日本酒日和メールマガジン
   
最近のエントリー
RECENT TRACKBACK
カテゴリー
過去のエントリー
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ブログ内を検索


LINKS
PROFILE
モバイル
OTHERS
またもやユニークな「日本酒本」が出版されました!
本年2月に本欄でユニークな日本酒本 『 日本酒マニアックBOOK 』をご紹介しましたが、この本の執筆・編集をされた小宮千寿子さん ( =写真) が、出版元「シンコーミュージック・エンタテイメント」社の企画を担当されている播磨さんとご一緒に 下記の新たな「日本酒本」の出版報告にお越しになりました。 
 今度のメインテーマは、いわゆる 「日本酒と料理の相性」 です。 「相性」のことを「ぺアリング」と言うのですね。知りませんでした。 前書と同様に、写真と図で溢れていて眺めているだけで楽しい本です。
小宮さん も編集者として分担執筆しておられます。





本書の紹介文を引用しますと、
「日本酒の性格を4つのタイプに分け、酒造りの細かい行程(米の磨き方、酵母の種類、醸し方など)が味にどんな影響を与えるかを理解した上で、それぞれどんな料理と一緒に楽しむとよりおいしくなるのかを、ロジカルに説明します。
ですから、よくある「◯◯には□□を合わせましょう」といったような一つだけの組み合わせを提案するのではありません。この本でペアリングのポイントを知れば、あとは自分で自在に組み合わせを考えていけるのです ! 」

【本書の内容】
Prologue ペアリングって何?
Lesson 1  日本酒の4タイプの特徴を知ろう



Lesson 2  ペアリングのためのテイスティング法


Lesson 3  4タイプの指標となる製法を知ろう

Lesson 4  温度帯を見極める

Lesson 5  にごり酒とテクスチャーを合わせる
この中の「にごり酒の製造方法と歴史」の項では、会員会社の 『月の桂』 こと「増田徳兵衛商店」増田社長 にインタビューしています。



【本書に登場するSRN会員蔵のお酒】
● 一ノ蔵 (宮城県) 『 一ノ蔵発泡清酒 すず音 』
● 六歌仙 (山形県)   『 ひととき純米酒 』
● 鈴木酒造店 (秋田県) 『 秀よし 練り上げにごり酒 』
● 増田徳兵衛商店 (京都府)  『 本醸造 月の桂にごり酒 』
● 嘉美心酒造 (岡山県) 『 しゅわしゅわ 』
● 酒井酒造 (山口県)  『 発泡純米酒 ねね 』 、 『 五橋 純米生原酒 精米96%黒糀 』

著者 葉石かおり(監修)
サイズ A5判
ページ数 112ページ
¥ 1,620 (本体 1,500+税

会社名 株式会社 シンコーミュージック・エンタテイメント
所在地 〒101-8475
東京都千代田区神田小川町2-1
TEL 03-3292-2862(代表)
FAX 03-3292-3666
URL http://www.shinko-music.co.jp
一ノ蔵 (宮城県) からお勧めの 「旬の一本」 のニュースが届きました!

水と緑に恵まれた一ノ蔵の本社(宮城県大崎市)

螳譽梁△虜7遒里すすめ 「旬の一本」 は、原料米と造りにこだわり、日本酒の新たな可能性を追い求め、一ノ蔵の通常商品とは違う手法を用いた造りに挑戦したお酒 「一ノ蔵特別純米酒アルコール15%原酒」 です。



このお酒について、専務取締役・浅見周平 さん (=写真) は、次のように述べておられます。



梅雨に入りましたが、宮城も雨は少なく、天候にも恵まれ、清々しい陽気が続いております。
稲の生育も順調ではありますが、この時期に雨が少ないとこれから本格的な夏を迎えるにあたって水不足が気になってしまいます。 いつでも心配は絶えないものです。

  さて、ご紹介させていただく、この時期おすすめする一杯は、「一ノ蔵特別純米酒アルコール15%原酒」 です。一ノ蔵では 蔵人の手による伝統的な手づくりの技の上に、日本酒の新たな可能性を追い求め多様な酒づくりに挑戦 しておりますが、それを代表する一本です。
 原料米には 「有機JAS認定栽培米ひとめぼれ」を使用 しております。生産者は宮城県登米市の石井稔さんで、NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」 でも取り上げられた宮城を代表する篤農家です。



  酒造原料としての ひとめぼれの特徴は、豊かな甘味 にあります。その味わいを引き立たせるため、一般的には17〜18度まで発酵をさせ、加水をして15度に調整するところを、あえて15度の原酒にすることでよりボディのある味わいを引き出しています。 しかし、15度でお酒を搾ろうとするとまだ酵母が働いている醪中期にあたり、硫化臭が発生しやすい状態のため、それを実現するには高度な技が必要となります。そこで登場するのが低アルコールで培ってきたノウハウです。
  硫化臭を発生させずにアルコール15%でありながら一ノ蔵らしい落ち着いた香りとキレイな味わいの原酒を実現しています。 実は すず音やひめぜんも原酒 なのです。そうして搾ったお酒を夏向けにフレッシュな香味も楽しめるように加熱殺菌後、すぐに急冷し涼温状態でおよそ半年間貯蔵し、生詰にて商品化しております。

 この時期の宮城は、海のパイナップルと呼ばれる生ほやや天然のムラサキウニが旬を迎えております。ほやは酢の物で、ウニはそのまま がぜうに(宮城では殻付きウニのこと )など夏を代表する味覚です。こうした 旬の肴とともに旬のお酒で一献、楽しんでいただけたら幸いです。
 なお、この商品はタンク1本の仕込みのみとなっており、流通量が少なく取扱店が限られておりますこと予めご容赦願います。

【一ノ蔵特別純米酒アルコール15%原酒】
◆ 生産者: 石井稔氏(宮城県登米市)
◆ 原料米: 有機JAS認定栽培米ひとめぼれ
◆ 精米歩合: 60%
◆ アルコール分: 15度 
◆ 日本酒度: -9 〜 -7
◆ 1.8リットル: 3,048円+税 
◆ 720ミリリットル: 1,524円+税


『江戸切子の店 華硝』 さんの全貌がTV放映されました !!
去る18日(日)夜、BSジャパン の番組 「未来EYES」「江戸切子の店 華硝」 さんが取り上げられ30分間フルに放映されましたから、江戸切子、経営者のご家族、そして工房のスタッフなど全貌が紹介されました。 
それにしましても同社にとっては、またとないイメージアップPRとなり、また今後の飛躍への足掛かりともなることでしょう。




 
江戸で始まった伝統硝子工芸、江戸切子。 平成14年、国の伝統工芸品に指定されました。
「華硝」さんが注目されましたのは、なんといっても 「2008年 洞爺湖サミット」 において、国賓への贈答品として同社が世界に誇る 「米つなぎ紋様」 のワイングラスが採用されたことです。


  
番組は、「2代目」こと熊倉龍一会長に終始焦点を当てており、この方が随所に登場して発言しておられました。 同社の創業は1946年。



そして会社の紹介も・・・・。 工房は、亀戸天神近くのこの本店 (江東区亀戸) にあります。



さらにご家族の皆さんが次々に登場され発言しておられましたが、なんと会長ご夫妻の結婚写真まで紹介されていましたよ! 


 会長夫人で社長・熊倉節子さん

1年前に開設した日本橋店を取り仕切っておられるのは、長女の千砂都さん




 
亀戸の工房で若手のリーダーとして制作、そして二代目の指導を受けながらデザイン開発に励んでおられるのが、「三代目」 こと長男の隆行さん。 



「華硝」のオリジナルデザイン ・・・ 『玉市松』、 『糸菊つなぎ』、 『米つなぎ』

 





さらに小さなご家族、「四代目」になるものと期待されているお孫さんまで登場されました・・・・ 5歳の朋樹 (ともき) クン 千砂都さん の長男)です! 嬉しいことにこの坊や、早くも江戸切子に興味を寄せていて、お祖父ちゃんと工房に入るなり 「すみません。米つなぎやるんですけど」・・・・・そして工房でお祖父ちゃんの膝に乗ってカッティング作業の指導を受けていました。 なんと可愛らしくて頼もしい坊やでしょう !!



この伝統工芸の世界に身を投じている若者は少なくありません。 彼らの思いを受け止めながら未来へ向けて切子ビジネスを発展させ会社経営を磐石にすることがこれからの課題でしょう。それだけに「華硝」 さんの今後の頑張りに期待したいと思います。
 
外国人を含む日本酒通の専門家ゲストをお招きして勉強会を開催しました!!
SRNは、事業活動の一環として会員対象の勉強会を開催しておりますが、その一つが自社のお酒を持ち寄って専門家を交え相互評価を行う「商品持ち寄り評価会」 です。
今回のテーマは、「海外向け商品持ち寄り評価会」。場所は、西新橋の日本酒造組合中央会会議室。 参加者は、10蔵、13名。



 先ずは、代表幹事 鈴木整 「 螳譽梁 」 社長 から開会のご挨拶。



続いて、副代表幹事 武重有正 「 武重本家酒造 」 社長 から本日のゲストお二方を紹介。
◆ 日本酒造組合中央会 「日本酒情報館」館長  今田周三 さん
◆ キャプラン  J ・プレゼンスアカデミー事業部
クリストファー・ヒューズ ( Christopher Hughes ) さん

  * 今田さん: 酒問屋経営のお祖父様のご実家が広島県の酒蔵 『今田酒造本店』。 新日本製鐵、酒類流通、日本酒マーケティング・コンササルタント等を経て、現職。
  * ヒューズさん: 英国生まれ。 大学で日本語を専攻。ロンドンで田崎フーズに勤務後、日本酒流通、山形の酒蔵勤務を経て、現職。 国際利酒師、日本酒学講師





いよいよゲストを交え評価シートを手に参加者全員による「商品評価」が始まりました(約80分)。 対象となるお酒の点数は、19点。
【味】7項目、【香り】1項目 について5段階評価を行い、それに基づき【総合評価】を行うなど評価シートは詳細でして、やはり本格的な商品評価は簡単ではありません。





評価作業が終わり、ゲストによる詳細なコメントの後、参加者との間で質疑応答が行われました。 約1時間にわたりましたが、その間 ヒューズさんは終始日本語でコメント。 しかも驚くほど流暢な日本語でしたからよく理解できました。



 「外国人にわかりやすい」と評価されたラベルとしては、たとえば、(画像・左から)
一ノ蔵(宮城県)『純米酒ワタシノオト』、奥の松酒造(福島県) 『特別純米』、丹山酒造(京都府) 純米吟醸原酒 『風神雷神 琳派記念』、嘉美心酒造(岡山県) 『備中流 大吟醸』 などでした。



 ゲストのコメントは、味・香りよりも主としてラベルに集中しました。 集約すれば、外国人の立場に立って表現あるいいはデザインを工夫するということです。 当然の指摘だと思いますが、国内向けラベルのまま輸出されている日本酒がまだ多いということでしょうね。

「評価会」終了後、霞が関ビルの近くのレストランで懇親会を催しゲストお二方にも参加いただいて歓談しました。




「華硝」さんの 「日本橋店1周年記念」 特別展示に行ってきました!!
6月13日は、「江戸切子の店 華硝」 さんが日本橋にショップを開店して1周年、これを記念して特別展示が行われていますので訪問してきました (25日・日曜日まで)





出迎えて頂いたのは、お馴染みの熊倉千砂都さんとお母様。 お母様は、いつもは亀戸本店を担当しておられるのですが、この1週間は、本店を閉めてこちらに詰められるとのこと。



「1周年記念」特別展示メインテーマは 「合わせ」。 展示の中心は、会長さん(二代目)の古希を記念した限定作品で、米と麻という日本の自然の恵みを表現した見事なグラスです(写真)。




 
開店初日、早くも「売約済み」となったのが、この「合わせシャンパングラス」(税込・86,400円)



「合わせ」 には他分野とのコラボレーションも含まれていまして、その一つがこの扇子。



伊場仙 (扇子、うちわ。浮世絵の版元)、 戸田屋商店 (手ぬぐい、ゆかた) という日本橋の老舗2社の協力を得て出来上がったのが、この作品です。 (6月下旬発売の予定)

もう一つ、大変興味深いコラボ作品がありました。化粧品会社( SC Cosmetics社)のスチームクリーム* の金属容器に切子デザインをしたものです。 初めて見ました。 「小さな蕾から花が咲いていく様子」 をデザインしたとのことです。
*植物素材を用いた全身用保湿クリーム



 「合わせ」 の極めつけが、会長さんが考案され華硝さんの紋様を代表する 「糸つなぎ」「麻の葉つなぎ」を組み合わせた作品。 (大皿の価格は、税込189,000円)



 昨年来、華硝さんへの注目度は急上昇しており、すでに新聞、TVの取材が行われていますが、近く下記のTV番組でも紹介されますのでご覧下さい。  
18日(日) 夜10:30から BSジャパン「未来EYES」

また、夏場になりましたらSRN会員の「スパークリング日本酒」とのコラボもして頂けるとのこと、楽しみにしております。
「奥の松酒造」(福島県二本松市)の殿川杜氏が語る・・・「全国新酒鑑評会」 9年連続金賞の快挙の秘密 !!


創業300年の歴史のある銘醸蔵 奥の松酒造『大吟醸雫酒十八代伊兵衛』が、「平成28酒造年度全国新酒鑑評会 」 において 9年連続「金賞」 という栄誉に輝きました。


  
酒袋から自然に滴る雫だけを集めた貴重な酒。 大吟醸造りの繊細さと、芳醇な香味が絶妙。

日本酒度/+2.0
アルコール度/17
酸度/1.1
使用酵母/協会1801
精米歩合/40%

  「9年連続金賞受賞」の快挙の陰に造り手のリーダーとしてどのような工夫、ご苦労があったのでしょうか。
長年にわたり蔵のリーダーとして酒造り集団を率いてこられた醸造元 「奥の松」の杜氏さんで東日本酒造協業組合・理事を務めておられる 殿川(とのがわ)慶一 さんにその一端を語って頂きました。



 お陰様で全国新酒鑑評会9年連続金賞受賞、平成10年に酒造りの責任者になって 19年で18度目の金賞 を受賞することができました! 一緒に酒造りをしてきた皆に感謝です!

 振り返ってみますと、最初は試行錯誤の連続で色々なことを試しました。 まずは仕込み配合の検討、決定、原料米、酵母、種麹、原料処理、麹の管理、醪の管理、火入れの方法、貯蔵管理等々、酵母のブレンド、蒸米のさらし時間、醪管理はAB直線、BMD曲線の採用、個数計算による仕込み温度の正確さの追求、踊りの管理、仲仕込、留め仕込の温度管理、仕込み配合、汲み水歩合、酒母、麹歩合、追い水、上槽の時期など、様々な工程の管理が大事になってきます。 そのほか麹の力価バランス、火入れ温度、火入れまでの時間、貯蔵容器、貯蔵温度などの管理もあります。

  当社は、料理人が調理に使う包丁等道具にこだわりがあるように、鑑評会の酒も市販酒も同じ機械、道具でというコンセプトのもと酒質第一を掲げ酒造りに励んでいます。

  このように、各醸造工程できめの細かい管理を心掛け、酒質管理を大事にする気持ちが金賞受賞に繋がっていると思いますが、それぞれの工程ごとに判断力、品質を見る目が大事になっています。 香り高く、味に膨らみがあり、綺麗、軽快なバランスの良い酒を目指していても、良いものが何であるか分からないと造れませんので、そこに利き酒の能力も必要になってきますし、県外に出向いて研鑽を積む必要もあります。

  酒造りはこれでよいということはありませんので、さらなるレベルアップのためこれからもチャレンジを続けながら300年以上続く奥の松の伝統と革新を後世に残していきたいと思っています。 特に新しい洗米、浸漬機械の採用、連続蒸米機、製麹機械の改良を行い、更なるレベルアップを目指します。これからも様々な場面に真摯に向き合い、真面目に、一生懸命努力していけば、必ずや良い酒が生まれるでしょう。
 
  締めくくりとして述べておきたいのは、仕込み期間中休み無しの私を支え続けてくれた妻の存在です。 この支えが大きかったと思います。感謝です! 

蔵元情報 6月(2017)
■■■イベント■■■

一ノ蔵
松山 酒ミュージアム企画展のお知らせ
松山酒ミュージアムにおいて甲冑工房大崎塾様による「紙から作られる甲冑展」を開催致します。
甲冑工房大崎塾様は、塾長の佐藤悦壽氏を中心に大崎市古川で紙による甲冑を作成するサークルです。
紙からできているとは思えない程の重厚感と甲冑の構造や運搬、収納性といった細部至るまで当時の資料に従い忠実に再現されています。
精巧に作られた甲冑を是非、ご覧ください。
 

《企画展名》
展示名・甲冑工房大崎塾「紙から作られる甲冑展」
開催期間・平成29年5月13日〜6月11日 
開館時間・9:30〜17:00(最終日15:00)
休館日・毎週月曜日
入館料・大人300円 高校生以下小学生まで150円
お問い合わせ・松山 酒ミュージアム 電話・0229−55−2700

第23回いちのくら微生物林間学校参加者募集! 5月26日更新
今年も本社蔵で小学校5・6年生を対象に、「いちのくら微生物林間学校」を開校致します。
当日は顕微鏡を使って微生物の世界を覗いたり、みんなでパンを作ったりと、楽しくミクロの世界を学びます。
夏休みの自由研究にもぴったりなこの林間学校へ、この機会にぜひご参加下さい。


<募集要項>
◯日時:平成29年7月27日(木) 9:00〜16:00
◯場所:(株)一ノ蔵本社蔵(宮城県大崎市松山)※JR松山町駅から送迎あり
◯対象:小学校5・6年生
◯定員:36名様 
◯学習内容:,澆鵑覆妊僖鵑鮑遒蹐Α微生物のお話H生物を顕微鏡で見てみよう!
と生物を使った実験 他
◯参加費:1,000円(昼食代、保険料を含む)
<応募方法>
官製ハガキ又は封書に(1)〜(9)番までの必要事項をご記入の上、下記住所までお送り下さい。
(1) 郵便番号、(2) 住所、(3)氏名(ふりがな)、(4)性別、(5)生年月日、(6)電話番号 
※平日連絡のつく電話番号、(7)学校名、(8)学年、(9)保護者の承諾書(氏名・印)
※お申し込み多数の場合は抽選になります。抽選の結果にかかわらずご連絡致します。
※お客様から頂戴しました上記の情報は、弊社からのイベント等のご案内にのみ利用させて頂きます。
※保護者の承諾書(氏名と印)を必ず明記してください。
<応募先>
 〒987-1393宮城県大崎市松山千石字大欅14
 (株)一ノ蔵内「いちのくら微生物林間学校」参加者募集係まで
<応募締切>平成29年6月27日(火)当日消印有効
<お問合せ先>
 (株)一ノ蔵・いちのくら微生物林間学校実行委員会 TEL:0229-55-3322(代) FAX:0229-55-4513
 Eメール:kasahara@ichinokura.co.jp

本田商店
神戸 イベントのご案内
特別懐石と龍力を愉しむコラボ企画
皆様のお申込みを心よりお待ちしております。
☆神戸なだ万にて7月12日(水)開催☆
●受付:18:00〜
●スタート:18:30〜
<一日限定50名様> 10,000円(税込)
申込&お問合せ:神戸なだ万 TEL 078-252-3400
神戸市中央区北野町1-1 ANAクラウンプラザホテル神戸34階


嘉美心酒造
初夏にピッタリの美味しい冷酒をさがしてみませんか?
嘉美心酒造 夏のミニ蔵開放開催!!


酒井酒造
五橋文庫では5月28日から「一杯一杯また一杯 文人の酒器 」と題した展示を行います。
岩国には江戸期より人々が誇れるものの一つとして文墨、特に篆刻を主体とした文化活動があり今日に至っています。酒井酒造会長 酒井佑氏は岩国の文化向上に熱い思いを抱いておりこの度名橋錦帯橋にほど近い錦川のほとりに五橋文庫を2017年2月に開設しました。
http://www.gokyo-bunko.or.jp/index.html

   

■■■試飲会■■■

一ノ蔵
<宮城県内>
(仙 台)6月2日〜6月4日……酒仙蔵吉岡屋(エスパル仙台本館地下1階)
(仙 台)6月16日〜6月18日…みちのく酒紀行(エスパル仙台東館2階)
<宮城県外>
(千 葉)6月6日〜6月12日…・そごう千葉店 
(東 京)6月8日〜6月14日…・東急吉祥寺店 
(東 京)6月9日〜6月15日…・松坂屋上野店 台東区フェスティバル
(千 葉)6月12日〜6月18日…西武船橋店
(東 京)6月21日〜6月27日…高島屋新宿店
(北海道)6月28日〜7月4日…・大丸札幌店
未成年者への試飲及び販売、並びにドライバーへのお酒の試飲提供はできません。
試飲会の日程は、都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

一本義久保本店
<関西 試飲販売会のご案内> 2017/04/18
6月14日(水)〜6月20日(火) 「阪急百貨店 うめだ本店」 地下2階 和洋酒売場
<関東 試飲販売会のご案内> 2017/05/01
6月7日(水)〜6月13日(火) 「横浜タカシマヤ」 地下1階 和洋酒売場
6月12日(月)〜6月18日(日) 「北野エース ラゾーナ川崎店」 1階 和洋酒売場
6月15日(木)〜6月18日(日) 「東急百貨店 東横店」 西館地下1階 和洋酒売場
上記の日程で「一本義」「伝心」の試飲販売会を開催いたします。
新商品や季節限定の商品などを多数揃え、皆様のご来場をお待ちしております。

神戸酒心館
《福寿 6月の試飲宣伝販売・参加イベントのご案内》
関西・関東で行われる福寿の試飲宣伝販売をお知らせいたします。
どうぞこの機会に、福寿の味わいをお楽しみください。
【関西】
・西宮阪急         5月31日(水)〜6月 6日(火)
・川西阪急         6月 7日(水)〜6月13日(火)
・そごう神戸店       6月13日(火)〜6月19日(月)
・そごう西神店       6月13日(火)〜6月19日(月)
・阪神梅田本店       6月14日(水)〜6月20日(火)
・阪急うめだ本店      6月28日(水)〜7月 4日(火)
【関東】
・宮崎屋球三郎商店     6月10日(土)〜6月11日(日)
・東急百貨店 渋谷・本店   6月10日(土)〜6月11日(日)
・西武船橋店        6月10日(土)〜6月11日(日)
・西武所沢店        6月16日(金)〜6月18日(日)
・西武池袋本店       6月21日(水)〜6月27日(火)
・京急百貨店 上大岡駅    6月29日(木)〜7月 5日(水)

本田商店
6月の催事情報(随時更新)
6月6日〜12日 そごう西神店
6月7日〜13日 伊勢丹浦和店
6月14日〜20日 小田急百貨店新宿店
6月21日〜27日 三越日本橋本店
この時期ならではの夏酒や生のお酒。父の日にぴったりのお酒など各種取り揃えております。
お近くのお酒売り場へぜひ足をお運びください。皆様のお越しお待ちしております。

賀茂泉酒造
6月5日〜11日 『そごう広島店 賀茂泉 試飲販売』
賀茂泉の社員が売り場に立って賀茂泉の色々なお酒をご提案します。
お父さんへのプレゼントの好適品もございますので、この期間中にそごう広島店にご来店ください。
6月7日〜13日 『阪急うめだ本店にて試飲販売』
父の日のプレゼントに最適な賀茂泉の商品を取り揃えて試飲販売を致します。
通常定番でない商品もたくさん品揃えしますので、関西にお住まいの方はこの機会に
是非ご来店ください。この期間中、賀茂泉の社員が売り場に立ちます。
賀茂泉のことや、賀茂泉のお酒のことをご質問ください。

酒井酒造
試飲販売会のお知らせ
日時:2017年5月31日〜6月6日
場所:松屋銀座店(東京都中央区銀座3−6−1 TEL.03-3567-1211)
日時:2017年7月8日〜9日
場所:東急百貨店本店(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 TEL:03-3477-3111)

梅錦山川
梅錦 6月のイベント案内
2017.6.7(水)〜6.13(火) 梅田阪神四国物産展  阪神梅田本店8Fにて
2017.6.9(金)〜6.10(土) 梅錦試飲販売  クイーンズ伊勢丹・横浜にて
2017.6.17(土) 日本酒フェアー  池袋サンシャインにて
各県ブースにて試飲・新酒鑑評会入賞公開きき酒
2017.6.19(月) 愛媛の酒を楽しむ会  八芳園にて


■■■製品情報■■■

酔仙酒造
オンラインストア限定にて「大吟醸 父の日限定ラベル」の販売を開始いたしました。
日頃お世話になっているお父さんへ感謝の気持ちをオリジナルラベルに込めて贈ってみませんか?
酔仙の人気商品「大吟醸」は爽やかな味とフルーティーな香りが特徴です。
※こちらの「名入れ」商品は、贈り主様のお名前を入れる商品となります。

 
「大吟醸 父の日限定ラベル」
※父の日限定ラベルの受注は、6月18日(日)迄となります。
父の日カードを無料でおつけいたします!
酔仙オンラインストアでご購入の場合、「父の日カード」を無料でおつけいたします。
ご希望の方はご購入時、配送設定の入力備考欄に「父の日カード希望」とご記入ください。

一ノ蔵
一ノ蔵無鑑査本醸造甘口・一ノ蔵Madena IWCトロフィー受賞!! 5月23日更新
インターナショナルワインチャレンジ(IWC)の部門最高賞「トロフィー」が発表され、「一ノ蔵 無鑑査本醸造 甘口」が本醸造酒の部でトロフィーの栄誉に輝きました!!あわせて、一定の生産数と価格の規定に見合う商品に与えられる「グレートバリューサケ」にも選ばれました!!


7月6日にロンドンで開催されるIWCアワードにて、各部のトロフィーとグレートバリューサケの中から、その年のチャンピオンとグレートバリューアワードが選ばれます。
そして、ゴールドメダルを受賞した高温熟成酒「一ノ蔵 Madena」も古酒の部で準トロフィーである「宮城トロフィー」をいただきました。
これも偏に、日頃よりご愛顧いただいておりますお客様に心より感謝を申し上げますと共に、これからも皆様に喜ばれるお酒をご提供して参ります。

鈴木酒造店
夏酒!ひまわり発売中!
夏の気配がビシビシと感じる今日この頃、当蔵では夏を先取り!と言わんばかりの季節限定酒「ひまわり」が発売中でございます!


秋田の酒にこだわり「秋田酒こまち」、「こまち酵母R-5」を使用することで優しいフルーツのような吟醸香、うま味と酸味の程よいバランスにより夏向けのすっきりとした味わいです。
夏らしくキンキンに冷やしてお飲みいただくかロックでお飲みいただくとより一層爽やかな香りがお楽しみいただけるかと思います!
数量限定!この時期しかお買い求めいただけない商品です。
夏は何かとイベントや集まり事が多くなる時期だと思いますので皆さんの今年の夏の思い出のそばに是非この「純米吟醸酒 ひまわり」を置いていただければと思います。

爽快純米発売!
当蔵がございます秋田県はまだそれほどでもございませんが、関東よりもあちら側の地域では夏日を記録する日もちらほらと出てまいりましたね。南の方からは桜前線のようには歓迎しがたい「梅雨前線」がやって参りますね。
そんな時期ではございますが、梅雨のジメジメから皆さんのどんよりした雰囲気まで全てをフッ飛ばしちゃう勢いのお酒が販売になりました!
その名も「爽快純米」!!


涼しげなデザインもさることながら、純米酒ならではの米の旨味が感じられる味わいと爽快な口当たり、軽快にお飲みいただけるような低めのアルコール度数とまさしく爽快な純米酒。是非キンキンに雪冷えの温度帯と言われる5度ほどまで冷やしてお飲みください。
720㎖のみの販売でお値段は962円(税込み)でございます。
ご注文は今ご来店いただいている当蔵ホームページ中段左ほどにある「お問い合わせ」ページにご連絡先を記載しております。そちらをご確認いただきお電話、FAX、メールでご注文いただければOKです!
季節限定商品ですので是非「爽快純米」お楽しみください!

千代寿虎屋
豊国純米生原酒(季節限定)
新酒造好適米“雪女神”を使用した純米大吟醸 虎乃子 雪女神ver. 720ml 3,888円(税込)を
限定数量で発売しました。


【ご贈答に最適です】
まさに虎の子と呼ぶにふさわしい最高級秘酒。
山形県の新酒造好適米”雪女神”を使用。厳寒の時期に高度精白した米の芯だけを使い低温長期でじっくりと醸しました。繊細で穏やかな吟醸香と芳醇な旨みの調和した至極の味わいです。
5度程度に冷やして白ワイン用のグラスに注ぐ。
淡黄色みがかったつやのある色合いと芳高い吟醸香をお楽しみ下さい
原料米   雪女神(減農薬米)
精米歩合  40%
アルコール 16%
日本酒度  0
酸度    1.2
原材料名 米 米こうじ 水 
産地(最終加工地) 山形県
内容量 720ml 価格 ¥3,888(税込)

奥の松酒造
平成28酒造年度全国新酒鑑評会にて金賞を受賞。
今年で9年連続の受賞となり、金賞銘柄数においても福島県は5年連続で
1位となりました。
奥の松酒造の「大吟醸雫酒十八代伊兵衛」は、全国新酒鑑評会にて毎年厳しい審査を乗り越え金賞を受賞しております。
鑑評会出品酒としての品質を基準に造られるこのお酒は、蔵人が手間と時間を惜しげもなく贅沢に使った芸術品です。
一度の仕込みから生産できる量は極めて少なく高価ですが、雑味が無く、日本酒の良質な旨味と華やかな香りが凝縮された最上位の大吟醸と言えます。


特別純米氷熟にごり原酒  季節の限定品/夏
季節の限定品/特別純米氷熟にごり原酒
にごり原酒でしか味わえない「もろみ」のほんのりとした甘味、ほどよい酸味となめらかな舌ざわり。
加水していない原酒のうまさをご堪能下さい。


◆2007年〜2017年受賞一覧  ・モンドセレクションゴールドメダル受賞
日本酒度/-6.0
アルコール度/16
酸度/1.6(予定)
使用酵母/奥の松酵母
精米歩合/60%  
容量/720ml 1,134円(税込)

一本義久保本店
季節限定「生酒」二品 発売のご案内2017/05/18
「一本義 甜潤系(あまうるおしけい)純米吟醸生酒」「一本義 辛爽系(からさわけい)純米吟醸生酒」
本日より、発売開始です。
一本義 甜潤系(あまうるおしけい)純米吟醸 生酒
花蜜様の華麗な香り、瑞々しく潤う甘旨み。高級品種酒米「山田錦」を使用した甜潤系純米吟醸に、清涼感溢れる“季節限定生酒”が登場です。
■純米吟醸酒
■アルコール度数 16%
■原料米 山田錦
■精米歩合 58%
720ml 1,620円(税込)


一本義 辛爽系(からさわけい)純米吟醸 生酒
林檎を想わせるフレッシュな香り、シャープで硬質な辛口、そして流れ消える抜群のキレ。希少品種酒米「越の雫」を使用した辛爽系純米吟醸に、清涼感溢れる“季節限定生酒”が登場です。
■純米吟醸酒
■アルコール度数 16%
■原料米 越の雫
■精米歩合 58%
720ml 1,512円


千曲錦酒造
今月の千曲錦  Riz Vin 7(リ・ヴァン・セブン)


浅間山天然伏流水を用いた甘ずっぱい酒質は、アペリティフ(食前酒)として和食はもちろん、フランス料理、中華料理などにもピッタリです。
低アルコール(一般的な日本酒の約半分)の純米酒ですので、アルコールに弱い方や女性にもお楽しみいただけます。
《ネーミング》フランス語でライス・ワインという意味の造語です。
7はアルコール度数を表しています。
アルコール : 7.5〜7.9%
日本酒度 : −70〜−85
酸度 : 5.5〜6.0
原料 : 米・米麹
麹米 : 美山錦
掛米 : 美山錦
精米歩合 : 55%
酵母 : 長野酵母
500ml  1,080円 税込価格

丹山酒造
長寿 あまざけ 箱入り(ご贈答)
 

米と米麹だけで造った昔懐かしい甘酒です。夏はかわいい金魚のラベルです。
ひやしあまざけでおすすめです!
簡易包装でお届けするご自宅用もご用意あります。
1,080円(税込)

富久錦
純米酒で梅酒をつけてみませんか?純米原酒 梅酒用は好評発売中です。
梅酒作りに最適の豊富なアミノ酸やエキス分
梅酒を作るための純米原酒です。梅の良さを引き出し、まろやかな味に仕上げるのは、純米酒に含まれる豊富なアミノ酸やエキス分です。
原料米 : 加西市産キヌヒカリ
精米歩合 : 70% 
アルコール分 : 20度以上21度未満
1800ml 2,381円(税別) 


なお、直営店ふく蔵では、「みんなでつくろう!梅酒づくり体験会」6月9日〜16日開催!!

神戸酒心館
夏の暦酒「夏越しの酒」
大晦日の大祓とならび、水無月の晦日に行われるのが夏越祓(なごしのはらえ)。
田植えが終わる時期でもあるので、人は温泉で疲れを癒やし、牛馬も休ませていました。
くわえて、よく知られているのは「茅の輪くぐり」。
茅(ちがや)で作った大きな輪をくぐることで病気や禍を祓う神事です。
「水無月の 名越の祓する人は 千歳の命延というなり」と唱えながら、先ず左足から輪に踏み入れ八の字を描くように三度くぐるというものです。


この生酛純米生酒「夏越しの酒」は、その神事に因んで名づけられた、これからの暑い夏を乗りきる暑気払いのお酒です。江戸時代から伝わる生酛造りはエッジの効いた酸味を生み出し、呑みすすめば一層爽やかになる味わいです。
▼生酛純米生酒 夏越しの酒    2,160円(税込・720ml)

平成29年(平成28酒造年度) 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成29年(平成28酒造年度)の全国新酒鑑評会で金賞を受賞いたしました。
これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝申しあげます。今回の受賞を糧に、社員一同この栄誉に恥ずることのないよう、新しい酒造期においても、より一層素晴らしいお酒を醸すことに努力してまいります。今後ともどうぞご支援いただきますように、よろしくお願い申しあげます。


■福寿 超特撰 大吟醸 720ml 1本 【木箱入り】
すがすがしく清らか、透き通ったみずみずしい香りの白い果実の香り。上品でとても繊細な香味です。クリアーな口当たりで、緻密な舌触りが楽しめます。完全な球体をおもわせる味わいと余韻はとても長く、最初から余韻に至るまでバランスの良い香味が魅力的。
お召し上がり方:冷酒(8-12℃)
▼原材料    米(兵庫県産「山田錦」)・米麹(兵庫県産「山田錦」)・醸造アルコール
▼精米歩合   35%
▼アルコール度 15度
▼使用米    (兵庫県産)山田錦100%

嘉美心酒造
やってきましたこの季節!夏に向けて「冷酒」のご案内です!
香りが高くキレが良い!軽快に飲める「生貯蔵 風凛夏」720ml 1,058円
女性でも飲みやすい甘口のにごり酒「冷やしておいしいにごり酒」720ml 1,166円


賀茂泉酒造
純米吟醸「青泉生酒」720ml


早春にできあがった純米吟醸酒を熱処理せず、しぼりたての風味を活かすため、そのまま瓶詰しました。
心地よい爽やかな香りと、ほんのり米の甘みを感じる生酒です。
ほどよく冷やしてお召し上がりいただければ、すっきりとした味わいをお楽しみいただけます。
使用米:広島八反・新千本(国産米100%) 
精米歩合:58%
アルコール度数;15.0〜15.9度 
日本酒度:±0.0
酸度:1.6 
使用酵母:せとうち21
やや甘口

酒井酒造
父の日にオススメです  2017年6月 1日(木)
父の日の贈り物はお決まりですか?
「まだ決まってないよ!」と言われるあなたに、五橋からのご提案。
日本酒をトニックサイダーで割って楽しむ「SAKENICギフト」はいかがでしょうか?
https://shop.gokyo-sake.co.jp/gentei/motozake-gift.html



「日本酒をサイダーで割っていいの?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、もちろんです(´ー`)ノ
日本酒の飲み方は冷酒かひやか燗かの三択しかないと思ったら大間違い。
いろんな飲み方で楽しんでいただいて構いません。
気温が高くなる6月中旬、五橋の純米酒を基酒にしてトニックで割る。
アルコール度数も下がりますし、トニックの甘味がプラスされて軽快な印象に。オレンジピールなんかを使っちゃえば、もう立派なカクテルです。
普段、日本酒を楽しまないお父さんにも新感覚の味覚は受け入れられるのではないでしょうか。
2017年の父の日はこれで決まり(´ー`)ノ
いや、これで決めて(´Д`)

梅錦山川
お中元にもおすすめ! 夏の酒合わせ
軽快な辛口の吟醸酒「つうの酒」720mlと、すっきりまろやかな純米酒「純米生貯」720mlの2本入りセットです。
夏をイメージしてブルーのボトルに入っています。お中元やご贈答品にもおすすめです。
是非、味の違いを飲み比べて下さい。
夏限定のギフトセット。「純米生貯」720ml 1本と「つうの酒」720ml 1本入り。夏用にブルーのボトルに入っています。化粧箱入。
販売価格2,500円(税込2,700円)
販売期間6月〜8月末まで


IWC(インターナショナルワインチャレンジ)2017
「SAKE部門」普通酒の部【超特撰・秀逸】が金賞を受賞しました。
【秀逸の紹介】
やわらかな果実の香り、ふんわりした甘さの魅力のこのお酒は山田錦50%精米歩合のお酒にあえて糖を入れる事で、"瀬戸内の料理に合う日本酒"を実現しました。


IWCとは、毎年イギリス・ロンドンで開催される世界最大規模、
最高峰とされる酒類のコンペティション「International Wine Callenge(インターナショナルワインチャレンジ)」を指します。
http://www.umenishiki.co.jp/?pid=75428229
昨年に続いて今年も、このような栄誉な賞を頂けて大変嬉しく思っており、今後も、みなさまのご期待にそえるよう邁進していきます。


■■■その他■■■

一ノ蔵
未来へつなぐバトン 醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクト 5月15日更新
「一ノ蔵 特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」弊社売上金寄付のお知らせ
この度、「一ノ蔵 特別純米生原酒 3.11未来へつなぐバトン」の弊社売上金を、東日本大震災で被災された子どもたちを支援する基金団体「公益社団法人ハタチ基金」様へ、全額寄付することが出来ましたことをご報告申し上げます。
本年は662万9,700円をお渡しすることが出来ました。ご参加くださいました皆様、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
東日本大震災時に0歳だった赤ちゃんが無事に20歳を迎える日まで弊社はこの活動を行って参ります。

「父の日」 に日本酒のプレゼントは 如何でしょうか!
 6月18日(日曜日)は、「父の日」です。 SRNの会員6蔵が、この日に向けて特別に限定日本酒を用意してご利用をお待ちしております。 ご検討下さい。

● 酔仙酒造(岩手県)  『大吟醸 父の日限定ラベル 』



  ◆ 商品名: 大吟醸 父の日限定ラベル (名入れ対象商品)
  ◆ アルコール度数:  16.5度
  ◆ 精米歩合:  40%
  ◆ 使用米:   吟ぎんが/結の香
  ◆ 使用酵母:  ゆうこの想い
  ◆ 日本酒度:  +3
  ◆ 酸度:     1.4
  ◆ 容量/希望小売価格:  720ml・2,700円(税込)
  (販売期間: 受注6月18日まで )
  (連絡先) 0182 −47− 4130  営業時間:平日08:30-17:00 )

奥の松酒造(福島県)  父の日限定商品 『 一升感謝 』

    
  
◆ 種別:     原酒生酒
◆ 精米歩合:  70%
◆ 日本酒度:  ±0
◆ アルコール度数:  19%
◆ 酸度: 1.4
◆ 飲み方:冷や ・ 常温
◆ 価格: 1800ml  3,780円 (税込)
   (6月11日までにホームページからご注文ください。)

● 花の舞酒造(静岡県) 『 2017 父の日限定商品 』 
(2種類のラベルと2種類のお酒が選べます。)

  
              感謝の気持ちを込めた父の日限定パッケージ


◆ ラベルデザイン: 
* 固定メッセージ ・・・  「日頃の感謝を込めてありがとう」
* 名入れオリジナル ・・・ 「世界にひとつだけのオリジナルデザイン 〇〇 の酒 」 
◆ お酒の種類:      大吟醸 720ml  3,000円
              純米大吟醸  720ml 5,000円
   (お問い合わせ: 053−582−2121 平日: 9:00〜18:00 )

● 丹山酒造 (京都府)  『お父さんは世界一』

芳醇な香りの中にもコクのある味わいが特徴

◆種別:  純米大吟醸
◆精米歩合: 50%
◆日本酒度: +4
◆アルコール度数: 17〜18%
◆酸度:        1.5
◆価格:   720ml  5,400円 (税込)
(販売期間: 6月まで)  (お問い合わせ: 0771-22-0066 ) 

賀茂泉酒造(広島県)   『 父の日に贈る 純米大吟醸名入ラベル、純米吟醸名入ラベル 』

 
柔らかな吟醸香とお米の旨み・甘みを感じる酒質

◆ 酒質:純米大吟醸
◆アルコール度数:16度
◆ 使用米:広島市造賀地区産米100%


 芳醇で旨みのある酒質

◆ 酒質:純米吟醸
◆ アルコール度数:16度
◆ 使使用米:国産米100%

(電話でのご注文: 082-423-2118) (FAXでのご注文: 082-423-9217)

● 梅錦山川(愛媛県)  『吟醸酒  おやじの酒 』


辛さをベースとした中に喉越しにグッとくるキレ味は、
くどくない食中酒として最適。

◆ 種類:         純米吟醸酒
◆ 原料米: 麹米:   山田錦 掛米:他好適米
◆ 精米歩合:麹米:  60% 掛米:60%
◆ アルコール度:    15.8%
◆ 日本酒度:      +4.0
◆ 酸度:         1.2
◆ 価格:    720ml 1,060円 (税込1,144円)
  * おやじの酒 300ml  ミニ菰樽(クリアケース入り)  1,710円(税込1,846円)
 
 (お問い合わせ: 0896-58-1211 ) 

▲PAGE TOP