するという「日本酒フェア」のような催しです。



すでにお馴染みの千代寿虎屋大沼寿洋専務によれば、「日本酒フェア」よりも前から実施
しているとのことですが、県組合がこのようなイベントをしているのは、山形だけでしょう。



そのせいか、定刻14時から大勢の日本酒ファンが詰めかけていました。
300名限定の夜のパーティーも短時間で申込み締め切りになったそうです。
これほど日本酒のイベントに人気があるのになぜ日本酒需要は低迷しているのか・・・業界が悩むところです。

 
↑会場の模様です
 

■参加180蔵のうち、SRNの会員は7社でした。
<山形県>
千代寿虎屋
 

六歌仙酒造協業組合
 

<青森県>
八戸酒類・八鶴工場
 

<長野県>
宮坂醸造・真澄工場
  

<福井県>
一本義久保本店
 

<広島県>
賀茂泉酒造
 

<高知県>
司牡丹酒造


■それにしても大吟醸酒ばかりなので舌が痺れましたが、唯一、異色のお酒がありました。
山形県工業技術センターが参加して共同銘柄として開発した試作品の「スパークリング−ワイ」。
紅麹を使用しているので赤(橙)色が目を引きますが、鮮やかさはありません。
味もさっぱりしているものの、SRNグループ各社のスパークリング日本酒(5度未満〜10度未満)
のような「美味しさ」は感じられませんでした。
それはアルコール度数が12度もあるせいでしょうが、伝統日本酒へのこだわりを感じました。
工業技術センターの方にスパークリング技術について質問をしましたら、
「瓶内発酵と炭酸ガス吹き込みの両方です」とのこと。

面白かったのは、おつまみにマドレーヌを用意していたことで、
しかもアンケートの中で「試食に用意したマドレーヌとの相性はどうだったでしょう」
という項目がありました。
「日本酒マドレーヌ」も一緒に開発していれば相性は間違いなく良かったはずですが。



■予約がいっぱいになった300人限定のパーティには参加できませんでしたが、
17:30からのシンポジウムには参加できました。

「日本酒と肴の美味しい関係」と題されたシンポジウムの講師は、
漫画家のラズウェル細木さんです。

週刊漫画ゴラク連載の『酒のほそ道』や週刊漫画TIMES連載の『風流つまみ道場』
など、お酒と肴にまつわる漫画の作者として有名です。

実は、氏は山形県米沢市のご出身。
「だだちゃ豆」や「玉こんにゃく」など、山形の食べ物とお酒の関係について、
思い入れたっぷりの口調で語ってくださいました。

シンポジウムでは氏が漫画で紹介した肴のレシピも配られましたが、
山形名物「芋煮」の余りものを活用して作る「芋煮のチーズ焼き」などは、
山形出身者ならではのアイデア料理でした。

シンポジウムも会場はほぼ満席。
講演後も多くの質疑応答があり、楽しいシンポジウムでした。

蔵元情報4月
■■■イベント■■■
一ノ蔵
札幌・福岡「一ノ蔵を楽しむ会」のご案内
今年も、「一ノ蔵」を飲みながら語り合う会を開催いたします。
毎年恒例、「楽しむ会」会場でしかお召し上がり頂けないオリジナルの
『特別純米生原酒・薄にごり』(非売品)を始め、話題の『発泡清酒すず音』など、
多様な味わいの一ノ蔵商品の数々を揃えてお待ちいたしております。
また、会の途中にはお楽しみ抽選会もございます。
どうぞ酒のお好きな方々とお誘い合わせの上、ご来場くださいますようご案内申し上げます。

■《第22回 札幌・一ノ蔵を楽しむ会》
【日 時】平成22年5月13日(木)午後6:30〜8:30
【場 所】札幌後楽園ホテル B2F ピアリッジホール
■《第10回 福岡・一ノ蔵を楽しむ会》
【日 時】平成22年6月23日(水)午後6:30〜8:30
【場 所】西鉄グランドホテル 2F プレジール
全会場立食形式で、会費はお一人様5000円となります。

※お問合せ・お申込みはこちら sake@ichinokura.co.jp

千代寿虎屋
【ミニショールーム前蔵 開店中】
会社前にミニショールームを開店しています。
(平日9:00〜17:00 土日祝10:00〜15:00(不定期)) 
特殊商品を中心に試飲販売しておりますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
土日休日の場合は事前にお問い合わせ下さい。
TEL0237-86-6133(休日090-3368-7026まで)

宮坂醸造
「生酒」の勉強会をしました
4月13日、発売になったばかりの「吟醸 生酒」の勉強会をしました。
発売前にやりたかったのですが、御柱祭で皆忙しかったのでこの日の開催となりました。
富士見蔵の平林杜氏に講師になってもらいました。

今年は麹米の洗米浸漬を小さな単位で行ったので、吸水ムラがなく麹がうまくできたとのこと。
その結果、後味のすっきりしたきれいな酒になっています。
夏向きの、喉越しの良いタイプ。
「いくらでも飲めそう」との声も。今年の味を是非お確かめください。

「桜と日本酒を楽しむ会」開催
4月13日、諏訪市の貞松院で「桜と日本酒を楽しむ会」が開催されました。
貞松院の古木の枝垂桜。ちょうど見頃で、ライトアップされ更に美しかったです。

神戸酒心館
『とれたて夏野菜を楽しむ会』を開催します
美味なる食材の宝庫、地元兵庫県の食材にスポットをあてたイベント「ひょうご美食の会」。
第4回目のテーマは「丹波の有機夏野菜」です。

今回は、丹波春日町で「無農薬栽培」に長年取り組んでこられた婦木克則さんが営む
「婦木農場」で大切に育てられたお野菜たちが主役です。
婦木克則さんご夫妻とってものどかな山間にある婦木農場牛を育てながら野菜や米を
育てるという、昔ながらの農業を続ける婦木農場のとれたて夏野菜と無農薬で育てた
酒米「兵庫北錦」を原料として仕込んだ純米生酒をお楽しみいただきます。
太陽の恵みと農家の愛情をたっぷり浴びた元気な有機野菜が
みなさまのお越しをお待ちしております。

ひょうご美食の会vol.4
丹波婦木農場 とれたて夏野菜を楽しむ会
【日 時】平成22年7月24日(土)18時〜
【場 所】神戸酒心館 さかばやし
【料 金】6,000円(税込)
【ご予約】神戸酒心館 さかばやし
      TEL:078-841-2612

酒造り体験 参加者募集
酒造りの原点である米作り。
日本酒がどのようにして造られるのかを実際に体験していただいて、「米と日本酒」
についての理解を深めていただくイベントが「福寿 酒造り体験」です。
今回で4期目を迎えますが、今年もたくさんのご応募をお待ちしております!
「福寿」の純米酒・吟醸酒に使用する日本一の酒米「山田錦」の原産地、
兵庫県北区大沢地区で田植えと草とり、稲刈りを行い、仕込みは神戸酒心館 福寿蔵で
最も厳しい寒さになる1〜2月に体験していただきます。
全回(5回)すべてにご参加いただいたお客様には、お手伝いいただいたお酒をオリジナルラベル
にしてプレゼントいたします。
蔵人と一緒に美酒を醸してみませんか。

〜体験スケジュール〜
第一回 6月下旬  田植え
第二回 7月下旬  草とり
第三回 10月中旬 稲刈り
第四回 1月下旬  仕込み
第五回 3月下旬  日本酒講座
★1回のみのご参加も可能です。
※状況により日程等が変更となる場合がございます。

酒 造 り 体 験
【料金】全回(5回)ご参加 10,000円
     1回のみ ご参加  2,000円(税込)
【定員】40名様  
*お子様は無料(保護者同伴)
*先着25名様までは、兵庫県北区大沢地区への無料送迎バスをご利用いただけます。
【お問い合わせ・ご予約】
神戸酒心館 事業部  TEL:078-841-1121


■■■試飲会■■■
一ノ蔵
《宮城県外》
・ 4月22日(木)〜4月28日(水)------- 東急東横 渋谷店
・ 4月28日(水)〜5月4日(火)-------- 小田急 町田店
・ 4月30日(金)〜5月2日(日)-------- 東急 札幌店
・ 4月28日(水)〜5月4日(火)-------- 高島屋 二子玉川店
・ 5月5日(水)〜5月11日(火)-------- 高島屋 日本橋店
・ 5月19日(水)〜5月25日(火)------- 三越 日本橋店

《宮城県内》
・ 4月23日(金)〜25日(日)------ 三越 仙台店
・ 4月28日(水)、29日(木)------- 美味しい地酒とwineの店 ケヤキ
・ 5月2日(日)、8日(土) -------- ホテルニュー水戸屋
・ 5月2日(日)〜5日(水)-------- 酒仙蔵
・ 5月2日(日)、3日(月)--------- 鐘崎
・ 5月28日(金)〜30日(日)------ 三越 仙台店


今西清兵衛商店
・デパート等の試飲・販売会
日時/平成22年 6月23日〜6月29日 大丸 京都店(京都府)
日時/平成22年 7月15日〜7月21日 近鉄百貨店 上本町店(大阪府)
※百貨店試飲販売情報、試飲会情報はメールマガジンでもお知らせしています。


■■■製品情報■■■
桜顔酒造
純米吟醸「中取り」720ml
お酒を搾る際、特に美味しいとされる中取りの部分を別取りして瓶詰めした純米吟醸酒です。
今は爽快な香味をご堪能いただけますが、そのまま冷蔵貯蔵して8月頃には夏越しのうまい酒が
お楽しみいただけます。

720ml入 1500円

酔仙酒造
華の宵   720mlビン

900mlパック 680円(税込)

1800mlパック 1,260円(税込)

カロリーに敏感な女性やメタボリックシンドロームなどの、
体型や健康が気になる方にも楽しめるお酒が誕生しました!
原料から見直し、低温製麹(製造方法)の麹を使用することで、
清酒本来の美味しさを残したままカロリーを50%カット(※当社比)
することに成功!
国内産米を100%使用し、スッキリとした軽〜い飲み口に仕上げた、
穏かな酔い心地と酔い覚めの爽やかなお酒です。
健康や体型の気になる方、アルコールに強くない方でも、美味しい食事と
共に宵のひと時を楽しむ事が出来ます。

■アルコール分 7%以上8%未満
■原材料名 米、米麹
■相性の良い料理 サンドイッチ、餃子、チーズ
■オススメの飲み方 ◎そのままで


一ノ蔵
お花見に一ノ蔵特別純米酒 辛口

スッキリとしたスマート感、飲み飽きしない特別純米酒
お花見シーズン到来!こんなときには「一ノ蔵特別純米酒辛口」はいかがですか?
辛口は常温でも美味しく召し上がれ、また料理の味わいをより一層引き立たせます。
是非お試しください。

原料米を55%まで磨き、丁寧に仕込んだ特別純米酒です。
米本来の柔らかな旨味がバランスよく溶け、上品で深みのある味わいを醸し出します。
洗練された辛口をお楽しみ下さい。

【季節限定品】一ノ蔵 リキュールひめぜん ゆず酒 720ml

一ノ蔵 ひめぜんYuzuは、季節限定、数量限定品です。
一ノ蔵ひめぜんSweetに、宮城県丸森町産の柚子「多田錦」の果汁を加えたアルコール8%のお酒。
柚子の果実そのままのフレッシュな香りがアクセントとなった、日本酒ベースのリキュールです。

■蔵元:株式会社一ノ蔵(宮城県大崎市松山町)
■原材料:清酒、柚子果汁
■アルコール分:8%台
価格: 1,100円(税込)

一ノ蔵 ひめぜん飲み比べ300ml3種セット

季節限定ひめぜんYuzuの再発売記念
今年もSweet・Dry・Yuzuの3種セットをご用意致しました。
価格: 1,550円(税込)


鈴木酒造店
Sparkling LACHAMTE 新登場。

発泡清酒ラシャンテは、「あきたこまち100%」と「奥羽山脈の伏流水」だけでつくったお酒です。

橘倉酒造
そば焼酎 峠 4月中旬発売開始

本格焼酎(そば焼酎)
容量:720ml
原材料名:そば80%・米麹20%
アルコール度数:25度以上26度未満


宮坂醸造
吟醸 生酒 さらりと美味しいソフトタイプ生酒
4月10日出荷開始。寒仕込みの新酒を低温熟成した人気の夏の酒です。
米は長野県産美山錦100%、酵母は七号。八ヶ岳のふもと・富士見蔵からお届けします。

商品名:吟醸 生酒
分 類:吟醸 生酒
出荷時期:4月〜11月に出荷
原材料:米・米こうじ・醸造アルコール
米の品種:麹米:長野県産 美山錦
掛米:長野県産 美山錦
精米歩合:55%(全て自社で精米)
酵母:7号系酵母
アルコール分:15度
日本酒度:±0前後
酸度:1.3前後
アミノ酸度:1.1前後
飲み方:◎冷酒・×常温・×燗酒
保存方法:要冷蔵

杜氏のコメント
今年は洗米方法を変更。思い通りの吸水ができ、麹造りもうまくできたと思います。
また今年の七号酵母はお酒らしい、落ち着いた良い香りがあります。

おすすめの肴
生姜、山葵、柚子胡椒など和風スパイスを使ったもの。

容量と価格
容量 価格(税込)
720ml箱入 1,376円
720ml箱無 1,313円
300ml箱無 546円


千曲錦酒造
全量山田錦五十五%磨 千曲錦 生酒

酒造好適米「山田錦」を自家精米で高精白(55%)し、全量に使用した特別限定品です。
ハイコストパフォーマンスで本数限定。
毎年恒例の新酒きき酒会の日を皮切りに発売されます。
すっきりとしてやや辛口の切れるような味わいが特徴です。
アルコール : 15.0〜16.0%
日本酒度 : +1.0〜-1.0
酸度 : 1.3〜1.6
原料 : 米・米麹
麹米 : 山田錦
掛米 : 山田錦
精米歩合 : 55%
酵母 : 協会18号

数量限定 全量山田錦五十五%磨 千曲錦
容量 720ml  税込価格1,050円


丹山酒造
母の日ギフトセット(飯櫃×2・ジャポン×3)

甘酸っぱさが新鮮な白ワイン風の純米酒と繊細な泡がまるでシャンパンを
思わせる純米微発泡酒とのセットです。
かわいいピンクのギフト箱でおおくりいたします。
母の日のプレゼントにいかがですか?

商品情報
種類 ・飯櫃500ml…2本
・ジャポン300ml…3本
価格 [ 5本セット ]  5,250円


本田商店
生大吟醸 米のささやき「荒走り」(期間限定4月〜5月)

精米歩合35%まで磨き込み醸し出された大吟醸生酒。
上槽時、圧力をかけないため極めて織細で上品な味わいと華やかな香りが特徴です。

兵庫県加東市産産特A地区山田錦特上米 100%使用
容量720ml
 入数10
 小売価格(円) 5,250 (税込)
 使用原料米 精米歩合(%)山田錦 35
 日本酒度 +2.0

容量1800ml
 入数6
 小売価格(円) 10,500(税込)
 使用原料米 精米歩合(%)山田錦 35
 日本酒度 +2.0

容量10000ml
 入数1
 小売価格(円) 52,500(税込)
 使用原料米 精米歩合(%)山田錦 35
 日本酒度 +2.0


神戸酒心館
おすすめのこよみ酒 純米生酒 甑倒し(こしきだおし)

大きな木製の蒸し器である「甑(こしき)」は酒造期最後の米を蒸し終えると、
横に倒され洗われていました。
(醸造期間中は毎日蒸し上げて清潔に保たれるため洗う必要がないのです)
このことから最後に仕込んだお酒を「甑倒し」と呼び、醸造期最後のお酒として
世に出されることとなりました。
口に含めば、米のうまみを十分に感じる、幅のある味わいが楽しめます。
余韻は切れの良い辛口。また次の一杯が欲しくなります。
〈発売中〉720ml 1,680円(税込)


嘉美心酒造
純米大吟醸生 720ml (凍結)

際立った個性を持った非常に滑らかな心地よい香りと、最高のバランスの甘み、
酸味が絶妙な調和を見せる。
大吟醸をしぼって直ちに瓶詰めした後、直ちに冷凍保存した大吟醸の原酒の生酒です。
 相性の良い料理 天ぷら、刺身 えびの塩焼きなど
 容量 720ml
 アルコール 16%台
 価格(税込) ¥2,730

21BY特別純米生酒
 
輪郭のはっきりした華やかな香りと、滑らかで透明感の高い甘みを持つ。
搾ってすぐにボトリングし、−18度で凍結保管しているので生酒本来の味を保持しています。
 相性の良い料理生ガキ、小鴨のロースト、天ぷら、刺身など
 アルコール 16%台
 日本酒度 −2.0
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.5
 720ml ¥1,523 / 300ml ¥662

21BY生酒(凍結)

透明感のある香りと、後味の良い旨味を兼ね備えた作品。
搾ってすぐにボトリングし、−18度で凍結保管しているので生酒本来の味を保持しています。
 相性の良い 料理刺身、天ぷら、豆腐料理など
 アルコール 16%台
 日本酒度 −0.5
 酸度 1.5
 アミノ酸度 1.5
 生酒720ml¥1,208 / 生酒300ml¥515       

21BY生一気 300ml (凍結)

透明感のある香りと、後味の良い旨味を兼ね備えたマイルドな味わい。
アルコールを13%台と押さえているのでスッキリと飲みやすい。
搾ってすぐにボトリングし、−18度で凍結保管しているので生酒本来の味を保持しています。  
 相性の良い料理生ガキ、小鴨のロースト、天ぷら、刺身など
 容量 300ml
 アルコール 13%台
 価格(税込) ¥410

21BY特別純米生一気 300ml (凍結)

青リンゴ、キウイ等の華やかな香り。
スッキリとしたなめらかな甘味に優しくフレッシュな酸味が調和したマイルドな味わい。
アルコールを13%台と押さえているのでスッキリと飲みやすい。
搾ってすぐにボトリングし、−18度で凍結保管しているので生酒本来の味を保持しています。
 相性の良い料理シーフードサラダ、白身魚のムニエルなど
 容量 300ml
 アルコール 13%台
 価格(税込) ¥609


賀茂泉酒造
生酒の発売です。 桜の季節となりました。
さわやかな季節にフレッシュな生酒(なまさけ)の発売です。
なかなか暖かくならず、冬の寒さが続いていますが、桜の花も咲き始めました。これからのさわやかな季節にフレッシュでフルーティーな生酒の発売です。
タンクにて熟成させず、熱処理せず瓶詰めしました。
冷たく冷やして、またはオンザロックなどでお召し上がりください

純米梅酒720mlM

紀州南高梅を純米原酒に漬け込んだ、甘さを控えめに仕上げた爽やかな味わいです。
ロック、ストレート、ソーダ割で梅の風味と純米酒ならではのまろやかな味わいをお楽しみください。
メッセージカードを付けて、母の日のプレゼントにいかがでしょうか?
お申し込み時にメッセージを記載ください。
1,785円(内税)

米米酒500mlM

SRN(日本酒ライスパワー・ネットワーク)が研究・開発した飲みやすくて体に優しいお酒。
配合されている、ライスパワーNo.101は胃の粘膜を保護し修正する作用があります。
甘酸っぱいのみ口で、食前、食後に気軽に飲めるお酒です。
メッセージカードを付けて、母の日のプレゼントにいかがでしょうか?
お申し込み時にメッセージを記載ください。
詳細は上記のリンクから解説をご覧下さい。
1,155円(内税)

あ、不思議なお酒(赤)500mlM 969円(内税)/300mlM 592円(内税)
 
発色性酵母の作用により、奇麗なピンク色をした純米酒。
アルコール度数は8度と通常の日本酒の約半分で日本酒とは思えない、
甘酸っぱい味は女性に人気です。
グラスにクラッシュアイスを入れ、ソーダで割ってハイボールもGOODです。
メッセージカードを付けて、母の日のプレゼントにいかがでしょうか?
お申し込み時にメッセージを記載ください。
温度によりお酒の色が変化しますので、冷蔵庫での保管をお勧めします。

使用米:広島八反・新千本 精米歩合:60%
アルコール度数:8.0〜8.9度 日本酒度:-60.0
酸度:6.0 使用酵母:アデニン要求性
極甘口


勇心酒造
母の日(5月9日)にギフトセットを送ってみませんか。
今年の「母の日」は、5月9日(日)です。
日頃からお世話になっている大好きなお母様に、弊社おすすめのライスパワー商品
「母の日ギフトセット」を送ってみてはいかがでしょうか。
あなたさまにも素敵なセットをお届けします。

※ご注文は、お電話で受付中しております。(〜5月1日まで)


◇梅錦山川
夏の生酒「純生大吟」「酔夏」    
まだ花冷えが続いていて、夏のお酒のことを言ってもピンとこないですね。
ですが、例年通り夏の生酒の用意が出来ました。
4月15日より、販売開始します。

純生大吟
 500ml 989円(税込)
 500ml×3本セット 3000円(税込)
 500ml×5本セット 5000円(税込)

酔夏
 300ml 473円(税込)
 販売期間は8月末までです。
 暑さを感じたら思い出してください。


■■■その他■■■
一ノ蔵
第28回一ノ蔵日本酒大学が開催されました。

去る3月27日・28日の両日、本社蔵において第28回日本酒大学が開催されました。
今年は50名が受講し、2日間かけて日本酒の造り方、きき酒講習、製造体験をみっちり行いました。
最後に卒業試験があるため、皆さん真剣な面持ちで受講していました。
1日目は講義終了後、日本酒の飲み方講義と称される大宴会が開催され、
受講者の皆さんは蔵元や全国から集まった酒好きの参加者と交流を深めました。
2日目は実際に製造現場に移動して、出麹した麹を枯らし棚に広げる体験、
麹米を麹室へ引き込む作業、粕はがしの作業などを実際に体験して頂きました。
その後、卒業試験に臨み、筆記ときき酒試験を行いました。
今年も無事に全員卒業することができました。

日本酒大学もお蔭様で今年で28回を数え、これまでにおよそ1300名の卒業生が
真の左党として巣立っていきました。
今後も日本酒の楽しみ方などの情報発信をしてまいります。
一ノ蔵の酒造りにご興味のある方は、是非日本酒大学にご参加して、造りを肌で体感してください。
毎年3月下旬に開催しています。


鈴木酒造店
ラシャンテ・プレゼントキャンペーン
【賞  品】ラシャンテ2本とグラス1個のセット
【応募期間】2010年4月1日(木)〜2010年4月30日(金)迄、
      ご応募いただいた方の中から 抽選で10名様    
【応募方法】パソコンからのみご応募いただけます。
【応募資格】20歳以上の方に限らせていただきます。

ご応募は、お一人様一回限りとさせていただきます(フリーメールは受け付けておりません)。
ご応募は、日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

【当選発表】ご当選者様の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただき
      ます。

賞品の発送日は、2月当選者:3月中旬頃、3月当選者:4月中旬頃、4月当選者:5月中旬頃
を予定しております。
都合により、賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご
了承ください。

【注意事項】
●本キャンペーンの内容および賞品の仕様は予告無く変更する場合があります。
●本キャンペーンに関係する方の応募はご遠慮ください。
●応募いただいた個人情報は厳重に管理し、不正な侵入、紛失、改ざん、
 漏洩などの危険防止に努め、賞品の抽選および発送に使用します。
●ご応募いただいた方には、当社より今後キャンペーン等のご案内メール
 をお送りすることがあります。
●お客様の個人情報に関しましては合名会社 鈴木酒造店にて管理いたします。


千代寿虎屋
【山形酒歓評会のご案内】 
4月23日(金)に東京のホテルメトロポリタン池袋において表題のイベントが開催されます。
詳細は山形県酒造組合のHPをご覧下さい。


神戸酒心館
多田周子 Shuko Tada
 歌日和コンサート
〜五月の風に吹かれて〜 

日本の優しさ 日本の美しさ
日本人だと実感する瞬間
だれもがもつ心の中の
かわらないものを歌いたい
【日時】平成22年5月16日(日) 開場:午後2時  開演:午後2時30分
【料金】3,000円 (ワンドリンク付、全席自由)
【出演】多田周子(Vocal)
    久保よしひろ(Piano)
    三枝俊治(Bass)
【曲目】「赤とんぼ」「浜辺の歌」
    「夏の思い出」「みかんの花咲く丘」
    「ありがとうふるさと」(オリジナル)
  ※楽しいお酒のお話もあります
【お申し込み方法】078-841-1121 までお電話下さい。
もしくは、お名前・ご住所・お電話番号・イベント名・チケット枚数を明記の上、
e-mailにて info@shushinkan.co.jp へご連絡下さい。
【主催】神戸酒心館
  ※お食事の際、ワンドリンクサービス

コンサートご参加のお客様で、蔵の料亭「さかばやし」でお食事のされた方には、
ワンドリンクをサービスいたします。
ご予約のうえ、当日はコンサートチケットをご提示ください。
(「さかばやし」 直通Tel. 078-841-2612)
  営業時間 昼 11:30〜14:30/夜 17:30〜22:00。


賀茂泉酒造
賀茂泉館のページが出来ました!
JR西条駅を降りると正面にあるのが賀茂泉館です。賀茂泉館のページが出来ましたので、
ご覧ください。
賀茂泉館4階にあるのが、多目的ホールの泉ホールです。
ここは一般の方々にお貸しているスペースです。
新しい賀茂泉館のページに詳しくが掲載してありますので、
賀茂泉館泉ホールをクリックしてください。

画像はテラスから西側の酒蔵群が望める風景です。


酒井酒造
甑倒し2010年4月13日(火)
今日が最後の甑となりました平成21年度の製造も残すところわずかとなりました。
明日、最終仕込72号の上槽です。終わってみればあっという間の期間でしたね。
製造中いろいろな出来事がありましたが、おおむね良い酒が出来たのではないかと
振り返るところです。
先日行われた、山口県の新酒鑑評会では、『吟醸酒の部』で最優等賞を受賞する事もできました。
大吟醸の醪の酸がすこし多く出てしまい、あまり自信がなかったんですが、
昨年に続いての受賞に、製造スタッフ一同大変喜んでいます。
あとは。。。全国新酒鑑評会なり。こちら金賞受賞なら3年連続受賞となります!
これが全てじゃないですが、レースに出れば勝ちたい、勝ちに行くのが人の性!?
私自身鑑評会向きの香り高い酒より、穏やかな純米酒の方が好みです。

今夜の晩酌に木桶造り純米酒はいかがでしょうか?
燗をするとさらに良酒に。。。おためしあれ。

純米主義 2010年4月 7日(水)
「五橋 発泡純米酒ねね」が掲載されました。
浪花の日本酒カリスマ、中野恵利さんの著書ですが、独特の世界観で表現される
酒コメントをご覧下さい。
プロローグには「本当に美味しいお酒、それは、素敵な官能に満ちています。
とても誠実で、知性に溢れ、時々アンニュイで、危険なほどにエロティック。
瞳をセピア色に染めて、液体の官能を感じてみてください。」と。

ゆらりゆらりと花見の宴【1430杯目】
4月3日に「五橋 大人の粋な舟遊び〜満開の桜を愛でる会〜」が行われました。
当会に合わせたかのように、桜はこれ以上ないくらいの満開。
天候にも恵まれまして、絶好の花見日和となりました。
ただ一点残念だったのが、前日までの雨と、錦川上流のダムの放流のため、
川の水量が多くなってしまい、舟を川岸に固定しての会になってしまったこと。
遊覧が楽しめればさらにすばらしい会になったことでしたでしょう。
あまりのすばらしさ(自画自賛?)のためか、会の途中で飛込みでの参加を希望された方が数名。
完全予約制の会であったため、お断りをせざるを得なかったのですが、
人もうらやむ粋な舟遊びになったのではないかと、ほっと胸をなでおろして
いるのであります。

秋には観月会を予定しておりますので、ご興味がおありの方はぜひご参加くださいませ。
新空間“KAGURA”訪問記
■桜満開
東京の桜は満開になりましたが、まだ肌寒い日が続き、
お花見日和という感じにはなかなかなりませんが、
皇居外堀沿いの桜見物も兼ねて、お濠を望む新しい空間“KAGURA”さんにお邪魔しました。
場所は、外堀通り沿いの飯田橋と市ヶ谷の中間点ほどにある「神楽ビル」の一角で、
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅(出口5)から徒歩5分ほどのところです。

お濠沿いの桜はちょっぴり寒そうで、お花見の場所取りをしている人や、
すでに宴会を始めているグループも、心なしか気勢が上がっていないようでした。


 <ちょっぴりさみしげな満開の桜>

■くつろぎの空間
“KAGURA”は、持続可能社会の実現を訴えて、森林ファンドなどに取り組んでおられる
サステナブルインベスターさんが運営されているスペースで、
2階のギャラリースペースと3階のサロンがあり、サロンには、素敵なバーカウンターもあり、
ゆったりとくつろぐことのできる空間となっていました。


 <3階のサロン>

今回お邪魔した当日、2階のギャラリースペースでは、持続可能な循環型社会を「木」という
再生可能資源で実現しようとご提案されている岐阜県高山市の
オークヴィレッジ」さん主催の“桜まつり”が開かれていました。


 <「桜まつり」の案内板>

“KAGURA”を運営するサステナブルインベスター代表の奥山氏は、
地球環境の保全に大変大きな関心を持たれ、有言実行されている若き実業家です。
今回は、SRN事務局をお手伝いしている日本アプライドリサーチ研究所のメンバーも同行し、
奥山代表と一緒にカメラに収まりました。


 <オーナーの奥山氏を囲んで(奥山氏:中央)>

■バーカウンター
この“KAGURA”の運営責任者である稲垣氏はワインソムリエであり、
豊富なボキャブラリーを駆使して、良質のお酒をさらに味わい深いものにして下さいます。

スパークリング日本酒を御紹介しようと、今回は一ノ蔵の「すず音」「花めくすず音」を持参し、
試飲して評価していただきましたところ、大変お気に召していただいたようで、
ご関心をもっていただくことができました。


 <ワインソムリエの稲垣氏>


 <ご試飲いただいた「すず音」(左)と「花めくすず音」(右)>


稲垣氏による詳しいご評価は、後日改めてレポートしたいと思います。
今後、いろいろなシーンでコラボできればと思いながら、ひとまず「KAGURA」を後にしました。

▲PAGE TOP