日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< April 2011 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
「日本酒系ソフト酒」の新製品が続々と登場です
そろそろこの辺で明るい話題に切り替えていくことにしましょう。

まず、賀茂泉酒造(広島県東広島市)の話題から・・・・
先週、ピンク色のソフト&スイート純米酒 COKUN(こくん)が発売されました。

 500ml: 8% : 1,155円(税込み)

「ごくん」だと飲料を飲むときの擬音ですが、それに似ているようで違いますね。
面白いネーミングなので常務の前垣壽宏さんに伺いましたところ、「女性がお酒を飲むときには、“ごくん、ごくん”ではなく、可愛いらしく“こくん、こくん”と少しずつ飲むでしょう」・・・ なるほど、そういうことですか。

 前垣壽宏常務

そう、このお酒は、明確に女性を意識した商品なのです。前垣常務も「おじさんには伝統日本酒を飲んでもらって、このお酒は女性だけに飲んでいただきたい」とはっきりと仰せでしたので、事務局で早速取り寄せて試飲してみました。

その主張は、商品の特徴にはっきりと示されています。まず、アルコール度数が伝統酒の半分の8%、色はピンク(赤色酵母を使用した自然の色)、そして味は甘酸っぱいフルーツのような美味しさ
女性だけではなく、アルコールに弱い方にも勧められるお酒ですし、純米酒ですから
伝統酒と混和してカクテルにしてもいけます。お試しください。

次の話題は武重本家酒造(長野県佐久市) から・・・・

 武重有正社長

≪その1≫
同社は、5月中旬、満を持して 瓶内二次発酵スパークリング日本酒の本格的な発売を開始します。その名も

泡泉花  
 300ml: 4~5% : 700円

社長の武重有正さんは、理詰めで慎重な性格の持ち主、瓶内発酵に伴う技術的な問題、瓶形、ネーミングなどの諸問題をクリアしながら2年近く試行錯誤を重ねてこられました。すでに1年以上前には試作品が出来上がっていたのですが、消費者の反応を確かめるために昨年3月の「蔵開き」で試飲・即売を試みたところ、用意した250本がほぼ2時間で完売になり、今年はそれを上回るという嬉しい結果が出たのです。

≪その2≫
次は、同社の主力商品となったヒット商品、「十二六」(どぶろく) のバリエーションの話題です。毎年冬の期間に数量限定で予約醸造・発売している 低アルコール(6%) の「十二六」シリーズ は、リピーターも増え、順調に需要を伸ばしているようです。その人気のほどは、下記のアンケート回答からも窺えますね。

≪東京都 | 40代 | 男性 | 酒販店(店頭)で購入≫

自分は去年からこの十二六を知り、良くにごり酒は飲んでいたのですが 十二六が出始めから終わりまではお世話になっています。とにかくサイコーです。

≪埼玉県 | 40代 | 男性 | 酒販店(店頭)で購入≫

いつもおいしくいただいております。一口飲んだときからとりこになりました。一日一日と味が変化するので楽しいです。発売日が待ち遠しい今日この頃です。

≪埼玉県 | 30代 | 女性 | 酒販店(店頭)で購入≫
今年も美味しく頂きました。毎日風味が変化するもの楽しみです。乳酸菌が生きている!!という感じです。昨年まで遠くまで買いに行っていましたが、HPに新しく近くの店舗が更新されていて手軽に手に入るようになり嬉しいです。

神奈川県 | 30代 | 女性 | 酒販店(店頭)で購入
どぶろく、という少し古臭い名前(失礼!)からは想像できないような甘みと、炭酸の泡や酸味も心地良く、とても美味しかったです。綺麗なグラスに注いで、デザート感覚で楽しみたいです。特に女友達に薦めたくなりました


さて、アイディアマンの武重社長は、「遊び心」と称してこの商品のカラー・バリエーション拡大に力を入れておられます。その一つが、昨年10月に商品化した

黒い十二六
どぶくろ 甘酸炭楽 

 600ml: 6% :1,300円

ラベルを見ると、「六」をひっくり返して「くろ」と読ませようしています。ギャグですね。なんでも整腸作用がある食用の「竹炭パウダー」(孟宗竹が原料)を使用しているとのことで、それで黒色なのです。試飲しましたが、黒色の持つイメージほどには味は変わらず、アルコール度数が低いのでやわらかく美味しいどぶろくでした

武重さん
は、「とにかくファンに飽きられないよう味を変えずにカラー・バリエーションを増やす」という方針で、目下、粉茶を入れて緑色また山ぶどうのエキスかワインを入れて紫色の製品を計画中だそうですが、さてどういうネーミングになるのでしょう??。
東日本大震災による会員会社の被害報告(続編)です
前回の報告で、酔仙酒造(岩手県陸前高田市)について述べましたが、その後、一関市に避難しておられる同社の金野社長と携帯電話での連絡が取れました。
まだ銀行口座が凍結されている状態で会員会社から寄せられた義捐金を振り込むことも出来ない状況の中で同社長は、「実際に出来るかどうか分かりませんが、蔵を再建することを決意しました」と力強く語っておられました。

壊滅的被害を被った陸前高田市で蔵が全壊・流失した同社の動向については、マスコミも関心を寄せており、「岩手日報」と「読売新聞」がほぼ同様の内容の記事を掲載していますので以下に転載します。
金野社長の日本酒造りへの熱い思いが早期に実ることを祈りたいと思います。

「岩手日報」(3月29日付)



「読売新聞」(4月14日付)
蔵元情報 4月 (2011)
■■■イベント■■■
◇千曲錦酒造
千曲錦酒造 新酒きき酒会
今年も、満開の桜とともに開催。アンテナショップ酒蔵 千曲錦 
4月17日(日)午前10時〜午後3時(駐車場完備)
ご来場の皆様に、千曲錦オリジナル“ききちょこ”プレゼント
千曲錦各種商品のきき酒、原酒味くらべ、酒粕汁・酒シャーベットサービス、お酒甘酒試飲即売、蔵見学などの内容を予定しております。
皆様、お誘い合わせの上、お気軽にお出かけ下さい。
・原酒味くらべ
この冬に仕込んだ吟醸、純米、普通の原酒3酒を味くらべ。今、この瞬間にしか味わえない旨さをぜひ堪能してください。
・千曲錦きき酒
千曲錦酒造にて醸したお酒のほとんどを試飲していただくことができます。この機会に、今まで飲んだことのないお酒にも挑戦してみてください。
蔵元一同心よりお待ちしております。


◇神戸酒心館
酒心館ホール 第20回桂南光と河田健のほのぼのジャズ倶楽部゙
 神戸酒心館でのほのぼのジャズ倶楽部も
皆様のご声援のおかげをもちまして今回で20回目を迎えました。
関係者一同心より感謝しております。
豪華メンバーでお送りします今回のコンサートを心ゆくまでお楽しみください。
【日時】
平成23年5月29日(日)
開場 午後3:30 開演 午後4:00
【料金】
3,500円(利き酒付・全席自由)
鏡開きがあります
【出演】
桂南光(Talk)
河田健(A.Sax)
上場正俊(Drums)
村松泰治(Bass)
中島徹(Piano)
ロアナシーフラ(Vocal)
【演奏予定曲】
 ・チュニジアの夜
 ・ワルツフォーデビュー
 ・ビューティフルラブ
 ・モナリザ
 ・河田健オリジナル 他 
 ※都合により曲目が変更になることがございます。
【お申し込み方法】
 078-841-1121 までお電話下さい。
 もしくは、お名前・ご住所・お電話番号・イベント名・チケット枚数を明記の上、
 e-mailにてinfo@shushinkan.co.jp へご連絡下さい。
開場時のご案内はチケット右上の整理番号の若い順番からご案内いたします。


◇酒井酒造
山口地酒の祭典 新酒発表会2011
山口県下18蔵で今酒造期に醸された新酒を中心に、
普段呑むことのできない鑑評会出品酒や、
オリジナル県産米「西都の雫」でできた地酒を
心ゆくまでご堪能いただけます。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
日時:平成23年4月16日(土)17:30〜20:00(受付17:00)
場所:周南 ザ・グラマシー ブルーオーシャン
    周南市桜馬場通3−16
    TEL0834-32-5000
会費:5,000円(お食事、お土産つき)
新酒発表会2011のチラシはこちら→2011jizakenosaiten.pdf
詳しくは山口県酒造組合まで
TEL 083-973-1710


■■■試飲会■■■
◇宮坂醸造
☆ 大宮そごう 4月12日(火)−18日(月)
☆ 京王百貨店 新宿店 4月14日(木)−20日(水)
☆ 丸井北千住店 食遊館 5月3日(火)−8日(日)

◇神戸酒心館
【関東】
・そごう 柏店       4月5日(火)〜4月11日(月)
・そごう 横浜店      4月26日(火)〜5月2日(月)
【関西】
・北花田阪急       4月6日(水)〜4月12日(火)
・京阪 京橋店      4月14日(木)〜4月19日(火)
・神戸阪急         4月26日(火)〜5月3日(火)

◇今西清兵衛商店
日時/平成23年 月 日 〜  月 日  伊勢丹 浦和店 (埼玉県)
※延期になりました※
日時/平成23年 4月 7日 〜  4月13日  東武百貨店 池袋店 (東京都)
日時/平成23年 4月13日 〜  4月19日  阪急百貨店 千里店(大阪府)
日時/平成23年 4月21日 〜  4月27日  近鉄百貨店 阿倍野本店 (大阪府)
日時/平成23年 5月18日 〜  5月24日  JR京都伊勢丹 (京都府)
日時/平成23年 5月27日 〜  5月29日  北千住マルイ (東京都)
日時/平成23年 5月31日 〜  6月 6日  そごう 横浜店 (神奈川県)
日時/平成23年 8月 4日 〜  8月10日  近鉄百貨店 橿原店 (奈良県)
※百貨店試飲販売情報、試飲会情報はメールマガジンでもお知らせしています。


■■■製品情報■■■
◇橘倉酒造
秘蔵酒 大吟醸生原酒 斗瓶囲
蔵元がお届けする今冬の渾身の一滴『大吟醸生原酒 斗瓶囲』
ネット限定20本をご用意できました。
大吟醸を搾る時、斗瓶と呼ばれる18リットル入りの(一斗)
ガラス容器に取り分けて貯蔵したお酒を「斗瓶囲」といいます。
大吟醸生原酒は現在一般流通には乗らない、
まさに蔵元を代表する秘蔵酒です。
今冬の渾身の一滴を、生原酒の風味を是非お試しください!
ネット限定20本をご用意いたしました。
4,500円(税込)


きつくらスイーツ  『コンフィチュール』
あま酒のコンフィチュール、ネット販売再開いたします!
地元の人気洋菓子専門店「ピータース」ときつくらが
共同開発したスイーツのひとつ。
「きつくらの手造りあま酒」を煮詰めて洋風仕立てにした
今までにないコンフィチュール(ジャム)です。
850円(税込)


◇宮坂醸造
「吟醸 生酒」は4月9日より
さらりと美味いソフトタイプ生酒
真澄の夏の酒「吟醸 生酒」。今年は4月9日から出荷を始めます。
真澄・富士見蔵で冬に仕込み、低温でじっくり熟成させました。
今年は硬くて融けにくい難しい米だったということで、
「いつもより軟らかめにしたつもりだが、
それでも融けにくかった」とのこと。
結果的にはすっきりときれいな酒質になりました。
これからの良い季節に向かい、
毎年人気の夏の真澄を是非お楽しみください。
米は長野県産美山錦100%、酵母は七号。
八ヶ岳のふもと・富士見蔵からお届けします。
720ml箱入 1,376円 (税込)
720ml箱無 1,313円(税込)
300ml箱無 546円(税込)


◇千曲錦酒造
限定販売「純米大吟醸 生酒 全量山田錦五十%磨 千曲錦」
酒造好適米「山田錦」を自家精米で精白し、
全量使用した純米大吟醸生酒です。
今年の新酒きき酒会に向けての特別な商品として出荷致します。
吟味した原料を使い、伝統的な寒造りにこだわりながら、
あえてコストパフォーマンスを追及した本数限定商品です。
アルコール : 15.0%
日本酒度 : +3〜+−0
酸度 : 1.4〜1.7
原料 : 米・米麹
麹米 : 山田錦
掛米 : 山田錦
精米歩合 : 50%
酵母 : 協会18号
720ml  1,300円(税込)


◇花の舞
純米無ろ過生原酒
※季節限定商品(4〜8月)※生酒(要冷蔵)
静岡県産山田錦を使用し、濾過、加水、火入れを一切行わずに瓶詰めしました。
酒本来の旨み、香りを楽しんでいただける生まれたままの無垢な酒になります。
今まで蔵元でしか飲めなかった味をお楽しみ下さい。
原料米 静岡県産山田錦
精米歩合 60%
日本酒度 +5
酸度 2.2
アルコール度 18.5度
容量 720ml


◇神戸酒心館
甑倒し|純米生酒  [4月より発売]
甑倒し【仕込みの仕上げは甑で】
お酒の出来を左右する「米の蒸し具合」米を蒸す道具は甑と呼ばれます。
「甑を倒す」ことは米を蒸す作業の仕舞、ひいて醸造期最終仕込みの印。
この純米の生酒は、艶と旨味が楽しめるつややかな個性を持ちます。
米のうまみを十分に引き出した幅のある味わい。
720ml 1,680円


◇嘉美心酒造
純米大吟醸原酒生 720ml (4月5日発売)
際立った個性を持った非常に滑らかな心地よい香りと、
最高のバランスの甘み、酸味が絶妙な調和を見せる。
大吟醸をしぼって直ちに瓶詰めした後、
直ちに冷凍保存した大吟醸の原酒の生酒です。
相性の良い料理 天ぷら、刺身 えびの塩焼きなど
アルコール 16%台
720ml ¥2,730(税込)


特別純米生酒 (4月5日発売)
輪郭のはっきりした華やかな香りと、滑らかで透明感の高い甘みを持つ。
搾ってすぐにボトリングし、
−18度で凍結保管しているので生酒本来の味を保持しています。
相性の良い料理生ガキ、小鴨のロースト、天ぷら、刺身など。
アルコール 16%台
日本酒度 −2.0
酸度 1.5
アミノ酸度 1.5
720ml ¥1,523(税込)
300ml ¥662(税込)   


生酒  (4月5日発売)
透明感のある香りと、後味の良い旨味を兼ね備えた作品。
搾ってすぐにボトリングし、
−18度で凍結保管しているので生酒本来の味を保持しています。
相性の良い 料理刺身、天ぷら、豆腐料理など。
アルコール 16%台
日本酒度 −0.5
酸度 1.5
アミノ酸度 1.5
生酒720ml ¥1,200(税込) 
300ml ¥515(税込)   


特別純米生一気 300ml (4月5日発売) 
青リンゴ、キウイ等の華やかな香り。
スッキリとしたなめらかな甘味に優しくフレッシュな酸味が
調和したマイルドな味わい。
アルコールを13%台と押さえているのでスッキリと飲みやすい。
搾ってすぐにボトリングし、
−18度で凍結保管しているので生酒本来の味を保持しています。
相性の良い料理シーフードサラダ、白身魚のムニエルなど。
アルコール 13%台
300ml ¥609(税込)


生一気 300ml (4月5日発売)
透明感のある香りと、後味の良い旨味を兼ね備えたマイルドな味わい。
アルコールを13%台と押さえているのでスッキリと飲みやすい。
搾ってすぐにボトリングし、
−18度で凍結保管しているので生酒本来の味を保持しています。  
相性の良い料理生ガキ、小鴨のロースト、天ぷら、刺身など。
アルコール 13%台
¥410(税込)


◇賀茂泉酒造
「COKUN」(こくん)新発売 (2011-03-30)
4月21日新発売!
白いお米から酵母の自然な力できれいなピンク色に色づいたお酒(日本酒)です。
甘さほんのり、マイルドな飲み心地が愉しめます。
「ピンク色の訳は酵母の自然な力だけ」
清酒酵母のうち核酸のひとつ「アデニン」を自分で生成することができず、
赤く色づく酵母がいます。
昔から稀に醪が赤くなる現象を「猩々もろみ」と呼んでいたそうです。
その特殊な酵母(アデニン要求性酵母)だけで
仕込まれたお酒が「COKUN」(こくん)です。
通常の清酒と同じ白い米から出来ていますので、
着色料や赤色の原材料などは一切使っていません。
だからやさしい自然なピンク色なのです。
そのまま飲んでも甘酸っぱいフルーツのお酒のように飲めますが、
炭酸やソーダ割り、ライムやレモンなどの柑橘類のスライスを
添えたりしても美味しく召し上がることが出来ます。
原材料:米・米こうじ(国産米100%)
アルコール度数:8度
極甘口
500ml 1,155円(内税)
※商品は要冷蔵となっております。これは、お酒のピンク色が
紫外線や温度変化によって変色する事がある為です。
なお、変色した場合でもお酒の品質に問題はございません。


造賀純米酒
造賀(ぞうか)」とは、賀茂泉の山田錦の田圃がある地名です。
当蔵から北へ6km程、標高350mの高原に広がる圃場は日照、
水利、寒暖条件に優れており、品質の高い酒米が栽培されています。
また農家と酒蔵、JA、行政とが一体となって
「東広島酒米栽培推進協議会」を結成し、より良い酒米作りに努めています。
熱意ある農家に愛情を込めて栽培していただいた山田錦で仕込んだ純米酒です。
山田錦ならではの柔らかでキメの細かい口当りが特長です。 
ふくらみのある旨味があり、料理との相性もよい純米酒に仕上がっています。
賀茂泉・純米醸造酒の新しい定番酒としてラインナップします。
使用米:広島県東広島市高屋町造賀地区産山田錦100%
精米歩合:65% アルコール度数:15度 
使用酵母:協会901号 日本酒度:±0前後 酸度:1.8前後
甘辛度:やや辛口
1.8L 2,625円(内税)
720ml 1,365円(内税)



◇梅錦山川
純生大吟 500ml
平成23年4月15日より販売開始。8月31日まで。
日本酒(純米大吟醸酒)
原料麹米:山田錦/50%
掛米:山田錦/50%
日本酒度+3.5
酸度1.6
アルコール度15.3%
500ml 989円


■■■その他■■■
◇一ノ蔵
イベント中止のお知らせ。 
この度の東北地方太平洋沖地震の影響により下記イベントを中止させて頂きます。
楽しみにされていた皆様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
何卒、ご賢察の程、宜しくお願い申し上げます。
中止となるイベント
第29回 一ノ蔵日本酒大学について(3月26日・27日)
第18回 一ノ蔵蔵開放について(4月23日)
第19回 大阪「一ノ蔵を楽しむ会」について
第23回 札幌「一ノ蔵を楽しむ会」について

◇宮坂醸造
ささやかなチャリティー試飲会
3月19日、中止となった「春の呑みあるき」ですが、
急なことだったので知らずに来場されるお客様もいらっしゃるのでは‥‥
ということで、ささやかな「チャリティー試飲会」をご用意しました。
ご来場のお客様は少なかったですが、
皆さん快く募金に応じてくださいました。
合計24,951円の募金をいただきました。
日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。
皆様、ありがとうございました。
「秋の呑みあるき」は10月8日を予定しています。
秋にはみんなが笑顔で集まれるよう、心から祈っています。


◇千曲錦酒造
春の小皿キャンペーン
ご好評をいただいた2010「ききちょこキャンペーン」に続く
第2弾としてこの春、「小皿キャンペーン」を開催!
この機会に是非、千曲錦の定番酒をお試しください。

▲PAGE TOP