日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2015 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
SRN会報 第51号 を発刊 しました。
● トップ記事は、「第5回SRN酒蔵経営者塾」

この蔵元経営者の勉強会も早5回目となります。 テーマと講師は、以下のとおりです。

(セッション  1)  「 花街文化の再考 」― 大人の酒席のありよう

       (講師) 民俗学者  神崎 宣武氏 




神崎先生(=写真)は、旅の文化研究所所長。著名な民俗学者であり、また郷里の吉備高原では宮司も務めておられ、伝統食文化にも造詣が深い方です。 「花街(かがい)文化」について先生ならではの興味深いおお話をじっくりと拝聴することができました。

(セッション  供法 「日本酒輸出協議会の戦略」 

       (講師)日本酒造組合中央会副会長(螳譽梁会長)
             櫻井 武寛氏  




螳譽梁会長・櫻井武寛氏 (=写真) は、日本酒造組合中央会副会長ですが、日本酒輸出協議会の会長も務めておられます。 この組織は、日本酒造組合中央会、全国卸売酒販組合中央会、東京都卸売酒販組合が会員となり、アドバイザーとして日本貿易振興会(ジェトロ)がアドバイザーとして参加している本格的な日本酒の輸出促進組織です。  同協議会が今年まとめた「日本酒の輸出基本戦略」について会長の櫻井氏から詳細な説明が行われました。


●「発泡酒の香味表現検討会」の集計結果まとまる

四月に実施した「発泡酒の香味表現に関する検討会」の集約作業は、螳譽梁◆商品開発室に委託していたが、このほどまとまりましたので、坪田康信室長 (=写真) に報告して頂きました。




● 「メッセージ from アクティブ・レディース」 (連載)

本号においても各分野で活躍をしておられるお元気な レディー3人の方々に ‘本酒メーカーへの注文  SRNへの期待 私の仕事  を語っていただきました。 

「プルデンシャル生命保険蝓 ライフプランナー 江連(えづれ)奈央 さん




襯肇薀鵐好リタ  社長 栗田岬知 さん



FМサルース(横浜) ラジオパーソナリティー  藤田みさ さん




● 「FMサルース」への蔵元出演続く

東急電鉄経営のFM放送 「FMサル―ス」 のエリアは、一応横浜市港北区がを中心ということになっていますが、スマホ、パソコンを介して全国的に映像あるいは音声を視聴することができます。

SRN会員会社経営者の出演も月1回、あるいは2カ月に1回の割合で継続しています。



☆ 4月:   神戸酒心館 (兵庫県) 社長 安福武之助 さん




☆ 5月: 丹山酒造 襦糞都府)社長 長谷川 渚 さん



● 勇心酒造蠅凌啓匆阿完成 ― 研究・開発部門 一段と強化へ

さる6月、勇心酒造蠅凌桂楴劵咼 ( 3階建、各階約386坪、延べ床面積約1,007坪 ) が同一敷地内に完成しました。建物は、レンガ&石造り調に仕上げ、歴史ある醸造試験所をイメージした外観になっています。 
ライスパワー・プロジェクトの生みの親である同社は、長い苦難の時期を経て画期的なライスパワーエキス開発の成功により日本酒メーカーから脱し、今やユニークな健康関連素材メーカーとして注目される存在となっています。 でも日本酒への取り組みも忘れてはいません。
同社の後継者、徳山孝仁常務 (=写真下) に新社屋建設のねらいと同社の今後の研究開発の方向あるいは醸造発酵技術の可能性などについて語って頂きました。

  
  

ライスパワーの研究開発は、その後進化を続けておりまして、最近では二日酔い予防、肝機能障害予防の効果を持つ 癸隠娃 が実用化されました。
また、これまでのライスパワーエキスにも新しい効果が発見されています。
たとえば、温浴効果を持つ 癸-D については、入浴するだけで垢が落ちる皮膚の清浄化効果が見つかったほか、髪の健全化効果を持つ 癸-E には、髪のダメージを修復する効果が確認されました。

また、あらためて思うのは醸造発酵という技術の可能性です。複雑な微生物の営みをひとつの世界として扱う醸造醗酵の技術は、科学では説明のつかない、科学とは異なる技術体系です。
したがって私は、この技術は科学では生み出すことのできないものを生み出すことのできる技術だと捉えています。
私たちは長い年月をかけておいしいお酒を造ることを目指して醸造醗酵技術を磨き上げてきましたが、技術である以上醸造発酵の原点、ひいては酒蔵の原点に立ち返れば、これまでにない様々なものをもっともっと生み出すことができる可能性を秘めているのではないでしょうか。

当社としましては、今後は、事業の主軸となっている化粧品を伸ばしていくこと、ライスパワーエキスの特長を生かせる新たな市場を模索していくこと、そして創業事業である日本酒の販路拡大を目標としております。
特に日本酒への取り組みの重点事項として、家業であり勇心の醗酵技術の基本となる日本酒の製造技術をさらに高め、香川の原料にこだわった質の良い日本酒造りを目指しています。
そうすることで、地域の活性化をはかりつつ、日本酒だけでなく、ライスパワー商品との相乗効果をはかり、ライスパワーの社会的認知を高めていきます。そして、ライスパワーのファンを増やしていきたいと考えています。
《平成27年6月期の現状》
*従業員: 80名 (うち研究職20 名)
*売上高: 約30億円
岡山県の銘醸蔵 「嘉美心酒造」 の 藤井社長 が、 FMサル―ス に出演されました !!
 7月21日(火)、「FMサルース」 の人気ライブ放送番組 Afternoon SALUS ( パーソナリティー 藤田みさ さん ) サルースカフェ に、 嘉美心(かみこころ)酒造蝓藤井進彦( のぶひこ ) 社長が登場されました。



先ずは駅構内のスタジオ前で写真撮影。 前日にイベントがあったとのことで藤井さんは和装で来られました。

15時15分、「サルースカフェへようこそ・・・・・・」 とパーソナリティー藤田さんの澄んだ明るい声がスタジオ内に響き渡ります。 インタビューの開始です。
(この日は、撮影装置の故障のため残念ながらライブ放送は行われませんでした。)



(藤田さん) さあ、今日は岡山県から 嘉美心酒造蝓‖緝充萃役社長 藤井進彦さんをお招きしています。 こんにちは・・・・ 今日は岡山県づいていましてね、先ほど倉敷市出身のバスバリトンのオペラ歌手の方が出演されましたよ。 
ところで、まずはどのような蔵元さんでしょうか。
(藤井さん) 所在地は、倉敷市の西隣りにある浅口市、県内で最もコンパクトな市です。わが社は昨年、創業百周年を迎えました。
(藤田さん)  藤井社長で何代目?
(藤井さん) 5代目です。 蔵の特徴としましては、お酒は食品の一部ですので 「私たちはお酒を作ることではメーカーですが、生きる上では消費者です。だから家族の口に入れさせたくないものは作りません」 ということをモットーにしております。

(藤田さん) 今日お持ちいただきました最初のお薦めのお酒は何でしょうか。
(藤井さん) お米をふんだんに使った定番の本醸造「秘宝」です。
(藤田さん) 首掛けに「金賞受賞」とありますね。
(藤井さん) はい。 ロンドンで開催されますIWC( インターナショナル・ワイン・チャレンジ)本醸造の部2009 年2015年の2度にわたり金賞を授賞 しました。
(藤田さん)  普段使いで飲んでいる定番のお酒が金メダル、これが一番素晴らしい !!





(藤田さん)  ワー美味しい !! コメの旨みが生かされていますね。 とろみがあってまろやかで美味しいです。 肉じゃがのような味の濃いものと合わせても邪魔をしないお酒ですよ。
(藤井さん) お燗をするとなお美味しいですよ。

(藤田さん) 2本目、これは何ですか。
(藤井さん) 無濾過生酒 「冬の月」 です。 デビュー16年目になります。搾ったまんまのお酒を半年寝かせたものをお持ちしました。
(藤田さん)  素顔、すっぴんのゆで卵のようなお酒ですか。 またラベルが黒地に金色に光る三日月・・・・絵のようですね。

 

(藤田さん)  (一口味わいます) オー ・・・・ 口の中の広がりが先ほどのお酒と全然違う !!
甘口だけど主張があり、ふわーっと広がっていく ・・・・・。
(藤井さん) このお酒は、白桃酵母で仕込んであるのが特徴なんですよ。
(藤田さん)  桃の酵母ですか ・・・すごーい! 注文はどうするのですか? 
(藤井さん) 今は冬季限定、予約だけで販売しているお酒です。 ご希望の方は、会社にお問い合わせください。なお、100本に1本、ラベルが満月になります。

 〜〜〜 休憩 〜〜〜

(藤田さん)  社長さん、今日は和のコスチュームですね。すごく素敵・・・・。
(藤井さん)  はい、野袴です。 これは夏涼しく、冬暖かいんですよ。
(藤田さん)  ご紹介いただくお酒がまだありました。何でしょうか。
(藤井さん)  ヨーグルトで造った日本酒ベースのお酒です。 杜氏がヨーグルトから造っています。 アルコール度数7%で、立ち飲み屋でも人気のお酒です。
(藤田さん)  ゼロから造っているのですか ・・・・。

 

(藤田さん) 甘いけれど酸味がありますね。これはすごーい。 色んなものに使えそうな気がする。 胃の表面をしっかりコーティングしてくれるようなお酒ですよ。
(藤井さん) はい。甘味と酸味のバランスがよく、シャーベットにしても楽しめます。海外のイベントでは大人気でした。



◆ (藤田さん)そろそろお別れの時間となってきました。リスナーの皆さんにメッセージをどうぞ。
(藤井さん) 手前どもは、少数精鋭でお酒をつくっておりますが、お客の口に入るまでが酒造りと考えております。信頼できるお酒を飲んでもらって皆さんににっこり笑って頂けるよう、そして小さな蔵ですが日本一の甘口の蔵を目指して頑張っておりますのでどうかご支援ください。
(藤田さん) 本日は有難うございました。



◆ 気が付くとインタビュー時間が30分をオーバーしておりました。 話題が豊富だったせいでしょう。

◆ 丁度良いタイミングで嘉美心酒造から26日・日曜日の 「酒蔵開放」 のお知らせです。


《 同社への問い合わせ先は、下記のとおりです 》

お問い合わせ窓口    総務課 山下 健一

郵便番号        714−0101

所在地         岡山県浅口市寄島町7900−2

お問い合わせ電話番号     0865−54−3101

お問い合わせファックス番号  0865−54−3105

お問い合わせメールアドレス  yamashita@kamikokoro.co,jp

岡山の銘醸蔵 「嘉美心酒造」 の 藤井社長 が、 FMサル―ス に出演されます !!
 7月21日(火) 15時15分ころから FMサルース のライブ放送番組 Afternoon SALUS ( パーソナリティー藤田みささん ) に、 嘉美心(かみこころ)酒造 の 藤井進彦( のぶひこ ) 社長 (=写真下。 50歳 ) が登場されます。

 同社は、昭和50年代半ばから 「私たちはお酒を作ることではメーカーですが、生きる上では消費者です。だから家族の口に入れさせたくないものは作りません」 という誓いの言葉を社是として打ち出しておられる精神性の高い酒蔵です。




では、嘉美心酒造とは、どのような酒蔵なのでしょうか。 藤井社長にその特色と周辺の名所を挙げて頂きました。

☆備中杜氏の故郷に生まれて☆
瀬戸内海沿いの小さな町、岡山県浅口市寄島町にある嘉美心酒造は大正2年(1913年) に初代・藤井長十郎によって創業された比較的新しい蔵元です。
創業当初は「長久正宗」という銘柄を名乗っていました。現在の銘柄名“嘉美心”は二代目・松三郎により命名されました。彼は並々ならぬ酒造りへの情熱と共に、また信心深く「身も心も清らかにして御酒を醸したい」との願いから 「神心」 と同音の言葉を選んだものと伝えられています。町内の大浦神社には信仰心の篤い松三郎が誘致した酒の神様と称される京都の松尾大社の分社が現存しています。

嘉美心酒造の帰属する「備中杜氏」の起こりは江戸の元禄年間に浅口郡大島村(現在の笠岡市大島)在住で、回船業に従事していた浅野弥次兵(通称:忠吉)が、運送中に台風に遭遇し、奇跡的に命が助かり、灘地方にたどり着き、危険な海上生活を辞めて灘の酒造場に雇われ、そこで杜氏としての高い技術を身につけ帰郷し、その技を冬場に仕事の無かった若者たちに伝授したのが始まりとされています。

やがて明治20年中頃には100人を超す杜氏集団となり、明治30年頃には「備中杜氏組合」を結成、大正4年には杜氏392名、最盛期の第2次世界大戦前には酒造全従業者を併せれば約2000人に達する大集団だったと推定されています。そして1958年(昭和33年)には、杜氏や蔵人などが会員となる「寄島酒造研究会」を発足、当時の三代目・敦久は蔵の敷地内に会員の研修と交流の場として寄島酒造会館」を建設しました。

また、戦後以降、氾濫していた添加物による「甘口清酒」と一線を画する嘉美心の「酒1本当たり米を更に贅沢に使う」旨口路線が確立しました。そして、昭和45年、次に当時の業界の常識を超える取り組みが 「アルプスへ蔵を移せ!」 という発想の元に行われた「全館冷房」でした。これにより貯蔵酒は真夏でも15℃以下で管理されるようになった。今でこそ低温での貯蔵は当たり前の事ですが、当時は同業者からは奇異の目で見られ、「酒を冷やしてどうするんなら?」と嘲笑されたこともあったそうです。

☆嘉美心の基本姿勢「私たちも消費者だ!」☆
今の「大量生産・大量消費」の世の中では私たち蔵の力は小さなものです。が、嘉美心では、作る者の“原点”はどうあるべきか、を常に考え続けています。 それは何かと申しますと、『作る私たちも消費者である。』ということです。より一層の「食の安全性」が求められる時代となりました。
今こそ、「私たちはお酒は作るが、味噌・醤油は買う。自分たちは消費者である。作る者も消費者である」という原点に立ち返り、四代目・晃生が昭和50年代半ばに社是として打ち出した「私たちはお酒を作ることではメーカーですが、生きる上では消費者です。だから家族の口に入れさせたくないものは作りません。」という誓いの言葉を改めて確認しております。消費者にとって、良い食品とは何か? 嘉美心では以下の4条件を満たした商品を4原則に則った方法で作る ことを約束します。

【4条件】 ^汰瓦任△襪海 △瓦泙しのないこと Lがよいこと ど兵舛鳳じた妥当な価格 
【4原則】 仝粁舛慮形 加工段階の純正 時代環境に曲げられない企業姿勢 ぞ暖饉圓箸隆愀犬僚纏襦

☆新たな100年に向けての“初めの一歩”☆
ただいま嘉美心酒造では更なる酒質の向上を「ネクスト・ステージ」と位置付け、全社を挙げて取り組んでおります。その一環としまして、既に着手している上槽→濾過→火入れのフレッシュローテーションの酒造りやビン燗ビン貯蔵の取り組みに加え、昨年度の造りより、全館冷房システムの一新、小型貯蔵用タンクの蔵置、並びにビン貯蔵スペースの拡充に取り組んでおります。

また、造り(洗米・浸漬)においても普通酒以下、全ての酒質に於いて原則60kg以下の洗米・限定汲水を実行、搾ってから火入れまでの期間も大幅に短縮しております。具体的には以下の商品が対象になります。なお、その成果の一端として、

● 広島局清酒鑑評会 3部門 にて全て優等賞受賞(「香りを主たる特徴とする清酒」「味を主 たる特徴とする清酒」「燗酒」の3部門)を2年連続受賞(2年連続の三冠王は2蔵のみ!) 
● IWC( インターナショナル・ワイン・チャレンジ ) の2009年度&2015年度の2回にわたり本醸造の部で金賞(ゴールドメダル )を授賞 
● 2015年度ワイングラスでおいしい日本酒アワードの大吟醸部門 にて最高金賞を受賞

など着実に表れてきました。嘉美心はこれからも「知恵・心・夢」をテーマに挑戦を続けていきます。どうぞ御期待下さい。 

☆蔵元の近くの名所☆
大浦神社
蔵元より数分の距離にある八幡神社です。立春朝搾りにおける祈願神社でもあります。応神天皇・仲哀天皇・神功皇后の三神を氏神様としてお祀りしたと伝えられています。毎年10月に開催される秋季大祭での「競馬神事」は全国的にも有名で、2頭の神馬が競走し、勝った神馬の騎手が弓を射るという国内唯一の特殊神事が、450年以上一度も途切れることなく続けられています。ちなみに「勝守」はJRA(日本中央競馬会)の馬主向けにも供給されてます。是非、参拝されて神馬のご神威をいただいてください。ご利益は「勝負運向上」です。商売に勝つ!受験に勝つ!病に勝つ!恋愛に勝つ!自分に勝(克)つ!とにかく絶対、何にでも勝つ! 同敷地内に祀られている酒の神様である京都の松尾神社の分社と併せてお参り下さい。

日本料理「銀座」
寄島町内の懐石料理店。蔵見学の後は是非、こちらで瀬戸内の旬の味覚をお楽しみ下さい。ここの名物は何と言っても店主の披露する<式包丁>という食の儀式。<式包丁>とは、平安時代より宮中で行われてきた食の儀式で、魚や鳥を手で触れずに切りさばき、瑞祥形というおめでたい形を表現するものです。ここ「銀座」の三代目店主の山本八郎さんは、京都生間流二十九代家元生間正保より免許を賜り、岡山では銀座様のみに許可されております。

☆当日紹介の自慢のお酒☆
《 特別本醸造酒 「秘宝」》
嘉美心の全国進出のきっかけになった酒。また2009 年と2015年の2度にわたりIWC( インターナショナル・ワイン・チャレンジ)本醸造の部金賞を授賞、海外進出のきっかけを作った。米の旨味を極めた嘉美心のロングセラー作品です。



《 純米吟醸無濾過生酒 「冬の月」 》
デビューして今年で16年目を迎える今の流行の無濾過生酒の走りの作品。本来の米の旨味を伝えます。本日は半年寝かした熟成酒をお持ちしました。出逢いとご縁を呼び込むストーリー満載のお酒です。



《 ヨーグルトリキュール 「とろりんグルト」 》
日本初の杜氏が自ら造ったヨーグルトを100%使用した日本酒ベースのリキュールです! そのまま飲んでもOKですが、フルーツをトッピングして楽しむのもよし、カクテルベースの酒としても楽しめます。さあ、あなたも整腸作用を利用して体の中からエステしませんか? アルコール度数7%台




ライブ放送で映像が流れますので、番組表をクリックして
スマートフォン/パソコンでご覧ください。

FMサルース/ホームページはこちらをクリック
「歴史と文化の蔵」 橘倉酒造 (長野県佐久市)が、近現代史・要人の書を中心とする資料室を開館しました !!
 資料室の名称は、「不重来館」。 何やら難しそうな名称ですが、同社の井出民生社長(=写真下)のお話によれば、中国の詩人、陶淵明の詩の一節

盛年不重来 ( せいねん かさねてきたらず ) 
一日難再晨 ( いちじつ ふたたび あしたなりがたし ) 

からとったもので、
 
人生の盛んな時代は、一生のうちに二度来ることはない。今を精一杯生きること、過去を振り返り、未来を展望することの大切さを示している
とのことです。



★ 創業約300年という長い歴史のあるこの酒蔵は、江戸時代に名主*を務めておられ名家だけに古文書が多数残されているだけでなく、幕末から昭和にかけて活躍した有名人、たとえば、勝海舟、渋沢榮一、中江兆民、高橋是清、あるいは中国の革命家・孫文といった人々の書を多数保有しておられました。 これらの貴重な資料を公開する目的でこの資料館が作られたのです。
  * 名主について(以下、ネット情報): 東日本では名主、西日本では庄屋、北日本では肝煎りと呼ばれていたのです。ですから名主と庄屋は同じです。いずれも村で一番の地主が庄屋であったと思われます。



 この酒蔵からは、政治家、作家、文化人を輩出しています。たとえば、
† 井出孫六 (直木賞作家)
† 井出一太郎(政治家)
† 井出正一(政治家)
† 丸岡秀子(農村婦人運動家)

また、同社に縁(ゆかり)のある有名人も多数おられます。たとえば
† 富本憲吉(陶芸家) 
† 奥村土牛(日本画家 )
† 小山敬三(洋画家) 
† 田村隆一 (詩人) 
† 高倉 健 (俳優) 
† 重光 葵 (政治家) 
† 三木武夫(政治家) 

不重来館」は、 「月に1回一般公開日が設定されていますので、観覧ご希望のお客様は下記お問い合わせ先までご連絡下さい」 とのことです。
 info@kitsukura.co.jp 
電話 0267-82-2006 FAX 0267-82-2413



勇心酒造(香川県)の新本社ビルが完成しました !!
ライスパワーエキスの生みの親、勇心酒造 は、ロングセラー商品11エキスなど化粧品素材の需要の高まりによる好調な業績を背景に本社棟を敷地内に建設中でしたが、先月完成しました(=写真下)。 新社屋は、3階建て・各階386坪、煉瓦&石造り調に仕上げられています。




1階のエントランスホール


3階の研究室

● 後継者として同社の重責を担う徳山孝仁常務 (=写真下) のお話によれば、次のような効能のエキスを商品化し、また開発中とのことです。



 二日酔い予防、肝機能障害予防の効果をもつエキス 癸隠娃 (ウコンの宣伝で訴求しているような効能を持つエキスとのこと。 近く商品化)
 美肌効果のある飲むエキス 癸隠娃  (商品化)
その他「抗アレルギー効果のあるエキス」なども開発中
  
これら新開発エキスの効能が示すように、近年の開発の重点が 内用剤(飲用) に置かれているのが特徴です。 同社の研究開発体制が本格化してきましたので、今回の設備充実により「身体を健全化するライスパワーエキス」の開発に一段と弾みがつくことでしょう。


 また、徳山常務は、画期的なライスパワーエキスを生み出している「醸造発酵」という技術について次のように言っておられます。

醸造発酵は、科学では生み出すことのできないものを生み出すことのできる技術だと捉えています。
私たちは長い年月をかけておいしいお酒を造ることを目指して醸造醗酵技術を磨き上げてきましたが、技術である以上醸造発酵の原点、ひいては 酒蔵の原点に立ち返れば、これまでにない様々なものをもっともっと生み出すことができる可能性 を秘めているのではないでしょうか。」

 勇心酒造は、研究開発型企業として順調に成長を続けており、3年後には売上高50億円をめざしています。
  (27年6月期) *売上高:約30億円
           *従業員数:80名 (うち研究職・20名)

蔵元情報 7月(2015)
■■■イベント■■■

一ノ蔵
松山 酒ミュージアム企画展のお知らせ 6月19日更新
6月20日より、松山酒ミュージアム1階展示室において、
「山形栄一墨彩画展」を開催致します。
山形先生は弊社本社蔵のある大崎市松山生まれ。墨彩画と書を学び、これまでに河北書道展近代詩文書の部の仙台市長賞受賞を始め、数々の賞を受賞、宮城県内を中心に個展を開催されご活躍されています。
山形先生の絵画や書は、見る人の心をとても安らかな気持ちにさせてくれます。今回は初展示の墨彩画、掛け軸合計45点を展示しております。 
是非、この機会に松山酒ミュージアムへ足をお運びください。
■企  画  展 山形栄一墨彩画展
■開 催 場 所 松山酒ミュージアム1階展示室
■開 催 期 間 平成27年6月20日(土)〜8月16日(日)
■開 館 時 間 午前9時30分〜午後5時(最終入館時間午後4時30分)
■入  館  料 大人300円、高校生以下小学生まで150円
■定  休  日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日お休み。お盆期間中は営業致します。)
■問い合わせ 松山酒ミュージアム電話0229-55-2700(通話時間午前9時30分〜午後5時)



富久錦
「明石に全国の酒蔵 29蔵大集合!!日本酒試飲会」

全国の有名な蔵が勢揃いです。
もちろん富久錦も参加させてもらいます。
参加酒蔵
約29蔵 あいうえお順
明石醸造(明石鯛)、朝日酒造(久保田)、旭酒造(獺祭 商品のみ)
阿桜酒造(阿櫻)、石本酒造(越乃寒梅 商品のみ)、泉酒造(仙介)
茨木酒造(来楽)、今田酒造本店(富久長)、岡田本店(盛典)
落酒造場(大正の鶴)、勝沼醸造(アルガーノ・アルガ)、
山陽盃酒造(播州一献)、志太泉酒造(志太泉)、下村酒造店(奥播磨)、
仙頭酒造場(土佐しらぎく)、天山酒造(七田)、冨田酒造(七本鎗)、
永山本家酒造場(貴 商品のみ)、名手酒造店(黒牛)、八海醸造(八海山)、
林本店(百十郎)、平和酒造(紀土・鶴梅)、富久錦(純青)、御祖酒造(遊穂)
美富久酒造(三連星)、宮坂醸造(真澄)、村祐酒造(村祐 商品のみ)
安本酒造(白岳仙)、夢心酒造(奈良萬)
参加チケット 4000円(食べ物は別途)
お猪口片手に酒蔵ブースを回っていただき試飲します。
おつまみなどはホテルがブースを設け提供いたします。
その場合、おつまみと交換でその都度、料金をお支払いしていただきます。
日本酒の試飲について、あくまでも試飲会ということで
節度ある楽しみ方でお願いします。
※未成年の方、妊娠中の方、車やバイク、自転車でおこしの方は、参加できません。
来場には、公共の交通機関をご利用ください。
チケットご購入は、岩井寿商店
日時  9月27日(日)12:00〜15:00まで
場所  ホテルキャッスルプラザ西明石 3F大宴会場
(新幹線・在来線 JR西明石駅より徒歩3分)
〒673-0016 兵庫県明石市松の内2丁目2番地TEL 078-927-1111
お問い合わせは 岩井寿商店まで TEL 078−923−4744

神戸酒心館
(2015.9.12)【第91回 酒蔵文化道場】不揃いの木を組む 〜技を伝え、人を育てる〜
講師:鵤工舎 前舎主 
    小川 三夫 氏
「最後の宮大工」として有名な法隆寺の棟梁、西岡常一氏の唯一の内弟子。
1969年弟子入りし、法輪寺三重塔、薬師寺金堂、西塔の再建では副棟梁を務める。
1977年独自の徒弟制度による寺社建築会社「鵤工舎」を設立し、数々の寺社建築に携わり、2003年に「現代の名工」に選出される。
2007年に棟梁を引退するも、執念のものづくりを後世に継承するため、宮大工を目指す若者の指導を続けておられます。
日時:平成27年9月12日(土)開演 16:00
料金:ビジター会費 2,000円
講演の後、講師を囲んで懇親会がございます。(要予約・別途 4,000円)
お問い合わせ・お申し込み:
◎ 神戸酒心館 事業部 Tel:078-841-1121 までお電話ください
◎ または、e-mail: info@shushinkan.co.jp までご連絡ください

■■■試飲会■■■

酔仙酒造
7月1日より西武池袋本店さまにて試飲販売会を行います。
今回のおすすめ商品は微発泡清酒「ShuWaWa(シュワワ)」、どぶろく風清酒「雪しぐれ」、本醸造「熟酔」です。
他にも定番商品を揃え、お待ちしております。みなさまお誘い合わせの上、ぜひご来場下さい。
期間:7月1日(水)〜7月7日(火)
場所:西武池袋本店さま 地下1階・酒売場

一ノ蔵
<宮城県内>
(仙台)  7月16日〜7月20日…第4回全国やきものフェアinみやぎ(夢メッセみやぎ)
(仙台)  7月24日………………・2015仙台駐屯地一般開放 夏まつり内屋外ブース内 (※陸上自衛隊仙台苦竹駐屯地  15時〜20時30分)
(仙台)  7月25日〜7月26日……夏まつり仙台すずめ踊り 諫井商店出店ブース
(仙台駅東口 宮城野通 11時〜19時)
(仙台)  8月6日〜8月9日……・酒仙蔵吉岡屋エスパル店 
(エスパル仙台店地下1階 10時〜18時)
<宮城県外>
(横浜)    7月8日〜7月14日……横浜高島屋 地下1階酒売場
(上野)    7月9日〜7月11日……「宮城産直市」JR上野駅中高改札外グラント”コンコース
(池袋)    7月22日〜7月28日…・西武池袋本店 地下1階酒売り場
<海外>
(イギリス ロンドン)7月10日〜7月12日…THE2 ハイパージャパン2015      
未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。
試飲会の日程は、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

本田商店
お中元(残暑御伺い/残暑御見舞い)ギフト、お決まりでしょうか?
今年も龍力でお願いします。
下記の催事場のお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
日本酒売り場で皆様のお越しをお待ちしております。
 7月1日〜7日  西武池袋本店
◆7月7日〜13日  そごう神戸店
 7月15日〜21日  阪神梅田本店
ぁ7月28日〜8月3日 そごう西神店

神戸酒心館
関西・関東で行われる福寿の試飲宣伝販売をお知らせいたします。
どうぞこの機会に、福寿の味わいをお楽しみ下さい。
【【関西】
 ・川西阪急      7月 15日(水)〜 7月 21日(火)
 ・神戸そごう     7月 21日(火)〜 7月 27日(月)
 ・宝塚阪急      7月 29日(水)〜 8月 1日(土)
【関東】
 ・北野エース調布店   7月 4日(土)〜 7月5日(日)
 ・マルイ志木店     7月 24日(金)〜 7月 26日(日)
 ・新宿高島屋      7月 29日(水)〜 8月 4日(火)

今西清衛兵商店
春 鹿 の 試 飲 会 情 報 更 新
以下の日程で「百貨店試飲販売会」を行います。
試飲をして、お好みのお酒をお買い求め頂けます。
お近くにお越しの際は、是非、お立ち寄り下さい。
日時/平成27年 7月 2日〜7月 8日 近鉄百貨店 奈良店(奈良県)
日時/平成27年 7月 2日〜7月 8日 東武百貨店 船橋店(千葉県)
日時/平成27年 7月 9日〜7月15日 近鉄百貨店 上本町店(大阪府)
日時/平成27年 7月15日〜7月21日 三越 札幌店(北海道)
日時/平成27年 7月16日〜7月22日 近鉄百貨店 橿原店(奈良県)
日時/平成27年 8月19日〜8月25日 阪神百貨店(大阪府)

■■■製品情報■■■

一ノ蔵
一ノ蔵夏ギフト販売開始!
この時期は百貨店やスーパーを中心に、お中元・夏ギフトコーナーがにぎわいを見せ始めます。一ノ蔵でも夏ギフトの販売を開始しました。今年オススメの夏ギフト2点、一ノ蔵大吟醸「技」と特別純米酒3本セット「巴」をご紹介します。
一ノ蔵大吟醸「技」は、酒米の最高峰「山田錦」を100%使用し、洋ナシのようなフルーティーな吟醸香をまとい、きめ細やかな味わいとキレのある後味が自慢の「大吟醸酒」です。木箱に入った本品は、特にお世話になった方への贈り物としてとても人気のある商品です。
特別純米酒3本セット「巴」は、上品な米の旨みと酸味が程良く調和した「特別純米酒」、柔らかな口当たりとキレが人気の「特別純米酒辛口」、爽快なキレ味と喉越しが楽しめる「特別純米酒超辛口」の、弊社純米3種の呑み比べがお楽しみ頂けるセット商品です。
冷やしては勿論のこと、お燗にしても3種の個性が映え、幅広い温度でお楽しみ頂けます。また料理の味を引き立たたせる酒質から、食中酒としても十分にご満足頂けます。毎日晩酌をたしなむ方への贈り物にピッタリです。
この他にも、贈って喜ばれる商品をご予算に応じて取り揃えております。詳しくは一ノ蔵までお問い合わせください。
ちなみにお中元は、一般的に8月のお盆前までに贈ることがマナーと言われています。
日頃の感謝のお気持ちと共に一ノ蔵の夏ギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。




鈴木酒造店
「松右衛門」発売開始!!
皆様お待たせ致しました。
先日全国新酒鑑評会で金賞受賞しました「松右衛門」の発売日が決まりました。
受賞時以降お客様から多くの御祝と御予約数の状況から、当商品への期待が伝わってきます。
一本一本丁寧にラベルを貼って、箱に詰めました。
好評発売中!!!!
数量限定商品ですのでお早めに御予約お待ちしております。
代々受け継ぎし、当主の名を冠した「十九代目松右衛門」。品評会へ出品したお酒と同じものなので、数量限定品です。手縫いのさらし袋にお酒を入れて吊り下げます。袋の表面に滲んできたお酒は、ポタリ、ポタリと垂れて雫酒となります。高貴な香りと豊潤な味わいは至高の逸品です。最高の状態でビンに詰めていますから、冷蔵保管をお願いします。
720ml / ¥3,500 (※税抜き価格).



純米吟醸 ひまわり 発売です。20150525
間もなく秋田に短く暑い夏がやって来ます。
そんな夏を前に秀よしが皆様にお届けする夏の定番酒『純米吟醸酒 ひまわり』のご紹介です。
秋田県産酒造好適米『秋田酒こまち』と秋田県から再び全国発信できるお酒を造るためにと開発された『こまち酵母R-5』のオール秋田の組み合わせ。
驚きのスッキリ感・キレのあるのど越し・深みのあるコクと香りが大きな特徴で、冷蔵庫で雪冷えの温度(5度)までキンキンに冷していただくか、グラスに氷を浮かべ気品溢れる上質な気分で味わっていただくと、更に清涼感が増し飲み手の方々の心を虜にすることでしょう。
原料米 / 秋田酒こまち
日本酒度 / +1.0
酸度 / 1.6
アルコール分 / 17度
720ml / ¥1,330  1800ml / ¥2,800  (※税抜き価格).



一本義久保本店
特別限定酒 「第一義諦」
明治44年に第1回が開催され 以来100年の歴史を数える
日本酒最大のコンテスト「全国新酒鑑評会」
この鑑評会で金賞を受賞した年にだけ発売される限定の大吟醸酒(出品酒)には一本義の酒銘の由来となった禅語「第一義諦」を冠しました。
■大吟醸酒(限定品)
■アルコール度数 16〜17%
■原料米 山田錦
■精米歩合 30%
大吟醸酒など、高い香りと繊細な味わいが特長のお酒は、大振りのワイングラスなどに1/3程度注いでゆっくりとまわしたり、グラスを手で包んで酒の冷たさを少し和らげていただきますと、香味が広がり最も美味しくお召し上がり頂けます。
また、繊細な香味をお楽しみいただくため、お燗はつけずにお召し上がりください。
720ml 5,400円 〜価格は希望小売価格(税込)〜



橘倉酒造
大吟醸 若き血
私学の雄”慶應義塾大学の応援歌『若き血』に因み、大学のご理解の
もとに商品化され親しまれてまいりました「若き血」にこの度、大吟醸が誕生しました。
山紫水明、信州佐久にて江戸元禄創業の橘倉(きつくら)酒造が丹精込めて醸した
大吟醸 若き血」は、フルーティで芳醇な香味を湛えた渾身の逸品でございます。
友や仲間と母校を想い語るとき、“月下独酌”盃を傾ける大切なひとときの傍らに
「若き血」ありて、文字どおり、若き活力の源となることを願っております。
販売価格: 3,600円(税込)
.販売開始日: 2014/05/20



花の舞酒造
【新発売】 純米吟醸生原酒
酒蔵でしか味わえない奥深い味わい!あえて処理工程を省くことにより酒蔵でしかあじわえなかった日本酒本来の、フレッシュで奥深い味と香り、しぼりたての美味しさがそのままお楽しみいただける生原酒。
暑い夏にピッタリの新商品です。
□原料米/静岡県産山田錦
□ 精米歩合/60%
□ アルコール度数/18.5%
販売価格/720ml 1,330円(税別) 1,436円(税込)
○賞味期限は6ヶ月となります。  
○鮮度を保つため必ず冷蔵庫で保管して下さい。



第9回浜松国際ピアノコンクール認定商品
シャンパンやカクテルと同じように、普段お酒の飲めない人でも楽しめる
人気の甘口・低アルコールのちょびっと乾杯シリーズが、
第9回国際ピアノコンクール認定商品になりました。
国際ピアノコンクールカートン首かけ付きの特別パッケージで
お土産にピッタリの商品です。
2015年7月19日発売
300ml 本体価格699円



富久錦
やわらかしぼり 柚子酒
さわやかな柚子の香りが食欲をひきたてます
北となりにある神河町は柚子の産地。
やわらかく搾った柚子の天然果汁は香り豊かで
まろやかな味わい。純米酒と天然柚子果汁の相性が抜群です。
ロックでまたはストレートで、少量の炭酸で割ってもおいしく召し上がれます。
原材料 : 純米原酒、天然柚子果汁、果糖
アルコール分 : 8度以上9度未満
720ml 1,400円(税別)



低アルコール純米酒「Fu.」は夏向けのお酒です。
果実のような自然の甘みと酸味伝統的な酒造りの技から生まれた、
果実のような風味の低アルコール酒です。
ワイングラスで飲むのもおすすめ。
原料米 : 加西市産キヌヒカリ
精米歩合 : 70% 
アルコール分 : 8度以上9度未満
500ml 877円(税別) / 270ml 571円(税別)



嘉美心酒造
「特別本醸造秘宝」IWC金賞受賞
嘉美心の「特別本醸造秘宝」が「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)本醸造の部」において「ゴールドメダル」を頂くことが出来ました。
これも日頃ご愛飲頂いております皆様のおかげと深くお礼申し上げます。
ありがとうございました!
未だ味わった事が無い方も是非これを機会に味わってみて下さい。
本年は、ワイングラスでおいしい日本酒アワードにおいて「備中流大吟醸」が最高金賞に、「備中流純米大吟醸」が金賞に選ばれました。
嘉美心では、日ごろ皆様に飲んで頂く「定番のお酒」の酒質の向上に取り組んで参りました。
これが評価されました事大変うれしく思います。
今後も皆様によりおいしいお酒をお届けできる様精進して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
酒サムライホームページ
http://www.sakesamurai.jp/iwc15_medal.html
嘉美心オンラインショップ 「秘宝」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kamikokoro/1010471.html 
ワイングラスでおいしい日本酒アワードホームページ
http://www.finesakeawards.jp/2015/awards2015.html#hyousyou2015
嘉美心オンラインショップ「備中流大吟醸」「備中流純米大吟醸」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kamikokoro/bde3cac6c2.html

 

賀茂泉酒造
本日、純米大吟醸「延寿」300mlクリアケース入を発売しまた!2015.7/6
本品は、蔵元より北へ約6kmにある圃場で栽培された酒米『山田錦』を清らかな酒都・西条の伏流水と広島杜氏伝承の技で醸した純米大吟醸酒です。
穏やかな香りと透明感のある優しい米の甘み、フレッシュな酸味が程よく調和しています。
おすすめのお召し上がり方は、薄口の盃やワイングラスで、常温もしくは冷やしてお愉しみ下さい。
パーソナルギフトとしてもご利用下さい。
使用米:広島県産山田錦100% 精米歩合:50%
アルコール度数:16度 日本酒度:+3.0 酸度:1.5
使用酵母:KA-1
容量:300ml やや辛口
販売価格 1,080円(税込)


▲PAGE TOP