日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2013 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
「日本経済人懇話会」のパーティーに協賛しました
「日経懇」のパーティーへの協賛は、今年は1月に次いで2度目、場所は、同じく赤坂のホテルアジア会館です。

アジア会館(=写真下)の住所は赤坂ですが、地下鉄「青山1丁目」から徒歩5分程度の閑静な住宅地にあります。若い外国人の姿が多く目につくのも交通至便で割安料金のせいでしょう。



アジア会館前から「青山1丁目」交差点にある高層ビルが見えます。

「日経懇」こと「日本経済人懇話会」は、多様な分野の専門家あるいはリーダーを招いて定期的に講演会を開催している会員制組織です。 会長は、神谷光徳氏
この日の講師は、 
京都大学大学院工学研究科の藤井聡教授、演題は、『日本再生の秘策 日本強靭化とは!?』。藤井先生は、第2次安倍内閣内閣官房参与をしておられるので、アベノミクスに関わるお話が中心でした。


講演の終了時間が少し伸びて午後8時過ぎからパーティーが始まりました。


会場には、わがSRN会員の手になる色とりどりの高品質で美味しいお酒がずらりと並んで目を惹きます。


まず「伝統酒」では、次の4銘柄。左から、
■ 酒井酒造 (山口) 「西都の雫」
    *22年、23年「新酒鑑評会」金賞連続受賞
■ 嘉美心酒造 (岡山県)  「純米大吟醸 原酒 生」
    *究極の日本酒ともいうべき高級酒
■ 神戸酒心館 (兵庫県) 「純米吟醸 福寿」
    *ノーベル賞受賞晩餐会に提供された国際酒
■ 今西清兵衛商店 (奈良県)  「春鹿 純米吟醸 封印酒」
    *香りと味が調和した「品格のある吟醸酒」



続いて「ソフト&スイート・タイプ」は、次の低アルコール酒(4〜8%未満)4銘柄。
いずれも個性的で人気のある商品です。 左から、
◎ 勇心酒造(香川県) 「リセノワール」 
    *古代米由来のアントシアニンの赤色。抗腫瘍効果のある「ライスパワー エキスNo.101」を含有
◎ 一ノ蔵 (宮城県)   「ひめぜんUme」
    * 宮城県産「黄熟梅」の豊かな香りとまろやかな味わいのお酒
◎ 武重本家酒造     「1026 LiTe」  
    * 低アルコール(4%未満)の栄養分に富んだ「どぶろく」
◎ 富久錦(兵庫県) 「Fu」
    *果実のような風味の柔かいお酒



そして今や人気上昇中の「スパークリング・タイプ」(4〜8%未満)4銘柄。 いずれもシャンパンと同じ瓶内発酵による造りで手間がかかっており、決して世の中に多く出回っている単純な炭酸ガス吹き込み方式ではありません。 左から、
● 橘倉酒造 (長野県)    「たまゆら」
● 一本義久保本店 (福井県) 「宴日和」
● 花の舞酒造  (静岡県)  「ちょびっと乾杯 ブルーべりー味」 
● 一ノ蔵 (宮城県)   「花めくすず音」


この夜においても、男性の好みは伝統酒、女性は発泡酒、と分かれました。 とりわけ発泡酒のお代わりを要求される女性が多く、下の写真のお二人は、発泡酒のコーナーに終始釘づけ状態。「美味しいわね」を連発しながら4種類をすべて味わっておられました。

このような発泡酒ファンの女性限定で今回も「日本酒マカロン」(橘倉酒造。150円)を提供しましたが、これまた好評。 それにしましても、これほど男女の好みあるいは関心の差がはっきりと表れるスイーツはありませんね。 なにしろマカロンを知らない男性が少なからずおられるのですから。

来月14日に開催される恒例の「日本酒フェア」においてもこのマカロンで女性をわがブースに惹きつける予定です。

 
長野の酒メッセに行ってきました。
5月15日(水)に開催された「長野の酒メッセ2013」に行ってきました。
グランドプリンス高輪で開催されているこのメッセは、今回で10回目を迎えます。毎年、酒樽の横のカウンターで受付を済ませると一人一人におちょこが配られ、そのおちょこで試飲をおこないお土産に持って帰ることができます。
   

会場入り口には品評会の映像で流れており、その様子をうかがい知ることができます。
   
長野県内の酒造メーカー約60社500種類にのぼる清酒の試飲ができます。
その他にも、信州地酒のイメージビデオの上映や一般来場者先着1,000名に「信州産びん詰めなめ茸」がプレゼントされるなど様々なイベントをおこなっていました。

会場に入るとすでに日本酒ファンで会場は大盛況です。
 
長野の酒メッセは毎年「浴衣でご来場の方は入場料500円引き」という企画を実施しており、この日も男女問わず浴衣の方がいらっしゃいました。


まずSRN会員の橘倉酒造のブースを訪問すると、発泡低アルコール日本酒「たまゆら」に多くの人が集まっており、真っ先に試飲用のお酒がなくなるほどの人気でした。

「たまゆら」は、今年からセブンイレブンの夏ギフトパンフレットにも掲載されていて大変な人気だそうです。
   

続いて、やはりSRN会員の千曲錦酒造、武重本家酒造のブースへ。こちらもひっきりなしに訪れる人たちへの対応に追われておられました。
   

武重本家酒造の武重社長(SRNの常任幹事)もいらっしゃいましたが、ご多忙の様子…。

武重社長は、長野県酒造組合副会長の要職にあるため自社のブースには姿を見せず、イベント責任者の一人として会場内を巡回して居られたのです。
蔵元情報 5月(2013)
■■■イベント■■■
◇一ノ蔵 
第12回 福岡一ノ蔵を楽しむ会開催のお知らせ
年に1度、宮城の地の酒「一ノ蔵」を飲みながら語り合うこの会を、
今年は下記の日程で開催いたします!
当日は、蔵元から持ち込みました多様な味わいの一ノ蔵商品の数々を、
酒の肴と共にお楽しみいただきます。
また、役員や杜氏、蔵人が会場にお邪魔し、蔵元の近況や仕込みの模様、
お酒についてもお話いたします。会の途中にはお楽しみ抽選会もございます。
どうぞお酒のお好きな方々とお誘いあわせてお越しいただきますよう
ご案内申し上げます。
・催事名/第12回 福岡一ノ蔵を楽しむ会
・日 時/平成25年6月26日(水) 18:30〜20:30
・会 場/西鉄グランドホテル(2F プレジール)
      福岡市中央区大名2-6-60
・定 員/300名様(完全予約制)
・会 費/お一人様 5,000円(立食式)
・お申し込み方法/チケット販売サイト「eチケット」にて
事前にチケットをご購入ください。
・お問い合わせ/株式会社 一ノ蔵 管理課まで 電話 0229-55-3322


◇神戸酒心館
一生つきあえる木の家具と器展    
〜関西の木工家たち〜
関西在住の気鋭の木工家21名によるオリジナルデザインの作品展を開催いたします。
経験豊富なベテランから期待の若手まで人気と実力を兼ね備えた作家が
一同に会するのは「関西初」ともいえる展示販売会です。
人気の椅子やテーブル、箪笥をはじめ、お皿、茶道具、スプーンにフォーク、
楽器やおもちゃまで木材の良さを最大限に生かした逸品が登場。
毎日の生活に彩りを与えてくれる“大切に使い続けたい”“そばに置いておきたい”
一生ものの家具と器に出会えます。
日時:2013年5月17日(金)〜26日(日)
   11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:神戸酒心館ホール 【入場無料】
お問合わせ:078-841-1121(事業部)


■■■試飲会■■■                                  
◇酔仙酒造
「純米大吟醸生原酒」、「大吟醸生原酒」、「純米大吟醸 結の香」等を試飲販売致します。
みなさまのご来場をお待ちしております。
期間:平成25年5月8日(水)〜14日(火)
場所:西武百貨店池袋本店 B1酒売場

◇一ノ蔵
■県外■
〜東京都〜
5月 1日〜5月 7日…………高島屋東京店(日本橋)地下1階酒売場
〜愛知県〜
5月22日〜5月28日…………JR名古屋高島屋 地下2階酒売場
〜北海道〜
5月22日〜5月28日…………大丸札幌店 地下1階酒売場
■県内■
〜仙台市内〜
5月10日〜5月12日………藤崎本館 地下1階酒売り場
未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。
予めご了承ください。

◇一本義久保本店
5月9日(木)〜5月19日(日)「東急百貨店 吉祥寺店」 地下1階和洋酒売場
5月25日(土)〜5月26日(日)「西武百貨店 船橋店」 地下1階 食品館 酒売場
上記の日程で「一本義」「伝心」の試飲販売会を開催いたします。
新商品や季節限定の商品などを多数揃え、皆様のご来場をお待ちしております。

◇神戸酒心館
関東・関西で行われる福寿の試飲宣伝販売をお知らせいたします。
どうぞこの機会に、福寿の味わいをお楽しみ下さい。
【関東】
・柏   そごう 5月21日(火)〜5月27日(月)
・港北  高島屋 5月22日(水)~5月26日(日)
・成田空港第一ターミナル 免税店 5月23日(木)〜5月26日(日)
【関西】
・神戸  大丸  5月8日(水)〜5月14日(火)
・福山  天満屋 5月17日(金)〜5月19日(日)
・梅田  大丸  5月29日(水)〜6月4日(火)

◇今西清兵衛商店
日時/平成25年 5月22日 〜  5月28日  高島屋 日本橋店(東京都)
日時/平成25年 5月22日 〜  5月28日  伊勢丹 京都店(京都府)
日時/平成25年 5月28日 〜  6月 3日  そごう 横浜店(神奈川県)※百貨店試飲販売情報、試飲会情報はメールマガジンでもお知らせしています。


■■■製品情報■■■
◇酔仙酒造
「酔仙 × 松徳硝子 復興応援感謝セット」予約開始のお知らせ
「酔仙 × 松徳硝子 復興応援感謝セット」の予約を開始いたします。
震災後初の特別な大吟醸酒と「うすはり」シリーズで大人気の松徳硝子製オリジナル
冷酒器をセットにしたオンライン限定商品は、これまでに応援・ご支援いただいた方々、酔仙のお酒を愛してくれる方々に、少しでも感謝の気持ちを伝えたいと
企画したものです。
300セットの限定販売となりますので、
ご購入を希望される方はお早めにご予約ください。
酔仙・松徳硝子 復興応援感謝セット
「酔うて仙境に入るが如し 大吟醸生原酒」720mm×1本
松徳硝子製、特製冷酒器 ×2個
販売価格:6,300円(税込)+ 個別送料 800円  発送 5月中旬頃予定
<セット内容>
・蔵人の念願である、震災後初じめての大吟醸酒は、
岩手県新酒鑑評会で金賞を受賞する素晴らしい出来になりました。
酔仙の名前の由来でもある「酔うて仙境に入るがごとし」という言葉をイメージして、弘前ねぷた絵師の佐藤大節先生が早期復興を願い描いた仙人の画がラベルに施されている、オンラインストア限定パッケージです。
内容量:720ml  精米歩合:40%  アルコール度数:17度以上18度未満
・酔仙杜氏の思い入れを、松徳硝子の職人の手で実現した、
酔仙大吟醸のための特製冷酒器です。
大吟醸酒の味を最大限にひきだすためにつくられたこの冷酒器は、
他では手に入らない完全限定生産品です。
2個セットでお付けしますので、楽しく語り合いながらお酒を飲むのにぴったりです。
容量:60cc セット個数:2個


オール岩手純米酒 「Rise Up, KESEN」
水、米、酵母菌、麹菌など「原料全て、岩手産」にこだわった純米酒です。
優しい風味の純米酒に仕上げました。
特徴 濃厚中口
アルコール度数 15度以上16度未満
容量 720ml 販売価格 1,380円(税込1,449円)
保存方法 冷蔵庫での保存をお願いします。


◇一ノ蔵
ありがとうの気持ちを込めて。母の日の贈り物に「ひめぜんSweet」
5月12日は母の日です。日頃の感謝の気持ちを込めて、
優しい味わいの「ひめぜんSweet」をプレゼントされるのはいかがでしょうか。
「ひめぜんSweet」は、米と米こうじで醸した甘口のワインを思わせるアルコール8%の清酒です。和・洋・中の食事ともとても相性が良く、特にクリームパスタやピザ、トマトソースとは相性抜群です。
料理の味わいを引き立たせるのは勿論、冷やしてあるいは熱燗でそのままお召し上がり頂いても良いですし、カクテルのベースとしてもお楽しみ頂けます。
 今回、母の日に最適なカクテルPrincess Princess(プリンセスプリンセス)をご紹介します。このカクテルは、世界的に有名なソムリエ田崎真也氏が考案された、お手軽に作れるカクテルです。
 ご用意するのは、グラス(シャンパングラスが望ましいです。)、冷蔵庫で冷やしたひめぜんSweetと果汁100%オレンジジュースです。
作り方は、グラスに良く冷えたひめぜんSweet60ml、果汁100%オレンジジュースを20ml注ぎ、混ぜ合わせて出来上がりです。オレンジの爽やかな香味とひめぜんSweetの甘味が絶妙にマッチしたカクテルです。
 毎日家族を陰日向で支えてくれているお母さんへ、ありがとうの気持ちを込めて「ひめぜん」で母の日をお祝いください。
一ノ蔵 ひめぜん Sweet 720ML 価格: 1,000円(税込)


宮城県内限定品 ササニシキ純米大吟醸発売!
宮城県内では桜が見頃を迎え、いよいよ本格的なお花見シーズンを迎えました。
そんな中、みやぎの夜桜見物にぴったりの『ササニシキ純米大吟醸』が
4月18日より県内限定で発売となりました。
本品は宮城県を代表する品種『ササニシキ』で純米大吟醸を造りたいという
門脇杜氏の熱い想いから誕生したお酒です。
原料米の『ササニシキ』は、一ノ蔵の地元、大崎市古川農業試験場で開発された品種です。一ノ蔵では、ササニシキでの純米酒の酒造りを長きに渡り行い、
ササニシキの米の特徴を酒質に反映することができるようになりました。
その技術を基にして、更に難しいとされる純米大吟醸の製造に挑戦しました。
ササニシキが持つ素直で優しい旨みと吟醸香の華やかな香りが調和した本品は、
これから迎える宮城県のお花見やゴールデンウィークの宮城県のお土産品としても最適です。(価格は720ml…2,100円(税込))
米・水・人オール宮城のササニシキ純米大吟醸をどうぞお楽しみください。


◇奥の松酒造
本醸造旨辛原酒  新商品 2013年4月12日発売
お酒だけでも楽しむことができ、また、料理の味を生かしながら日本酒の味わいも感じられるお酒【旨辛原酒】。
地元の蔵人による伝承の技が醸す本醸造辛口原酒のまろやかな味わい。
"旨さと辛さ"を兼ね備えた旨辛原酒は、冷や・ロック・燗酒など
自分の好きな飲み方でお気軽にお楽しみください。
日本酒度/+4.0
アルコール度/18
酸度/1.5
精米歩合/65%
◇おいしいお召し上がり方
冷や○ 常温◎ ぬる燗◎ 熱燗○
容量/720ml 1,050円(税込)


吟醸原酒  5月8日発売
風そよぐ新緑にぴったりの季節限定品『吟醸原酒』が5月8日に発売になります
吟醸原酒はふくよかで爽やかな香りと、なめらかな喉ごしが特徴の商品です。
こちらのお酒には白身魚のお刺身や鮎の塩焼きなどがおすすめ✩
華やかな吟醸香と辛口ならではのすっきり感は旬を感じさせます。
日本酒度/+2.0
アルコール度/18
酸度/1.6 (予定)
使用酵母/奥の松酵母
精米歩合/60%
◇おいしいお召し上がり方
ロック◎ 冷や◎ 常温〇
容量/720ml 1,050円(税込)


◇一本義久保本店
季節限定「一本義 山田錦生酒」、
数量限定「一本義 古酒 1999」発売 のご案内。

「一本義 山田錦生酒 720ml」 ¥1,365 (税抜¥1,300)
初夏から夏の限定出荷生酒。舌を包むような優しい風合い、さらりと流れる清涼感をお楽しみください。

「一本義 古酒 1999 500ml」¥3,150 (税抜¥3,000)
美しい琥珀色、柑橘系の上品な酸味と黒糖を連想させる甘みの調和。
かつて熟成酒ファンの間で他に類を見ない酒と称賛を得た一本義の低アルコール熟成酒。
14年の時の衣を身にまとい、2000本限定で発売いたします。醸造年度1999年。
アルコール度数8〜9度。


◇橘倉酒造
純米吟醸 無尽蔵 夏吟醸 発売!!
菊秀 純米吟醸 無尽蔵シリーズ 第二の酒!夏吟醸 登場!!
今年醸造された純米吟醸酒。3月までは薄にごり生酒としてご愛飲いただいておりました純米吟醸 無尽蔵を夏酒として発売開始いたしました。
一度だけ火入れ(殺菌)している「夏吟醸」。新酒により近い、
キリッとした純米吟醸らしさの中に瑞々しさを残しているお酒です。
この夏にお奨めのお酒です。夏季期間のみ、限定1,000本の販売となります。
売り切れの際はご容赦ください。
1800mlは限定200本の販売となります。
純米吟醸 無尽蔵 夏吟醸 1800ml
販売価格:2,940円(税込)
純米吟醸 無尽蔵 夏吟醸 720ml
販売価格:1,575円(税込)


◇千曲錦酒造
純米吟醸 「千曲錦」
モンドセレクション 5年連続 金賞受賞
海抜700mの信州佐久高原で、信州が誇る酒造好適米「美山錦」を高精白し、
長野県で開発された「長野酵母」を用いて、
長期低温もろみで醸し出した純米吟醸酒です。
火入囲いも低温貯蔵庫でじっくりと熟成させました。
仕込水には、きき水名人の俳人・種田山頭火が
「風かほる しなのの国の 水のよろしさ」と詠んだ、
浅間山系より湧き出る名水を使用しております。
アルコール:15.3%
日本酒度:+2.0〜−3.0
酸度:1.2〜1.4
原料:米・米麹
麹米:美山錦
掛米:美山錦
精米歩合:55%
酵母:K-1801
1,800ml  3,150円(税込価格)
720ml  1,575円(税込価格)


新発売 信州の大地が育む酒
千曲錦 出品大吟醸
東信濃にそびえる雄大な浅間山の裾野より湧き出でる伏流水を用い、
極寒の真冬に仕込まれる佐久の銘酒。
酒造好適米「山田錦」の中から更に厳選した最高の米だけを選りすぐり、
39%まで磨いた究極の大吟醸は、
杜氏が持てる技術のすべてを尽くして蔵人と共に醸した逸品です。
仕込める大吟醸の総量は原酒で1400リットルほど。
すべて手作業で採算も度外視して醸された、
芸術品ともいえる極上の大吟醸をご堪能ください。
東信濃の大地で育まれた極上の酒に、
北信濃・飯山に受け継がれてきた「内山紙」のラベルを用い、
南信濃・飯田に伝わる「水引」を配した、まさに「信州の酒」を、
特別な日の贈り物としてご利用ください。
※水引は<本梅>または<鶴>の2種類よりお選びいただけます。
アルコール:16%
日本酒度:+4.0〜+2.0
酸度:1.1〜1.2
原料:米・米麹・醸造アルコール
麹米:山田錦
掛米:山田錦
精米歩合:39%
酵母:K-1801
千曲錦 出品大吟醸 【限定品】
1,800ml  10,500円(税込価格)


◇花の舞酒造
父の日におすすめ 純米大吟醸・大吟醸
来月には父の日があります。もう、プレゼントは決めましたか。
まだ、という人にぜひおすすめしたいのが日本酒。
それも、純米大吟醸や大吟醸などの高級酒はいかがでしょうか。
そういうお酒は贈答用に買うことはあっても、
自分のためにはなかなか買えないものです。
だから、せめて父の日には飲んでもらいましょう、というご提案です。
花の舞の「純米大吟醸」は精米歩合40%、「大吟醸」は45%。もちろん、
いずれも酒造好適米の「山田錦」を使っています。
この二つのお酒の違いはその名称からもお分かりのように、
「純米大吟醸」は米と米麹だけを使用。大吟醸は米と米麹、
それに醸造アルコールが加えられていることです。
味の特徴について青木副杜氏は、
「純米大吟醸はふくよかな香り、いわゆる吟醸香があり、味わいは濃醇です。じっくりと味わっていただきたいお酒です。大吟醸は純米大吟醸に比べるとさらっとした味わいで、含み香があります。食中酒としてもお楽しみいただけます」
と語っています。
さあ、お父さんはどちらがお好みでしょうか。
いずれにしても、吟醸づくりのとっておきのお酒ですから、
どちらを贈っても、お父さんはきっと気に入ってくれるのではないでしょうか。
大吟醸
全工程手造り、持てる力のすべてを注いだ花の舞の最高級純米大吟醸酒です。
赤石の山麓で、じっくりと醸し出されるこの酒は、すばらしい吟醸香と
フルーティーな香りをもち、馥郁とした深い味わいをお楽しみいただけます。
原料米/静岡県産山田錦
精米歩合/45%
アルコール分/16.5%
720ml/3,098円(税込)・300ml/998円(税込)
純米大吟醸
全工程手造り、持てる力のすべてを注いだ花の舞の最高級純米大吟醸酒です。
すばらしい吟醸香と純米の旨味が繊細な味を生み出し、飲む人をうならせる逸品です。
原料米/静岡県産山田錦
精米歩合/40%
アルコール分/16.5%
720ml/5,040円(税込)



純米無ろ過生原酒
静岡県産山田錦を使用し、濾過、加水、火入れを一切行わずに瓶詰めしました。
酒本来の旨み、香りを楽しんでいただける生まれたままの無垢な酒になります。
今まで蔵元でしか飲めなかった味をお楽しみ下さい。
※季節限定商品(4〜8月)
※生酒(要冷蔵)
原料米静岡県産山田錦
精米歩合60%
日本酒度+5
酸度2.2
アルコール度18.5度
容量720ml


◇富久錦
【新酒】 純米吟醸 生酒 720ml 【要冷蔵】
のどかな早春の播州平野を想わせるような
やさしい味わいと、静かな香りが調和した純米吟醸生酒です。
きめ細やかですべるような喉越しと、まろやかで深い味わいは、
低温で30日以上かけじっくりと醗酵させたお酒ならではのもの。
キリッとひやしてお楽しみください。
クール便をお選び下さい。
価格 : 1,800円

【新酒】 特別純米 生原酒 【要冷蔵】
【山田錦の旨みが凝縮された鮮烈な生原酒】
割り水や火入れと呼ばれる加熱処理を一切行わず
生まれたての新酒をそのまま瓶詰めした
「特別純米 生原酒」は
凝縮された地元加西産の上質な山田錦の旨みと原酒ならではの力強い味わいが特長です。
通常の清酒に比べてアルコール度数も少し高めの17度と飲み応えも充分。
キリっと冷やして様々な旬菜とともに「特別純米 生原酒」の鮮烈な香りと
荒々しいワイルドな風味をお楽しみ下さい。
■原材料:米・米麹
■原料米:加西産山田錦100%使用
■精米歩合:70%
■アルコール度数:17度以上18度未満
クール便をお選び下さい。
1800ml 3,000円
720ml 1,500円


◇今西清兵衛商店
春鹿 しろみき
純米大吟醸 活性にごり 生酒 2,205円(消費税込)
☆限定品☆ 要冷蔵
発酵中のもろみを荒ごしし、瓶詰めしました。
香り高く発泡性のある『活性にごり酒』。
限定品です。
●アルコール:15.0〜15.9
●原料米:山田錦
●精米歩合:50%
●日本酒度:±0
※ご注意  この商品はガスを含んでおりますので、開栓の際吹きこぼれることがございます。開ける際には十分ご注意下さいませ。
720ml 2,205円(消費税込)


◇一宮酒造
特別純米 石見銀山 幻の酒米「改良八反流」(箱入)
酒米「八反流」は、島根県内でも過去に作られていましたが、
栽培が難しいことからいつしか姿を消してしまいました。
大田市のこだわり農家では、この幻の酒米作りに挑戦。
長年の技術と経験を注ぎ込み大切に育てられた良質の酒米を、
杜氏の卓越した技で芳醇な逸品に仕立て上げました。
大田産「改良八反流」の豊かな味わいをお楽しみください。
原料米:改良八反流 100%
精白歩合:60%
日本酒度:+8.0
内容量:720ml単価 : 1,313円(税込)
内容量:1800ml単価 : 3,150円(税込)


◇嘉美心酒造
純米大吟醸原酒生 720ml  
際立った個性を持った非常に滑らかな心地よい香りと、
最高のバランスの甘み、酸味が絶妙な調和を見せる。
大吟醸をしぼって直ちに瓶詰めした後、
直ちに冷凍保存した大吟醸の原酒の生酒です。
相性の良い料理 天ぷら、刺身 えびの塩焼きなど
アルコール 16%台
日本酒度 +3.0
容量 720ml価格(税込) ¥2,415 


◇賀茂泉酒造
純米大吟醸「延寿」新発売
4月25日に純米大吟醸「延寿」を新発売します。
蔵元より北へ約6kmにある圃場で栽培された酒米『山田錦』を
清らかな酒都・西条の伏流水と広島杜氏伝承の技で醸した純米大吟醸酒です。
穏やかな香りと透明感のある優しい米の甘み、
フレッシュな酸味が程よく調和しています。
おすすめのお召し上がり方は、薄口の盃やワイングラスで、
常温もしくは冷やしてお愉しみ下さい。
原材料:米・米こうじ(広島県産米100%)
使用米:東広島造賀地区産山田錦100%
アルコール度数:16度 日本酒度:+3.0 酸度:1.5度
精米歩合:50% やや辛口
1.8L箱入価格5,250円(内税)
720ml 2,940円(内税)


◇酒井酒造
純米吟醸 錦上花
良質の山田錦を55%まで磨いて醸す純米吟醸。
優しい吟醸香が香り、軽快な口当たりにふくよかな旨味が広がる。
原材料名米・米こうじ
酒母・麹原料米:山田錦
産地:トラタン村
精米歩合:55%
掛米原料米:山田錦
産地:トラタン村
精米歩合:55%
仕込み水山口県「錦川」伏流軟水
火入れ普通
アルコール分15〜16%
日本酒度+2〜+3
酸度1.5〜1.6
アミノ酸度1.3〜1.4
1.8L : 3,255円【税込】
720ml : 1,627円【税込】


◇梅錦山川
純生大吟 500ml
夏の暑さにはこの爽やかな透明感溢れるこの生酒をお薦めする。
生酒ならではのはじけとぶような果実香とフレッシュなふくらみのある味です。
夏の暑さを忘れるおいしさです。
純生大吟 500ml
価格:989円(税込)


■■■その他■■■
◇神戸酒心館
福寿 純米吟醸販売再開について|お知らせ
東明蔵店頭等における純米吟醸の販売について|お知らせとお願い
ながらくお待たせをいたしました福寿純米吟醸の販売を
次の通り再開させていただくこととなりました。
手造りによる酒造りのため、生産量が限られておりますため、
次の通り数量などの限定をお願いいたします。
勝手を申しますがご理解いただきますよう、お願いと共にお詫び申しあげます。
◎ 販売店舗店頭(東明蔵)での販売は4月26日(金曜日)10時より再開いたします
◎ eShop酒心館(インターネット)での販売は5月15日(水曜日)より再開いたします
◎ 販売する純米吟醸は720mlのみとさせていただきます
◎ それぞれの販売においては一日の販売数、ならびにお一人当たりの販売数量を限定させていただきます
◎ 多くの方にお求めいただきたく、容量を720mlのみとし、一日あたりとお一人当たりのご購入数量限定をお願いいたします
 平日100本、土日祝200本
 お一人あたり2本
(1800ml、300mlの販売は東明蔵では扱っておりません)
【東明蔵店頭でのお買い求めについて】
◎ 店頭でお求めいただいた純米吟醸については地方発送が可能でございます
◎ お届け日時のご指定を賜ることが難しく、お届けまでにお日にちをいただくことをご了解ください(発送作業は順次行わせていただきます)
◎ 他の商品とご一緒にお送りすることが難しく、誠に勝手ながら純米吟醸単独での発送のみを承りますことをご了承願います
【インターネットでのお買い求めについて】
◎ インターネットでお求めいただいた純米吟醸はご自宅用の設えにて承りますことをあらかじめご了承願います(包装、熨斗などの体裁は承りかねます。誠に勝手ながらよろしくお願い申しあげます)
◎ お届け日時のご指定を賜ることが難しく、お届けまでにお日にちをいただくことをご了解ください(発送作業は順次行わせていただきます)
◎ ご注文確定後の変更、お取り消しはご遠慮いただきますようにお願いいたします

販売数量を制限させていただくことから、ご予約による販売は承ることができませんことをご了解いただきますようお願いいたします。
販売数量を限定することで5月20日頃まで販売を継続する予定でございます。
誠に勝手なお願いばかりで申し訳ございませんが、なにとぞよろしくお願い申しあげます。
また、お客様からいただく「よくあるご質問(FAQ)」については別途掲載しておりますので、併せてご覧いただければ幸いでございます。
http://blog.shushinkan.co.jp/2013/04/faq.html

SRN会報・4月号を発刊しました
主な記事は、以下のとおりです。

● 「商品開発 勉強会」 を松島 〜 一ノ蔵 で開催
4月18〜19日の2日間にわたって「商品開発 勉強会」を宮城県で開催しました。

【初日】は、風光明媚な松島、それも松島屈指の大型ホテル「松島一の坊」(=写真下)で行われました。 松島は、地形・津波の方向などによって幸運にも大震災時の津波の被害が最小限で済んだそうで、海岸にあるこのホテルも何ごともなかったかのように平日なのに多数の宿泊客で賑わっていました。 


《 セッション1 》 「低アルコール酒の販売戦略」
一ノ蔵酒販・執行役員 浅見周平氏


浅見さんは、螳譽梁◆浅見副会長のご子息。後継経営者の一人です。
この日の講義で明らかになったのは、販売を専ら流通に依存している日本酒メーカーが多い中にあって、一ノ蔵は、低アルコールの「ソフトな日本酒」の販売に当たり、独自のデータ収集・分析に基づいた販売戦略を展開していることです。 

《 セッション2 》 「わが社の商品開発政策と今後の方向」
橘倉酒造・社長  井出民生氏


井出社長は、良心的な食品メーカー・流通企業のグループ「良い食品づくりの会」の会長も務めておられご多忙な中にあって、酒粕あるいは甘酒を利用した食品の開発にも熱心に取り組んでおられます。とりわけ酒粕を使用した「マカロン」の味は絶品で、女性に人気があります。


参加者が持参した蔵ご自慢のお酒を皆で味わうという恒例の「懇親会」。
常任幹事の一宮酒造(島根県)社長・浅野浩司氏による乾杯の音頭で始まりました。

【2日目】は、場所を「一ノ蔵」へ移して勉強会と蔵見学です。
《セッション掘 「一ノ蔵の新製品開発について」
同社商品開発室長・坪田康信氏

   
坪田さんの報告で注目されたのは、クリアタイプの「すず音Wabi」(=写真下)。 賞味期限を長くするために濁りを除いた輸出向け商品ですが、先月から国内でも限定販売をしております。
また、「すず音」の熟成タイプも開発中とのことで、参加者は試作品の試飲をさせてもらいましたが、熟成の色があり、また味わいもあって好評でした。発売時期は未定とのことです。
  

●「女性経営者からのワンポイントアドバイス」(第2弾)
新年号でご紹介しました女性経営者による「日本酒業界へのアドバイス」の続編です。下記のお三方から貴重なご意見を頂きました。

「サロン・ラ・ムー」 オーナー  「千(チ)福(フク)」 代表
 佐藤 芳子さん           木村 千恵さん

                   
(会員制サロン経営)        (和風料理店経営)

螢薀瀬奪」 代表取締役
垂(タル)見(ミ) 圭(ケイ)竹(チク)さん


(フラワー・スタジオ経営)

● シリーズ 「 若手蔵元は語る 」 (第2回)
今回対談をお願いしました若手経営者は、

千代寿虎屋蝓併碍糎)社長  大沼寿洋さん(41歳) 
              VS.
賀茂泉酒造蝓聞島県)副社長 前垣壽宏さん(38歳) 

大沼さんに寒河江市からはるばる東広島市まで移動して頂きました。
「静」の大沼さんと「動」の前垣さんの対談内容は如何に・・・。
        
 前垣副社長     大沼社長

西条町は、駅周辺に8社の蔵元が集う「酒蔵通り」(=写真下)があり、白壁、赤煉瓦の煙突など独特の風景を楽しめます。
毎年、10月3連休の土・日に「酒まつり」が行われていまして、全国から20万人以上の人々がこの町に集まってきているそうです。



本陣(お茶屋)跡。こうした史跡も豊富にある町です。

  
  賀茂泉酒造の社屋前景         観光客の憩いの場「酒仙館」


有名な作庭家、重森三玲氏の手になる枯山水の見事な庭園が
前垣家のお庭です(昭和30年の作)


美しい庭を眺めながら和やかに対談


会報は日本酒ライスパワー・ネットワークのホームページからダウンロードすることができます。
http://www.sake-ricepower.gr.jp/
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013表彰式&入賞酒お披露目会」に行ってきました
4月22日、六本木ヒルズ49階のタワーホールで酒文化研究所主催の「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013表彰式&入賞酒お披露目会」が開催され、全国各地から入賞蔵元61社が出展しました。

入り口では、RIEDEL社のワイングラスが配布され、お土産として持ちかえることができます。
 

会場はワイングラスを片手に各蔵元をまわる多くの人で賑わっており、いつもの日本酒試飲会場とは少し雰囲気が違います。

授賞式では「ジャストミート」のフレーズでおなじみのアナウンサー 福澤朗氏が最高金賞の楯を手渡し、受賞蔵元と一緒に「ジャストミート」のポーズで写真をとるなど会場を沸かせました。
下の写真はスパークリングSAKE部門の表彰式の様子です。
この部門ではSRN会員である一ノ蔵(宮城県)と酒井酒造(山口県)が最高金賞を受賞しました。

 
(左から) 「一ノ蔵」東京営業所長・木村健治さん、(三人目) 「酒井酒造」専務・酒井秀希さん

【ワイングラスでおいしい日本酒アワード部門】
<最高金賞>
一本義久保本店(福井) 伝心「稲」
千代寿虎屋(山形) 出羽の里 千代寿


<金賞>
奥の松酒造(福島)  奥の松 全米吟醸
富久錦酒造(兵庫)  純米Fu


【スパークリングSAKE部門】
<最高金賞>
一ノ蔵(宮城)   一ノ蔵 発泡清酒すず音
酒井酒造(山口)  発泡性純米酒 ねね

   

<金賞>
一本義久保本店(福井)  一本義 宴日和
嘉美心酒造(岡山)  微発泡清「泡の妖精」
神戸酒心館(兵庫)  純米発泡酒「あわ咲き」
武重本家酒造(長野) 泡泉花
花の舞酒造(静岡)  ぷちしゅわ日本酒 ちょびっと乾杯
六歌仙(山形)  Rice Magic 六歌仙 ひととき 純米


(写真右) 「六歌仙」(山形県)松岡茂和社長

【大吟醸酒部門】
<金賞>
一本義久保本店(福井)  一朋
梅錦山川(愛媛)  梅錦 究極の酒
鈴木酒造店(秋田)  秀よし 純米大吟醸
株式会社六歌仙(山形) 手間暇 大吟醸2012



ワイングラスでおいしい日本酒2013表彰式の報告はこちら

▲PAGE TOP