日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2012 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
横浜港・大桟橋 国際客船ターミナル の 「サムライストア」 へ行ってきました ― 続編です。
28日、超大型豪華客船「ドーン プリンセス」(Dawn Princess)(76日間太平洋一周)入港の知らせに接し、夕刻横浜港大桟橋へ。

この超大型豪華客船を一目見ようという観光客でターミナルは賑わっていました。
それに船の接岸場所がベイブリッジ側でしたのでターミナルの屋上庭園からはみなとみらい地区が一望できました。


 みなとみらい地区を臨む


 ターミナル屋上

さて、この船 「ドーン プリンセス」 は、約7万7千トン、飛鳥兇量1.5倍、乗客定員は2倍の1,950人ですからやはり巨大です。大型ビルを思わせますね。 この日の乗船客数は、約1,500人とのことでした。




格納されている救命艇も大型

さて、肝心の「サムライストア」の日本酒コーナーはどうだったでしょうか。
期待どおりでした !! 12時間の日本滞在後、18時の出港を前にして大勢の乗船客が日本酒コーナー前に詰めかけていました。試飲そして購入へ・・・ サービス担当の「名酒センター」代表・竹林ゆうこ さんは、説明・試飲・販売と大忙しの様子でした。




    竹林ゆうこさん(左)



竹林さんのお話では、「1日で相当数売れましたが、でも円高もあって3千円クラスの高額商品はなかなか難しいですね。それと日本酒のアルコール度数の高さを気にする方がかなりいます」。そばで観察していますと、わが賀茂泉酒造「米米酒」は、この中で唯一の低アル酒なので試飲の反応はよく、売れていました。 同じ理由で梅酒への反応もよかったようです。
ただ、外国人向けに英文の首掛けがあればと思いました。

出航時間の18時を前にしてお客さんがまばらになってきましたので外へ出てみると、女子中学生のブラスバンドが、歓迎セレモニーの一環として乗船客へ向けてポピュラーミュージックを連続演奏していました。乗船客も船室の外、あるいは甲板に出て子供たちの演奏に大喜び、一曲終わるごとに拍手と歓声 ・・・ 微笑ましい国際交流風景でした。








定刻になると、ブラスバンドが「上を向いて歩こう」を演奏する中、巨船は汽笛を二つ鳴らして静かに桟橋を離れていきました。 船を見ていると気持ちがゆったりとしてきますし、また船には風情があっていいですね。


 優雅な「プリンセス」の離岸風景

この日、偶然にも産経新聞が、「神奈川版」で「飛鳥供廚鮹羶瓦帽覯攀卅イ瞭箪献據璽犬鯀箸鵑任い泙靴拭
それによると、
海外からの客船の場合、1隻で約2億円、国内クルーズの場合、約4千万円の経済効果がある。
横浜港の客船寄港数は、平均年間120隻、日本客船の寄港数は、国内主要港9港のうち9年連続でトップを記録している。
課題としては、外国籍の客船が大型化しているため、海面から橋下までの高さが55mの横浜ベイブリッジを通過できない船が増えてきたということ。 したがって、高さが62mのクイーンメリー兇蓮大桟橋が使えない。

ともあれ、この「サムライストア」というユニークな場所での日本酒売り場が、長く定着することを祈りたいところですが、竹林さんによれば、販売免許がとりあえず10月末までということなので、その後は未定だそうです。





横浜港・大桟橋 国際客船ターミナル の 「サムライストア」 へ行ってきました。
横浜の観光名所の一つに通称「大桟橋」と呼ばれる客船ターミナルがあります。 中には大ホールがあり、また屋上は公園になっていて、みなとみらい地区が一望できます。


 大桟橋入り口


 ターミナル内部


 飛鳥

大型豪華客船「飛鳥供廖別5万トン)が入港するという情報を入手しましたので出かけました。
この「浮かぶホテル」はさすがに巨大です。

ターミナルの中には6〜7軒のショップがあり、その一つが、甲冑など時代劇グッズを扱っているユニークな店「SAMURAI STORE」(サムライストア)です。


 サムライ ストア(左)

 
試飲販売の日本酒コーナーとオーナーの桐田さん

骨董屋で古い甲冑を見かけることはありますが、新しいものを展示している店は珍しいですね。
鹿児島県の甲冑工房『丸武』の職人衆によって製作されているそうですが、実に見事です。
この店のオーナーでサムライストア・インターナショナル社の桐田社長のお話では、最近3ヵ月間で受注した甲冑は、3点とのこと。


「復興を祈る甲冑」と命名さているこの甲冑、価格は、注文製作で72万円。


「直江兼続 具足写」というこの甲冑は、大河ドラマ「天 地 人」のためにデザイン・製作されたもので、価格は、141万円。



甲冑を試着できる「TRY ON サービス」もあります(3千円)。

この店で7月から名酒センター(港区浜松町)が、日本酒の試飲・販売をしています。9銘柄が展示されていてその中にわがSRN会員の『ソフト&ライト』タイプが1銘柄含まれています。トップバッターに指名されたのが、武重本家酒造(長野県) の『 十二六 LITE 』 。
これが1ヵ月余りで在庫ゼロとなり、次に登場したのは、賀茂泉酒造(広島県) の 「胃潰瘍が治るライスパワーエキス101」入り『米米酒』(写真真ん中に見える青ラベルの白い瓶。500ml・1,155円) です。 このお酒は、海外でも好評です。


桐田オーナーのお話では、「甲冑と日本酒のイメージが合いますので、外国人のお客さんで日本酒を購入する方が増えています」とのこと。

それにしてもこのお店、よくもこんなに戦国グッズがあるものだと感心するほど多種類の小物土産も取り揃えていまして、なんと飴までが武将ラベル、そこで「上杉謙信」(左)と「直江兼続」を買い求めました。


今月28日には、「太平洋一周76日間」の豪華客船「ドーン・プリンセス」が入港するとのことなのでまた出かけてみましょう。この船は、約7万7千トン(乗客定員1950名)、「飛鳥供廖920名)よりもさらに大型の船のようですから、見るだけでも価値がありそうです。 多くのお客さんが日本酒に目を留めてくれれば嬉しいのですが・・・・。
「日本酒やお米がある風景を描く」 絵画コンテストの表彰式が行われました。
これまで10年間、「日本酒やお米にまつわる光景・風景を描く」絵画コンテストを実施してきましたが、8月12日、10回目の表彰式が 蠖生夕鮨幹酒心館ホール で行われました。


酒蔵の雰囲気を醸し出す長屋門

この長屋門を入って右手の物販館のそばに小さな田んぼがあり、毎年山田錦が栽培されています。今年も猛暑にもかかわらずすくすくと育っておりました。



また、左手には料亭 「さかばやし」 がありますが、その前にある畑の真っ赤に色づいたトマトが印象的でした。 都会の酒蔵にもかかわらず自然の風景を残していること、阪神電車「石屋川」駅からも徒歩10分以内、しかも門前にはバスも入る広い駐車場があってこの料亭はいつも賑わっているようです。この日も昼食時に覗いてみましたら満席でした。




表彰式は、櫻井武寛SRN代表幹事(一ノ蔵会長)のご挨拶 〜 大森審査委員長の審査評 〜 表彰状・賞金・賞品授与 〜 安福幸雄SRN副代表幹事(神戸酒心館会長)の閉会ご挨拶・・・の流れで行われました。

 
     櫻井代表幹事          大森審査委員長

    
      受賞風景           安福副代表幹事
応募作品数は、66点、今年も最優秀賞の該当者はなく、次の3人の方々が優秀賞(賞金3万円)
を受賞されました。
■ 神田耐三さん(芦屋市)
■ 泉川博之さん(芦屋市)
■ 天野正彦さん(神戸市)



    作品展示会場

《優秀賞》
                 
天野正彦 『美酒万歳』        『泉川博之 『がんばれ日本』


神田耐三 『岩村の蔵元』

《SRN賞》 の受賞者は、次の方々です。
■ 及川尚子さん(仙台市)
■ 伊郷武治さん(寝屋川市)
■ 種田好宏さん(明石市

    
伊郷武治 『神戸酒心館』         『及川尚子 『山の神より』

 
種田好治 『造り酒屋の休日』

今回は、子供さんの受賞作品は2点でしたが、佳作(6点)に入選された
犬塚琉理さん(碧南市)(小1) の作品について大森先生は、「ほほえましい、大人には描けない作品」と称賛しておられました。


犬塚瑠理『たんぼのかえるとにらめっこ』

なお、このコンテストは、一応10年を区切りとして今回で終了することになりました。 ご協力いただきました審査委員を始め関係者の方々、コンテストに関心を寄せられ応募していただいた各地の多数の方々に厚く御礼申し上げます。 新たな構想を持ってこれからも文化事業と取り組んでいく予定でおります。

蔵元情報8月(2012)
■■■イベント■■■
◇一ノ蔵 
松山酒ミュージアム
8月7日より「阿部 浩 ペン画の世界展」を開催します。

阿部 浩氏は宮城県登米市出身で、2003年より本格的にペン画に取り組み、
失われつつある故郷宮城の懐かしい風景を中心に描き、
これまでに多くの個展を開催してきました。
1本のペンのみで、線の強弱、陰影を巧みに駆使して描いた絵画は、
見る人をその世界へ引き込ませます。
夏休みをご利用して是非、足をお運びください。
企画展名:阿部浩 ペン画の世界展
開催期間:8月7日(火曜日)〜9月9日(日曜日)まで
観覧時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日お休み)
入館料:大人300円、子供150円
お問合せ:松山酒ミュージアム 電話0229-55-2700

◇富久錦
みんなで作ろう手づくりクラフト展
FUKUKURA CRAFT WORK SHOP 2012
2012/7/24(火)− 2012/8/19(日)
手づくりクラフト展とは・・・
手づくりクラフト展とは7人の作家さんによる「クラフト教室」と「作品展示」が
同時に楽しめるイベントです。
昨年ご好評頂きました手づくりクラフト展を大幅リニューアル。
今年は新たにつる細工、草木染め、陶芸、絵本といった体験プログラムが増えました。
体験プログラムにもよりますが、お子様から大人の方までお楽しみいただけます。
是非この機会に親子でものづくりを楽しみませんか。
また、同時にクラフト展で講師を務めてくださる7人の作家さんによる展示も
行っておりますのでクラフト教室に参加されない方も十分お楽しみ頂けます。
夏休みはお子様と一緒にふく蔵へ!!
http://www.299.jp/craft2012allweb.jpg

◇神戸酒心館
「日本酒やお米がある風景を描く」絵画展 開催
日本酒は民族古来の酒であることから全国各地に酒蔵がございます。
そこにはそれぞれの独自の雰囲気が漂っています。
そうした伝統的な酒蔵の風景のほか、その味を楽しんでおられる食卓の情景、
食器などに加えて、原料となるお米についても
田植えや稲刈りなどの風景も描いていただくことにより
日本酒に一層親しんでいただきたいと願い、絵画展を開催いたします。
皆様のご来場、ご高覧をお待ちしております。
【期間】8月7日(火)から8月15日(水)
AM 10:00 〜 PM 5:00 (入場PM 3:00まで) 
入場無料
(表彰式 8月12日(日) 11:00から酒心館ホールにて)
【場所】神戸酒心館ホ−ル(豊明蔵)
【主催】日本ライスパワー・ネットワーク
【参加蔵元】螳譽梁◆一宮酒造、蠖生夕鮨幹曄武重本家酒造
【協賛・協力】たる出版蝓▲▲錺ミファクトリー、アイ工房
【巡回展について】
神戸酒心館ホールでの展示の後、各参加蔵元で巡回展の開催が予定されています。
一ノ蔵(宮城県大崎市)Tel:0229-55-3322
  「まつやま酒ミュージアム」 
  参考URL  http://www.ichinokura.co.jp/museum.html
  平成24年12月1日〜25年1月28日(予定)
一宮酒造(島根県大田市)Tel: 0854-82-0057
<お問い合せ先>
神戸酒心館 事業部 
イベント担当(担当:菅野まで)
Tel 078-841-1121

●涼を呼ぶクールな"SAKE"「ゆかた納涼大会」
暑い夏、クールな"SAKE"で、人気のサケロック&凍結酒で楽しみましょう!
よしもと若手芸人の出演も決定!
選りすぐりの清酒と蔵の料亭「さかばやし」のお料理をお楽しみいただきます。おいしい、楽しいがいっぱいの神戸酒心館。皆様のご参加を心よりお待ちしています。
開宴日時:平成24年8月25日(土) 
第一部 17:00〜18:00 神戸酒心館の庭で夕涼み
第二部 18:00〜20:00 酒心館ホールでお食事・お酒
開宴場所:?神戸酒心館 神戸市東灘区御影塚町1-8-17
会  費:お一人様 男性 6,000円 / 女性 5,000円(税込)
お問合せ:?神戸酒心館(担当 藤生 ふじゅう)
Tel.:078-821-2913
お申し込みは、8月17日(金)までにお願いいたします。

酒心館ホール(10.3) 第29回 桂文珍 春秋落語会
第二十九回 桂文珍 春秋落語会
秋の夜長を酒心館寄席でお楽しみください。
7月2日(月) 午前10時よりチケットお申し込み受け付け開始!
【日時】 2012 年 10月 3日(水)   
     開演 19:00 (開場18:30 )
【料金】 3,000 円(全席自由)
※チケットの整理番号順に会場へご案内します。
出演 桂文珍 他
会場 神戸酒心館ホール
主催 神戸酒心館
【お申し込み方法】
チケットお申し込み受け付けは7月2日(月)午前10時より開始いたします。
神戸酒心館 事業部(Tel.078-841-1121 )までお電話ください。


(9.15)【第73回 酒蔵文化道場】『人と蚕の新時代・・・健康素材への期待・・・』
【第73回 酒蔵文化道場】
題目:『人と蚕の新時代・・・健康素材への期待・・・ 』
講師:帝塚山大学 食物栄養学科 理学博士・管理栄養士
    中村 照子 氏
蚕は古来より神木と崇められている桑の葉だけを食べ、その小さな身体から1000mにも及ぶ美しい絹を短期間に績みだす神秘の生物ですが、その実態はあまり知られていません。
 人と蚕の歴史は古く約6000年も前から繋がっていました。また、宮中では“皇后御親蚕”という形で養蚕が伝統文化として引き継がれていること、さらには最近の研究により桑、蚕、絹に含まれる機能性成分が人と蚕の新時代を創る可能性を秘めていること、などなど・・本講演では蚕にまつわる興味深い話題をいくつか紹介させていただきます。
【日時】 2012年9月15日(土)  開演 16:00
【料金】ビジター会費 2,000円
 講演の後、講師を囲んで懇親会がございます。(要予約・別途 4,000円)
【お問い合わせ・お申し込み】
 神戸酒心館 事業部  Tel:078-841-1121  までお電話下さい。
 または、Email: info@shushinkan.co.jp までご連絡ください。

◇嘉美心酒造
第6回「嘉美心蔵開放」について。
毎月好評いただいております「酒蔵開放」ですが、
今回、普段遠くて来られない皆様にぜひ足をお運びいただきたいと、
お盆休み真っ只中の8月12日(日曜日)に開催いたします!!
場所はいつも通りの嘉美心酒造(瓶詰場)です。
ぜひ嘉美心酒造まで遊びにいらしてください。
今回は、お盆休み特別企画としまして
「抽選でカブトムシプレゼント」致します。
嘉美心のカブトムシ名人蔵人の片岡(通称;ツルちゃん)です。
すでにつがいで30組捕まえてます。
当日はカブトムシ相撲や捕獲マル秘テクニックをこっそり教えたりします。
そのほかにも無料きき酒やかき氷などももちろん行っております。
ご家族みんなで楽しめると思いますので、
帰省されたご家族と「おいしい」ひとときをお過ごし下さい。


■■■試飲会■■■                                  
◇一ノ蔵
■県外■
8月15日〜8月21日………JR京都伊勢丹 地下1階酒売り場
■県内■
仙台市内
8月6日〜8月8日…………エスパル地下 酒仙蔵吉岡屋エスパル店  10時〜18時
8月6日〜8月8日…………名掛丁 ラ・サーミビル前        11時〜18時
8月7日〜8月8日…………仙台空港2階 地酒や華の蔵仙台空港店  11時〜18時
8月10日〜8月12日………仙台三越定禅寺通り 地下1階酒売り場  10時〜19時
8月18日〜8月19日………仙台駅1階 地酒とワインの店 ケヤキ  10時〜18時
                                   
◇神戸酒心館
【関東】
・新宿  高島屋    8月8日(水)〜8月14日(火)  
・浦和  伊勢丹   8月15日(水)〜8月21日(火)
・池袋  西武     8月22日(水)〜8月28日(火)
 【関西】
・宝塚  阪急     8月1日(水)〜8月7日(火)
・神戸  そごう    8月7日(火)〜8月13日(月)
・西宮  阪急     8月8日(水)〜8月14日(火)
・心斎橋  大丸    8月15日(水)〜8月21日(火)
・梅田  阪神     8月22日(水)〜8月28日(火)
・京都 高島屋    8月22日(水)〜8月28日(火)

◇今西清兵衛商店
日時/平成24年 8月 3日 〜  8月 5日  北千住マルイ(東京都)
日時/平成24年 8月21日 〜  8月27日  そごう神戸店(兵庫県)
日時/平成24年 8月29日 〜  9月 4日  高島屋 大阪店(大阪府)
日時/平成24年 9月25日 〜 10月 1日  大丸 東京店(東京都)
日時/平成24年12月13日 〜 12月19日  近鉄百貨店 上本町店(大阪府)
日時/平成24年12月28日 〜 12月31日  西武百貨店 八尾店(大阪府)
※百貨店試飲販売情報、試飲会情報はメールマガジンでもお知らせしています。


■■■製品情報■■■
◇奥の松酒造
梅酒全国制覇利き酒大会にて、
「奥の松 うめとろ」が初出品初優勝を致しました。
『梅酒2012全国制覇 利き酒大会』(愛媛県今治市で6月開催)にて
弊社のリキュールである【うめとろ】が堂々の1位を獲得しました!!!
初出品初優勝です!!
全国61蔵が出品した123種類の梅酒から来場者約2千人の投票で
順位が決まりました。
そんな123分の1位に輝いた弊社の【うめとろ】気になりませんか?!
甘みと香りが贅沢な完熟梅酒と自社の特別純米酒を
ほどよくブレンドした「うめとろ」。
まろやかでとても上品な梅酒が、
奥の松オリジナルのとろとろ梅リキュールに生まれ変わりました。
完熟梅の味わいと日本酒のうまみをたっぷりとご堪能下さい。
アルコール分/13度
原材料/梅(国産)、原料用アルコール、清酒(特別純米)、オリゴ糖、砂糖
容量/500ml  1,260円(税込)


◇千曲錦酒造
葉月の千曲錦  吟醸生貯蔵酒 吉田屋治助
容赦なく照りつける真夏の太陽の遮られることのない突き刺さるような強さこそ
夏の醍醐味である。日が沈むと、山々から吹きおろす風が其処此処に
溜まっている熱を吹き去ってゆくのもまた、信州の夏ならではだろう。
そんな夏の宵には、きりっと冷えた冷酒がふさわしい。
期創業天和元年(1681年)より330年―。
屋号「吉田屋」と初代社長の名「治助」を冠して命名された
「吉田屋治助」シリーズに 新しく吟醸生貯蔵酒が登場しました。
全量長野県産美山錦を使用し、浅間山系天然伏流水で仕込んだ吟醸生貯蔵酒です。
すっきりとして軽快な味わいとフルーティーな香りは夏にふさわしい逸品です。
アルコール : 15.3%
日本酒度 : +3.0
酸度 : 1.3
原料 : 米・米麹・醸造アルコール
麹米 : 美山錦(長野県産)
掛米 : 美山錦(長野県産)
精米歩合 : 55%
酵母 : 長野酵母
500ml  1,050円(税込価格 )


◇花の舞酒造
食中酒におすすめ 「本醸造 生貯蔵酒」
暑中お見舞い申し上げます。
毎日暑い日が続きますがお元気でお過ごしでしょうか。
夏を元気に乗り切るためには食べるのがいちばん。
そこで、今月のイチオシは食事をしながら飲むのにぴったりなお酒
「本醸造 生貯蔵酒(なまちょぞうしゅ)」です。
花の舞では、「つう」などでお馴染みの本醸造酒は
製造後火入れ(加熱殺菌)をして貯蔵し、
さらに、出荷の際にもう一度火入れを行っています。
しかし、この「本醸造 生貯蔵酒」は製造後火入れをせずに生で低温貯蔵し、
出荷する時にだけ火入れをしています。
つまり、特別な本醸造なのです。
名前が長いので、蔵では縮めて「生貯(なまちょ)」と呼んでいますが、
「生貯」の特徴はなんと言ってもフレッシュな味と香りが楽しめることです。
蔵の青木副杜氏は
「すっきりして飲みやすいので、食事とともに飲む食中酒としておすすめします。
ぜったい食事に合います」と太鼓判を押しています。
生貯はさわやかなグリーンボトル入り。
それを冷蔵庫で冷やし、夏の料理とともにお楽しみください。
720m l840円(税込)  300ml 373円(税込)
原料米/静岡県産米
精米歩合/60%
アルコール分/14.5%


◇増田徳兵衛商店
『稼ぎ頭』新発売
ワインのようなしなやかなボディ確かな仕事を感じる純米酒。
300余年の老舗蔵元から新発売。
豊かな香りとボディは、ワイングラスなどで、一層深く味わえます。
山田錦使用
度数 8 度
720 ml  2,310円


◇丹山酒造
夏の冷酒お詰め合わせ
純米大吟醸・純米吟醸[500ml × 2本]
芳醇な吟醸香の中にも爽やかな口当たりの夏の冷酒セットです。
セット内容 ・純米大吟醸…500ml × 1本
・純米吟醸…500ml × 1本
価格 [ 2本セット ]  5,250円


京の旬・飯櫃お詰め合わせ(京の旬×2・飯櫃×1)
爽やかな辛口と甘酸っぱさが新鮮な白ワイン風のお酒のセットです。
先様にも楽しんでいただけます。
セット内容 ・京の旬…500ml×2本
・飯櫃…500ml×1本
価格 [ 3本セット ]  5,250円


◇富久錦
【9月8日解禁】 特別純米ひやおろし 
【秋限定酒】ご予約受付中!
【9月8日解禁!秋の風物詩ひやおろし】
「ひやおろし」とは、
春にできた新酒を夏のあいだ蔵の中で
熟成させた秋あがりのお酒のことをいい、
低温でじっくり熟成させることにより
味と香りのバランスが整い、
お米の旨みがたっぷりと引き出されています。
今年の『特別純米ひやおろし』は
低温貯蔵庫のタンク内でほどよく熟成し、
山田錦の芳醇さと旨みがしっかりとした
すばらしい味わいに仕上がりました。
さんまなど脂ののったお料理に、相性ぴったりの
特別純米ひやおろしを是非ご賞味ください。
この毎年ご好評をいただいております「ひやおろし」は、
数に限りがあり、すぐに品薄状態となってしまいますので、
お早めにご予約くださいませ。
9月8日より発売いたしますので、
9月9日以降のお届けとなります。
■原材料:米・米麹
■原料米:加西産山田錦100%使用
■精米歩合:70%
■アルコール度数:15度以上16度未満
1800ml 2,800円 720ml 1,400円


【9月8日解禁】 純米吟醸ひやおろし 720ml
今年の『純米吟醸ひやおろし』は
低温貯蔵庫のタンク内でほどよく熟成し
流れるようなきれいな味わいに仕上がりました。
秋の茸や芋などの淡白なお料理に、相性ぴったりの
純米吟醸ひやおろしを是非ご賞味ください。
この毎年ご好評をいただいております「ひやおろし」は、
数に限りがあり、すぐに品薄状態となってしまいますので、
お早めにご予約くださいませ。
■原材料:米・米麹
■原料米:加西産山田錦100%使用
■精米歩合:60%
■アルコール度数:15度以上16度未満
720ml 1,800円


◇本田商店
【特別純米 龍力 山田錦 生酛仕込み】最高金賞を受賞
◎暑い夏に熱〜いお知らせ◎
スローフードジャパン主催『第四回燗酒コンテスト2012』にて、
【特別純米 龍力 山田錦 生酛仕込み】が極上嫺酒部門、最高金賞を
受賞いたしました☆☆☆
龍力の【生酛仕込み】、第一回、第三回に続き三度目の受賞です!!!


◇神戸酒心館
2012年 ISCにおいて「福寿 純米吟醸」が最高金賞を受賞しました
株式会社神戸酒心館は、国際品評会「2012年インターナショナル・サケ・チャレンジ(International Sake Challenge)」において、「福寿 純米吟醸」が純米吟醸部門で最高金賞(TROPHY)を受賞しました。
インターナショナル・サケ・チャレンジは、国際市場における日本酒に対する
理解及び認識を向上させ、流通と販売を促進することを目的に開始された
名誉あるコンクールです。
欧米のワイン専門家と、松崎晴雄氏やジョン・ゴントナー氏を代表とする
日本酒のエキスパートによる厳正な審査を経て、
それぞれ最高金賞・金賞・銀賞・銅賞の賞が与えられます。
これからも、受賞の名に恥じない酒造りに徹し「神戸の地酒」として
皆さまに親しまれる蔵元を目指してまいります。
日頃のご愛顧に感謝するとともに、今後とも「福寿」にご支援賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。
<ISC2012 結果>  ★出品酒すべてが各部門でメダルを受賞致しました
【純米吟醸酒の部】 <最高金賞> 福寿 純米吟醸
【純米酒の部】   <銀賞>   福寿 純米酒 御影郷
【大吟醸酒の部】  <銅賞>   福寿 大吟醸


8月1日発売の暦酒「初呑みきり」
涼しい蔵のなかで熟成された新酒の味わいを確認する行事「初呑みきり」に
因んだ純米吟醸生詰原酒。
若々しくも穏やかで旨みのある味わいが特長です。
純米吟醸の「初呑みきり」は香%
インターナショナル・サケ・チャレンジ2012において、SRN会員のお酒が多数入賞しました
7月23日、東京・港区のコンラッド東京ホテルにおいて、日本酒に関する本格的な国際コンテスト、第6回インターナショナル・サケ・チャレンジ が開催され、8月3日にその結果が発表されました。

本年度は、各審査員がすべてのお酒を審査する方式で行われ、
トロフィー(5種)、金賞(4種)、銀賞(23種)、銅賞(33種)、推奨賞(32 種)
が決定しましたが、なんとSRN会員藏が7社 (16銘柄) も受賞したのです。
まさに快挙ですね !!!

まず最高賞の《トロフィー》 を受賞したのは、神戸酒心館 だけですが、このお酒『 福寿 純米吟醸 』は、すでに2009年にも《トロフィー》を受賞していますので2度目の最高賞、しかも2010年には《金賞》 を受賞しているのです。国際市場に通用する代表的な日本酒としての地位を不動のものとしたと言ってよいでしょう。 また、同社は、《銀賞》、《銅賞》 をも受賞しています。

酒井酒造は、3部門にわたり 《銀賞》 を、そして鈴木酒造店も3部門にわたり 《推奨賞》 を受賞しています。

さらに、一本義久保本店の大吟醸3銘柄が、《金賞》(2銘柄) と《銅賞》を受賞しました。

《トロフィー》
【純米吟醸】
◎ 福寿 純米吟醸      株式会社神戸酒心館 兵庫県


《金賞》
【大吟醸】
■ 一朋           株式会社一本義久保本店  福井県
■ ル・プルミエ・ルージュ  株式会社一本義久保本店  福井県

《銀賞》
【純米大吟醸】
● 五橋 純米大吟醸      酒井酒造株式会社  山口県

【純米吟醸】
● 五橋 西都の雫 純米吟醸  酒井酒造株式会社  山口県

【純米】
● 福寿 純米酒 ”御影郷”         株式会社神戸酒心館  兵庫県
● 五橋 イセヒカリ 木桶造り生酛純米酒  酒井酒造株式会社    山口県

《銅賞》
【大吟醸】
▼ 福寿 大吟醸       株式会社神戸酒心館    兵庫県

【純米大吟醸】
▼ 伝心 ファーストクラス  株式会社一本義久保本店  福井県

【純米】
▼ 純米          富久錦株式会社   兵庫県
▼ 五橋 やまぐち伝説   酒井酒造株式会社  山口県

《推奨賞》
【大吟醸】
★ 秀よし 大吟醸    合名会社 鈴木酒造店  秋田県
★ 大吟醸酒 金帯五橋  酒井酒造株式会社     山口県

【純米吟醸】
★ 純米吟醸 虎屋    千代寿虎屋株式会社   山形県
★ 純米吟醸 秋の田   合名会社 鈴木酒造店  秋田県

【純米】
★ 純米 あまからぴん   合名会社 鈴木酒造店  秋田県


▲PAGE TOP