日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< June 2010 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
一ノ蔵の取り組みが「未来へのおくりもの」(BS-TBS)で放送されます
会員の一ノ蔵の取り組みが、BS-TBSの番組「未来へのおくりもの」で取り上げられます。

・放送日  6月26日(土) ※再放送7月3日(土)
・放送時間 22:00〜22:30
・放送局  BS-TBS

※詳細は、こちら(BS-TBSホームページ)をご覧ください。


伝統を受け継いで、品質にこだわるお酒造りを続けるなか、
減農薬農業を実践する自社農場の運営や、
子どもたちを対象とした微生物林間学校の開催など、
伝統を守りつつ取り組む新しいチャレンジにスポットがあてられます。

ぜひ、ご覧ください!
『日本酒フェア2010』に出展しました
6月16日(水)、独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会が主催する
『日本酒フェア2010』に出展してきました。
場所は、池袋のサンシャインシティです。

<『日本酒フェア2010』のチラシ>


今年で4回目の開催を迎えるこのイベントは、大きく「公開きき酒会」と「全国日本酒フェア」
の2つからなります。
「公開きき酒会」では、地域ごとのブースにまとめられた全国のお酒約450点を自由に
利いて回ることができます。また、各種展示や相談コーナーもあります。

私たちが出展したのは「全国日本酒フェア」です。
こちらは、全国の酒造組合や研究会などがブースを設け、いろいろなお酒の展示や試飲を
行います。ここでは、販売もやっています。

わたしたち日本酒ライスパワー・ネットワークも広めのブースを借りて、
低アルコール酒とスパークリング日本酒の試飲を行いました(諸事情あって販売はなしです^^;)
 
<日本酒ライスパワー・ネットワークのブース(左)と試飲風景(右)>


当日は、時折、雨が降ったりしてむし暑い日でしたが、
夕方に近くなるにつれ来場者が急増し、大変な盛況ぶりでした。
私たちのブースに立ち寄ってくださる方もひっきりなしです。

<にぎわうブース>


ブースでは、おなじみになりつつある橘倉酒造特製の、酒粕と日本酒をクリームに
練り込んだマカロンも提供。
多くのお客様がいらっしゃるこのイベントに合わせて、今回はいつもより小さめの
一口サイズにしてご提供です。
低アルコール酒やスパークリング日本酒との相性もバッチリです。
召し上がったお客様からも大好評でした!
橘倉酒造さん、ありがとうございました。

<人気のマカロン>


低アルコール酒とスパークリング日本酒が女性に人気なのは、皆さんご存知のとおり
ですが、今回は男性の方や業界の方からも、かなり関心をいただけたように感じます。
作り方やグループの活動に関する質問を寄せてくださった方や、パンフレットを持って
いかれた方も予想以上に多かったです。
おかげさまで、終了の30分前には、相当数持ち込んだお酒が「完売」(?)状態に
なってしまいました。

<「学生日本酒の会」松本君の説明に関心を寄せるお客様>


<日本酒に強い関心を持つ外国の方もいらっしゃいました>
 ※会員の賀茂泉酒造(広島県)のお酒で日本酒に関心を持ったのだそうです



当日、ブースではたくさんの方にお手伝いいただきました。
お酒を提供していただきました蔵元の関係者のほか、
学生日本酒の会会長の松本雅弘君、学生団体和愛の矢島里佳さん、蜂屋絵美里さん、墨デザイナーの岡林里依さんです。
矢島さんと蜂谷さんは、なんと和装でお手伝い。ブースに花を添えてくれました。

<かわいらしい着物姿の矢島さん(左)と蜂屋さん(右)>


お立ち寄りくださいました皆様、ありがとうございました!
また、蔵元の方々や学生さんなど、お手伝いくださいました皆さん、ありがとうございました。
蔵元情報6月
■■■イベント■■■
一ノ蔵
福岡「一ノ蔵を楽しむ会」のご案内
今年も、「一ノ蔵」を飲みながら語り合う会を開催いたします。
毎年恒例、「楽しむ会」会場でしかお召し上がり頂けないオリジナルの
『特別純米生原酒・薄にごり』(非売品)を始め、話題の『発泡清酒すず音』など、
多様な味わいの一ノ蔵商品の数々を揃えてお待ちいたしております。
また、会の途中にはお楽しみ抽選会もございます。どうぞ酒のお好きな方々とお誘い合わせの上、
ご来場くださいますようご案内申し上げます。

■《第10回 福岡・一ノ蔵を楽しむ会》
【日 時】平成22年6月23日(水)午後6:30〜8:30
【場 所】西鉄グランドホテル 2F プレジール
全会場立食形式で、会費はお一人様5000円となります。
※お問合せ・お申込みはこちら sake@ichinokura.co.jp

神戸酒心館
[7.19]おしなさんイベント第3弾 福勝笑(ふっかつしょう)
【日時】平成22年7月19日(月・祝) 開場:午後1時30分  開演:午後2時
【料金】1,000円(利き酒付、全席自由)
【出演】おしなさん(笑家)
    つっかけすずむしバンド、熊谷朋久、前田尚子&フラガール、Motto Chill sause
【主催】神戸酒心館 
【お問い合わせ お申し込み】
神戸酒心館 078-841-1121 までお電話下さい。
もしくは、お名前・ご住所・お電話番号・イベント名・チケット枚数を明記の上、
e-mailにてinfo@shushinkan.co.jp へご連絡下さい。


■■■試飲会■■■
酔仙酒造
■ 6月18日(金)〜6月20日(日) 西武東戸塚店酒売り場
■ 6月20日(日)〜6月28日(月) 横浜そごう酒売り場
■ 6月30日(水)〜7月6日(火) 西武池袋酒売り場

一ノ蔵
 《宮城県内》
・ 6月16日(水)〜20日(日)------ 泉中央 セルバ

宮坂醸造
☆ 高島屋 玉川店 6月9日(水)−22日(火)
☆ 伊勢丹 相模原店 6月9日(水)−22日(火) 父の日試飲販売
☆ 伊勢丹 松戸店 6月16日(水)−20日(日) 父の日試飲販売会
☆ 伊勢丹 浦和店 6月16日(水)−22日(火) 父の日試飲販売
☆ 千葉そごう 6月22日(火)−28日(月)

神戸酒心館
【関西】
・眦膕亜\北店     6月16日(水)〜6月22日(火)
・川西阪急        6月16日(水)〜6月22日(火)
・阪神百貨店 梅田本店  6月16日(水)〜6月22日(火)

今西清兵衛商店
日時/平成22年 6月15日 〜  6月21日  そごう 千葉店(千葉県)
日時/平成22年 6月23日 〜  6月29日  大丸 京都店(京都府)
日時/平成22年 7月15日 〜  7月21日  近鉄百貨店 上本町店(大阪府)
日時/平成22年 7月27日 〜  8月 2日  そごう 神戸店(兵庫県)
日時/平成22年 8月 6日 〜  8月11日  近鉄百貨店 橿原店(奈良県)
※百貨店試飲販売情報、試飲会情報はメールマガジンでもお知らせしています

梅錦山川
2010.6.15(水)〜22(火)香港そごうにて / 梅錦試飲販売
2010.6.25(金)松山蔵元屋にて / 梅錦を楽しむ会 


■■■製品情報■■■
八戸酒類
《 八鶴 純米生貯蔵酒 》 ※夏限定

すっきり辛口、きれのある口当たり、味わいの純米酒。
しぼりたての生の風味を大切にびん燗で仕上げました。

使用米/華吹雪100% 精米歩合/60%
アルコール分/15度以上16度未満
日本酒度/+3 酸度/1.8
720ml 1,260円 (税込)
300ml  450円(税込)

《 八鶴 氷清 純米原酒 》※数量限定・夏限定

風味豊かな純米原酒を小さなグラスに氷を浮かべてロックで楽しむ商品です。すっきりとした口当たりと爽やかな後味。

使用米/華吹雪100% 精米歩合/60%
アルコール分/18度以上19度未満
日本酒度/+3 酸度/1.4 
180ml 330円(税込)

《 八鶴 雪幻夏 純米にごり 》※夏季限定
夏のにごり雪幻夏。荒ごしした純米酒をしっかりと熟成。しっかりと冷やしてスッキリとお召し上がり下さい。

使用米/山田錦100% 精米歩合/50%
アルコール分/15度以上16度未満
日本酒度/-25 酸度/1.4
1.8L 2,310円(税込)
720ml 1,260円(税込)
300ml 450円(税込)


桜顔酒造 
純米吟醸酒 銀河鉄道の夜
宮澤賢治の代表作銀河鉄道の夜をモチーフにし、
岩手県産「吟ぎんが」を主原料に、南部杜氏の伝統の技が造りあげた岩手ならではの
地酒の逸品です。
フルーティな香りとスッキリとした喉越しのやや辛口のお酒です。
720ml 1,500円

柱造り 蔵元鑑査

柱造りとは、元禄時代に生まれ、もろみに焼酎を加えて醸造する方法です。
濃醇な味わいのなかに落ち着きのあるコクと香りのバランスが絶妙です。
1800ml 1 本2247円

平成21年全国新酒鑑評会 2年連続金賞受賞

全国の酒蔵から出品された新酒920点のなかから
「桜顔」が2年連続「金賞」を受賞いたしました。
岩手県産「吟ぎんが」を100%使用して醸造した大吟醸のお酒です。
近日、限定発売いたしますので、お早めにご予約ください。
720ml 3,500円 (1180本の限定です。)


一ノ蔵
一ノ蔵 特別純米酒 大和伝(やまとでん)宮城県限定品

一ノ蔵特別純米酒大和伝がラベルも瓶も新しくなって新発売!
この商品は、地元・大崎市松山の地で、日本刀鍛造五ヶ伝の一つとして
刀匠・法華三郎信房氏が復元させた「大和伝」の名を冠し、原料を厳選し手をかけ
心を込めた手づくりの酒です。
地元「松山町酒米研究会」栽培の環境保全米「蔵の華」を贅沢にも50%まで磨き、
手間隙の掛かる小箱法での麹造り、低温発酵に加え1年以上の熟成を行うなど、
造りの全てにこだわりを持っています。
宮城県内限定流通の特別純米酒として、地元のお客様への深い感謝の気持ちを込めてお届けします。
研ぎ澄まされた名刀の風格を映しこんだ銘酒「大和伝」は大崎市を、
そして宮城をPRする贈答・お土産に最適な逸品です。
◆原材料名 米・米こうじ◆精米歩合 50%
◆原材料米 環境保全米「蔵の華」100%(宮城県産)
◆アルコール分 15 度以上16 度未満◆1.8 リットル 3,200 円(税込)
◆720 ミリリットル 1,500 円(税込)


千代寿虎屋
虎虎 樽熟成 限定発売中 720ml 3150円  
ご希望の方はinfo@chiyokotobuki.com まで
 〒 住所 電話番号 氏名 ご希望本数
をご記入の上 お申し出下さい。
なお本数に限りがあるためご要望にお応えしかねる場合があります。

【全国新酒鑑評会 金賞を頂きました!】
今年の全国新酒鑑評会で吃瑤砲いて 山形県産出羽燦々100%を使用した
純米大吟醸が金賞になりました!

【国際ワインコンクール 日本酒部門 2部門 銀賞】
上記において純米大吟醸部門で虎乃子が銀賞、
純米酒部門で出羽の里 千代寿が銀賞を頂きました。


奥の松酒造
5月18日新発売 桃のリキュール「ももとろ」

福島県伊達地区の完熟桃と奥の松特別純米を絶妙なバランスでブレンドした
「とろとろ感」が特徴の桃リキュールです。
口に含んだ瞬間とろりとした桃果汁が口中に広がり、桃の果肉感や旨みが
楽しめます。
「ももとろ」はストレートはもちろん、ロック・ソーダ割り・オレンジジュースやウーロン茶の
カクテルなど楽しみ方も幅広くお好みに合わせた飲み方が楽しめます。
500ml 1,260円(税込)
※こちらの商品はただ今品切れとなっております。大変申しわけございません。

6月3日発売の夏の限定品【特別純米氷熟にごり原酒】の予約を開始いたしました。

寒に仕込んだお酒を瓶内にて氷温熟成(凍る直前の温度で貯蔵)させました。
蔵人が優しく手稲に搾ったお酒は、芳醇な香りとコクを醸し出します。
にごり原酒でしか味わえないもろみのほんのりとした甘味と程よい酸味、
なめらかな舌ざわり、そして加水しない原酒のうまさをご堪能下さい。
夏のにごり原酒は本数限定の価値あるお酒です。
日本酒度:±0 / アルコール分:17  酸度:1.5
容量:720ml 価  格:1,050(税込)


一本義久保本店
一本義 夏のにごり酒(純米酒・生詰原酒] 季節限定商品

「甘酒の季語が夏であるのをご存知でしょうか?」
ブドウ糖・必須アミノ酸・天然吸収型ビタミン類の豊富な甘酒。
江戸時代には滋養飲料として、特に夏バテ対策に、広く一般庶民の間で飲まれておりました。
今でも秋田や、一本義の杜氏藤原の故郷岩手ではよく飲まれているそうです。
こうした甘酒の歴史背景をアイデアに、大人のための夏の飲み物を造ってみたらどうだろうと生まれたのがこのお酒です。
にごりなら麹、蒸米などの色々な栄養分、また豊かな甘味と旨みが残ります。
ただし、冬のにごりのようにトロッとした飲み心地では夏の暑いさなかに飲みづらい。
そこでさっぱり感を重視し、キンと冷やしてもなお爽やかに甘く、なめらかな喉ごしに
なるように仕上げました。
濃甘口のたれを使った焼き鳥や角煮、中華やアジアンテイストなお料理の食中酒として。
また、ミントや果実を浮かべて、彩り楽しいデザート酒にバッチリです。
720ml  1,400円(税込)

一本義 にごりのうわずみ(純米酒・生原酒)] 季節限定商品

夏のにごりを構想していた頃、「辛口の一本義が甘い酒をつくるならどんな味?」
というご質問をお客様から頂きました。
造るなら、ベタベタとただ甘い酒や、糖類添加酒は問題外。
麹がつくる自然の甘さを存分に引き出して、一本義の特徴である後キレの良さを持つ酒ならば、
と思いました。
さて、にごり酒をタンクの中で静かに置いておくと、当然ですがにごり部分は沈殿し、
タンク上部にはうわずみ部分があらわれます。
このうわずみ部分を飲んでみると、なんとも上品な甘さ。キレも良い。
これこそ、辛口の一本義が造る甘口酒として、ご質問のお客様へのお答えになるのでは?
と考えました。
濃甘口のたれを使った焼き鳥や角煮、中華やアジアンテイストなお料理の食中酒として。
また、ミントや果実を浮かべて、彩り楽しいデザート酒にバッチリ。
思わず笑みがこぼれる、素敵な夏のひとときを、ぜひお楽しみ下さい。
720ml 1,400円(税込)


千曲錦酒造
千曲錦・本格焼酎 信濃の香りシリーズ 新発売!
そば焼酎・クマ笹焼酎・麦焼酎・米焼酎

   

信濃の香り そば焼酎 
信濃といえば“そば”。そばには栄養素が豊富に含まれており健康食品としても有名です。
そば特有の正に“信濃の香り”をじっくりとお楽しみください。
720ml 1,155円(税込)

信濃の香り クマ笹焼酎
米焼酎をベースに、信州佐久の原野から採取した充分に成長して栄養素の豊富な天然の
クマ笹の葉を配合。クマ笹のほんのりと心休まる香りが特徴です。
720ml  945円(税込)

信濃の香り 麦焼酎
日本酒蔵ならではの黄麹菌による米麹と大麦を原料に減圧蒸留した麦焼酎です。
麦の落ち着いた香りとライトですっきりとした味わいが特徴です。
720ml  788円(税込)


花の舞酒造

ぷちしゅわイチゴ酒ちょびっと乾杯 5月21日より新発売
ちょび乾シリーズの第3弾。静岡産いちごの章姫をそのままピューレ状にし、
微発泡日本酒とブレンド致しました。
お米のやさしい甘みに章姫のフルーティーな酸味が加わりいちごの贅沢感と
無添加ならではのすっきり感をお楽しみいただけます。

「ぷちしゅわイチゴ酒ちょびっと乾杯」の原料として使用しておりますイチゴは
静岡市のなかじま園さんというイチゴ農家さんが栽培したイチゴです。
品種は「章姫」。ご夫婦でイチゴの栽培をされており、きめ細やかな温度、与水管理、
たい肥と有機肥料による土造り、ミツバチを使った自然な受粉などこだわりの栽培方法をされています。
濃厚な甘さ、味をもつ章姫イチゴとして静岡県で有名なイチゴ農家さんです。
300ml 価格680円(税込)

「モンドセレクション2010」金賞受賞
ベルギーの品評会「モンドセレクション2010」にて弊社商品「ぷちしゅわ日本酒ちょびっと乾杯」が
金賞を受賞いたしました。
本受賞を励みに花の舞酒造はより一層の品質向上に努めて参ります。
宜しくお願い申し上げます。


富久錦
【6月19日発売】 特別純米5年熟成 生酒

5℃に保たれた低温貯蔵庫のなかでじっくりと5年寝かせた特別純米の生酒です。
生酒ならではのフルーティーな香りと、5年寝かせた熟成香が見事に調和し、
芳醇な味わいをお楽しみいただけます。
生酒でありながら熟成酒でもあるというたいへん貴重なお酒です。
売り切れの際はご容赦くださいませ。
1800ml 2800円

純米大吟醸 斗瓶取り原酒 紬(つむぎ)

繊細かつ優雅な味わいの純米大吟醸酒。
その原酒を斗瓶取りしたものだけを特別に瓶詰めしました。
糸を紡ぐようにお米の一粒一粒から丁寧に醸した大吟醸原酒ならではの
存在感のあるその味わいをご堪能ください。数に限りがございます。
5,000円


神戸酒心館
無濾過純米酒 <夏期限定>

熟成過程の酒を火入れせずに瓶詰めするため、常に新鮮な風味と香味が楽しめます。
フレッシュで爽やかなのど越しが特徴です。
一般にもろみをしぼったあと、「ろ過」と呼ばれる味と色調を調整する作業をしますが、
しぼったままの「旨味」と「香り」をそのままお楽しみいただけるように
「ろ過」をせずに仕上げました。
1,575円

夏越しの酒発売開始!生酛純米生酒 夏越しの酒
  
紫陽花も咲き始め、もうすぐ梅雨入りですね。
6月より発売の「夏越し酒」は、じめじめした暑い季節を吹き飛ばす辛口のお酒です。
「夏越しの祓え」にちなんで付けられたこのお酒は、半年の汚れを流す意味もあります。
このお酒を飲んで邪気を祓い、暑い夏を乗り越えるための滋養をつけましょう。
6月に解禁となる鮎の塩焼きに合わせると絶品ですよ
720ml  2,100円(税込)


香住鶴
山廃 生貯蔵「香住花火」夏期数量限定

夏にピッタリ!爽やかな生酒風味が旨い
爽やかな吟醸香に山廃仕込みの程よいコク・旨味のあるお酒です。
夏にピッタリの爽やかな生酒風味をお楽しみいただけます。
冷やしていただくと一層おいしくお召し上がりいただけます。
●中口(日本酒度 +2.0〜2.5)アルコール度数 16度
〈お召し上がり方〉冷や、または冷酒。
●希望小売価格
720ml 1,500円(税込)
1800ml 2,600円(税込)


今西清兵衛商店
春鹿 平城京遷都1300年記念 せんとくんラベル 吟醸酒

奈良県内外でも話題となっている『せんとくん』をラベルデザインに起用し、2010年、
奈良県で行われる「平城京遷都1300年記念事業」を盛り上げる商品として製作いたしました。
お酒は華やかな香り、そしてキレの良さが自慢の吟醸酒を瓶詰めしております。
おすすめの飲み方はキリッと冷やしても、常温からぬる燗でもお楽しみいただけます。
●アルコール:15.0〜15.9
●原料米:五百万石
●精米歩合:60%
●日本酒度:+8    720ml  1,300円(消費税込)

春鹿 発泡性純米酒 ときめき

☆奈良女子大学創立100周年記念酒☆ 5月1日〜発売開始です。
奈良を代表する花≪奈良の八重桜≫という希少種の野生の花びらから清酒酵母分離に成功!
奈良女子大学・奈良県工業技術センターとの産学官共同開発!

「奈良の八重桜」はれっきとした八重桜の一品種であり「奈良に植わっている八重桜」
の総称ではありません。
奈良を代表する花として、奈良県花、奈良市章・市花、奈良女子大学の学章として
用いられています。
東大寺にある「知足院奈良八重桜」は国の天然記念物に指定されました。
その花びらから清酒酵母の分離に成功!その確率は200万分の1とも言われます。
その酵母に『ナラノヤエザクラ酵母』と名付け、奈良県が特許を取得しております。
ラベル中央に書かれた『奈良の八重桜』の文字は、興福寺 多川俊映 貫首
に書いて頂きました。
●アルコール:14.0〜14.9
●原料米:五百万石
●精米歩合:58%
●日本酒度:-28
 300ml  735円(消費税込)


一宮酒造
梅酒 「梅の恩返し」 予約受付中

6月に収穫した石見銀山周辺の梅を清酒で仕込み、美味しい梅酒に仕上げました。
原材料名:清酒・梅・氷砂糖・ビタミンC アルコール度数:8〜9%
保存方法:要冷蔵
720ml  1,200円(税込価格)


賀茂泉酒造
純米酒「一」 はじめ 新発売
6月1日に純米酒「一」(はじめ)を発売します。はじめの一杯、純米酒からはじめよう!
全国に先駆けて純米醸造に取り組んできた賀茂泉の新定番酒! 
はじめて口にする賀茂泉純米醸造酒の入門酒として、また今注目の「ウチ飲み酒」
としても最適な1本です。
ふくらみのある柔らかな米の旨みとキレのよい酸がすっきりとした辛口の印象を
与えてくれます。
米と米こうじだけで醸す純米醸造酒には、アミノ酸や有機酸、ビタミンなどの自然の恵みが
たくさん含まれています。
また日本酒には料理の味を引き立て、旨味を増幅させる効果があります。
是非、一度純米酒「一」をお試しください。

特定名称:純米酒 アルコール度数:15度 精米歩合:75%
原材料:米・米こうじ(使用米は国産100%) 
日本酒度:+2.0 酸度:1.7
720m 1,050円(内税 1800m  1,995円(内税)


梅錦山川
おやじの酒 ミニ菰樽

「おやじの酒」のラベルの絵がミニ菰の上に描かれています。
中身がなくなったら眺めて楽しんでください。
販売期間:平成22年5月14日から6月末まで
300ml  1,600円

レモングラスの休日500ml近日発売!

梅錦が「レモングラスの休日180ml」を新発売してからはや6年になります。
ネーミングやラベルデザインなど消費者のアンケートや投票によって決定、
当時としては珍しい開発過程でした。
日本酒をベースにハーブの抽出液を調合した低アルコールのリキュールです。
若い女性やお酒になじめない人たちに大変喜ばれました。
以前からもう少し容量の大きいのが欲しいといわれていました。
このたび、500ml入りの商品化が決まり、資材品が決定、すでに発注段階です。
発売は6月中旬ごろの予定で進んでいます。これから夏にかけてハーブの季節になります。
暑さやうつのときにも力を発揮できるお酒としてご利用下さい。


司牡丹酒造
本年度(平成21酒造年度)全国新酒鑑評会 金賞受賞!!
「黒金屋(くろがねや)」
  売り切れ必至!の特別限定酒。いよいよ6月15日(火)出荷開始!


製造量わずか1,500本の限定品 <予約受付中>
司牡丹の屋号「黒金屋」を酒名としたこの酒は、
通常販売されることなく各種鑑評会出品のために使われる、最高ランクの大吟醸酒です。
そしてこのたび、全国新酒鑑評会で昭和40年以降26回目の最高位金賞を受賞いたしました。
全国でもトップクラスの大吟醸酒といえます。
風格ある吟醸香となめらかで豊かな味わいの至高の調和を心ゆくまでお愉しみ下さい。
<酒質>大吟醸原酒<原材料>米・米麹・醸造アルコール
<アルコール度>17度以上18度未満<日本酒度>+5<酸度>1.3
<原料米>山田錦<精米歩合>35%   
720ml 4,900円(消費税込・送料別)


■■■その他■■■
一ノ蔵
一ノ蔵蔵開放チャリティきき酒大会収益金を寄付しました。
去る、4月17日に開催した一ノ蔵蔵開放の第2会場、酒ミュージアムにて開催したイベント
「チャリティきき酒大会」の収益金全額を、河北新報社を通して、
日本赤十字協会宮城支部へ寄付いたしました。
このチャリティきき酒大会は、4年前より社会貢献、地域貢献の一環として行っております。
1回300円、限定100名を募りました。
きき酒に参加された方々には心より感謝申し上げます。
今後も皆様と共に、社会貢献活動を行ってまいります。
ご協力よろしくお願いします。
当チャリティきき酒当日はチリ沖地震震災復興へ使わせていただくと申しましたが、
諸事情により河北新報社を通し日本赤十字協会宮城支部から海外支援へ寄付させて
いただいたことをお詫び申し上げます。
(写真は一ノ蔵本社蔵にてチャリティきき酒担当者(右)から河北新報社へ寄付している様子)



宮坂醸造
全国新酒鑑評会で金賞受賞!
5月21日、「H21年度全国新酒鑑評会」の審査結果が発表され、
真澄諏訪蔵は今年も金賞を受賞しました!七年連続の受賞です。


花の舞酒造
イチゴ酒発売キャンペーン実施のお知らせ☆
2010年5月21日より新発売となりました「ぷちしゅわイチゴ酒ちょびっと乾杯」の
発売キャンペーンを行います。
6月7日から7月7日の1ヶ月間、商品についたクビカケのQRコードを携帯から
読み込んでいただきアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で100名様に
「ぷちしゅわイチゴ酒ちょびっと乾杯」を1本プレゼントいたします。
皆様、奮ってご応募のほどヨロシクお願い申し上げます☆
「すず音」が飲めるお店
アフター5ともなると会社帰りのサラリーマン、OLさんたちが集う神田駅付近には、
当然のごとく日本酒にうるさいお店が多々あります。
今回は、この居酒屋激戦区・神田より、「すず音」(一ノ蔵)を楽しめるお店をご紹介します。
 
神田駅西口を出て商店街を100mほど歩き、青い「新生銀行」ATMの看板が見えたら
左に曲がります。
そこから30m程度ほど歩くと見えてくるのが「翡翠」(かわせみ)さんです。




大きな地図で見る

2Fにあるお店にうかがうと、40人以上入れるゆったりした空間が出迎えてくれます。

<花が添えられた店内のテーブル>

店内の冷蔵ケースには「すず音」「花めくすず音」がほどよく冷やされ、
いつでも提供できるよう準備されていました。

<最適な温度で保管された「すず音」と「花めくすず音」(中央)>

「すず音」がメニューに並ぶきっかけになったのは、
店長の伊勢文子さんが、料理の鉄人・中村孝明さんのお台場のお店で見つけたことだそうで
「女性向けに入れたものなのですが、男性でも注文される方がおられます」ということでした。

<店長の伊勢さん>

限定銘柄ということで、店内には手作りの紹介文が張られており、
これを見て注文される方も多いようです。

<スタッフお手製の紹介文>

キーンと冷えた杯で傾けるすず音に合う小料理もおいしく、杯が進むこと間違いありません。
仕事が早めに終わったときの一服にどうでしょうか。

<杯も冷やされて出てくる「すず音」>

▲PAGE TOP